代打です



本日は緊急の代打でロックバーの店番。いつもは客待ちの間は好きなレコードをかけるのだが、今夜はお客さんの持ち込んだクラッシュのビデオ。これは観ていないので楽しみ。ジョーもミックもポールも若くて元気がいい。ニッキーも映っていて嬉しい。



iPhoneから送信

という訳で、昨日の話の続き



昨夜、キンクスの『ソープ・オペラ』の写真をアップしたのは意味がある。今日のジェネシスの『幻惑のブロードウェイ』もそうだが、これらのアルバムは大学に入って最初に購入したもの。入学してもディープ・サウス出身なのでクラスに馴染むのも時間がかかった。また英文科というクソの役にも立たない学科だったのでクラスの9割が女子で、それも内部進学の連中が多かったので、こちらも挨拶程度はするものの親しくする相手もいない。

そうそう、一人だけ僕がロシア文学が好きだと知って声をかけてきた女子がいた。やたら親切で今度、チェーホフの『かもめ』の映画があるので見に行こうと誘われた。断る理由も無いので見に行って、帰りに御所の中を散歩しながら色々話をした。別れる前に次にどうしても会ってほしい仲間がいると言い出した。こちらも断る理由がなかったので、曜日と時間を確認し当日行ってみたら代々木のグループだった。リーダー格の2回生がいかにマルクスが正しくて科学的社会主義が素晴らしいかを力説する。さらにうちの大学には暴力集団がいて、その中でも××(自主規制、当時の自治会の活動家の名前だが、多分まだ元気で活躍している筈なので)は、登山ナイフを持ってキャンパスをうろついている。君はそういう学園の環境をどう思うか、おかしいだろ、正義が負ける訳にいかない、共に学園正常化に向けて立ち上がろうとオルグされた。

僕をそこに連れて来た女の子は、こちらをチラチラ見てはいるが会話には入って来ない。その2回生の話し方が気に入らなかったことと、後から合流して来た同学年の(こいつも代々木のその先はちょっとした有名人になるのだが)話も、こちらに対して教え諭すような言い方をしたのと、僕を誘った女の子の彼氏ぽい言動があったので、自分はこれからサークルに入って色々考えたいと断ると学生会館にはロクな奴はいない、特に別館にたむろしている連中はトロツキストといって悪魔の手先だ、そんなところに近づくのは自殺行為だと止められた。そのオルグをどうやって抜け出したのか、今でも覚えているのは読んだばかりの筒井康隆の「旗色不鮮明」の話をして、自分も当面は旗色不鮮明で行くと主張し、相手も流石に諦めた。アホと付き合うとアホがうつると思われたのかもしれない。

で、この時のオルグの体験が数ヶ月後に当時の大学の自治会を握っていたセクトからオルグされた時に生きるのだが主題が違うので止める。

ええと、どこまで話したっけ。そうそう、レコードを買ったというところからか。サークルに入る前は、まあ普通に授業には出ていた。四月は新入生歓迎期間で、生協もいろんなキャンペーンをやっていて、その中にレコードの割引キャンペーンがあった。普段でも確か定価の5パーセント引きで売ってるレコードが、この期間は15あるいは20パーセント引きで売ってるという。ちょうど英文解釈のつまらない授業だったので、ノートに欲しいレコードと金額を書いて計算し、何を買うか考えに考えた、その中の一つが昨日あげたキンクス、そして今日あげたジェネシスである。

自宅にあった家具調ステレオを下宿に持って来たので、部屋でレコードを聴くのに不自由はしなかった。ただ同じ下宿に住んでる連中で音楽に詳しい奴はいなかった。隣の九州人だけの下宿には結構詳しい人が何人かいて、そのうちの一人は同じザキミヤ出身で、何と中学時代、僕の父親から美術を習い、初めて美術の成績が5(五段階評価の)になったと好印象を持ってくれていた先輩だった。ギターが上手くてニール・ヤングの「ダメージ・ダン」やクリムゾンの「ピース」を突然弾き始めたりする人だった。その人からも、自分の部屋にこもって音楽を聴くより、サークルで沢山の人と話をした方が知識も深まるし、第1楽しい。特に同じ音楽が好きな女の子と仲良くなったら、バラ色のキャンパスライフが待っていると言われた。

五月の連休中に色々考え、隣の福岡男の入っている音楽研究会に入ろうと思って学生会館に行ったがカギがかかっていた事は前回書いた。土曜日だったので、待っていても誰か来る保証はない。しばらく考えて、同じ別館の4階に似たような名前のサークルがあるのを思い出した。ああ、あの時に少し待ってみるという忍耐力か、また来週来ようという我慢が出来ていたら私の人生は大きく変わっていたと思う。しかし、忍耐力や我慢などという言葉は我が辞書には無い。ダメな時は行動あるのみ、一点突破全面展開という性格が災いした。僕はそのまま階段を上がり4階の黄色いドアを叩いた。

おー、とかうー、とかいう返事らしきものがあったので、失礼しますと言ってドアを開けた。目の前に、お待たせしました、ゲゲゲの鬼太郎と菅原文太がいた。よく見るとゲゲゲの鬼太郎にクリソツな3回生とミラーのグラサンに角刈りの頭、背広を肩にかけた2回生こちらも3回生のパイセン(サークル関係者にはご存じのS賀さんだが、留年したので間違って最初は2回生と書いたが、れっきとした3回生で鬼太郎会長をサポートする副会長だった)である。このサークルに入りたいと申し出ると鬼太郎は「おい、入会希望らしいがどうする」と文太に聞く。「ま、えーんちゃうか」とめんどくさそうに答える文太。軽く舌打ちした鬼太郎がこのサークルの会則について説明した。

サークル員はロックかジャズかブルースの班に所属する必要があること。各班は毎週一度研究会を開催するので、必ず参加すること。複数の班に掛け持ちは可能だが、メインの班は決めること。どの班にするか決めるまでは当面フリーでも良いが、出来ればひと月内に班を決めること。会員証を提示すれば都レコードで2割引でレコードが買える事など聞いた。

他にも何か決まりがあったと思うが、あまりに愛想が悪いし部室もタバコの吸い殻があちこちに転がっているし、ソファはクッションのカバーが破れ、スポンジが飛び出している。こんなサークルなんか入れるかと思いながらも、とりあえず入会希望で行ったので、会員登録だけはして会員証を手に入れたらゲル二するつもりだった。しかし、運命の女神はそれを許さず、天から千三つの悪魔を寄越したのだ。

疲れたので、今日はここまで。



iPhoneから送信

43年前の今頃



人生の大きな転機があった。大学に入ったものの、周りはシティボーイとガールばかり。たまたま隣の下宿が九州人だけの下宿で、当然居心地がいいので頻繁に出入りしていたのだが、下宿人でもない後輩が毎日ウロウロされるのも面倒だと思われたのか、その下宿の先輩から大学というものはサークルに入ってナンボやと言われた。

その下宿に福岡出身の同学年の男がいて、彼は音楽研究会というサークルに入り、そこには善良な音楽好きな男女がお互いに好きなレコード持ち寄り、話をしたりコンパをしたり、まあ楽しいところなので君も是非と誘われた。ほな、いこかと思いつつサークルの部室が沢山入っている学生会館の別館1階に行ったのは連休明けの土曜日。くだんのサークルの部室にはカギがかかっていた。

ここまで書いたら団体が次々。一旦、撤退。




iPhoneから送信

連休中の夜ふかし

 本日は、いや正確には昨日はブラタモリ宮崎編の実践とばかりに国道220号線を南下して半日ドライブしたので夜は早めに寝ようと思っていた。が、しかし、大学の先輩であるデューク中島さんがFBに一人ジュークボックスと銘打って懐かしいレコードの数々をアップ。それにレスしていたら昔の歌の動画が見たくなりYOU TUBEを開き、こちらはポンニチ編で夜のヒットスタジオのいわゆるニューミュージック関係を見ていた。70年代編を4つくらい見て、どうしよう、もう少し見ようかと79年編を見たら、クリビツテンギョウ。山本翔がいた。バックは一風堂だと確信。いや、一風堂つってもラーメン屋じゃねーよ。それはさておき、そのあとに登場するメンバーの濃いこと。ファンクに影響を受けた原田真二の後に登場する小室等!!41分あたりに出てきます。それから終わりまでいやー、79年ってこんなにアナーキーな年だったのかと、もうワタクシ、睡眠をすっかり忘れております。取り急ぎ、山本翔の「デビル・ウーマン」。これはリアルタイムで聴いていないと良さは分からないかな。後追いのお子ちゃまにはわからんやろな、カッコ良さが。


中山うり 新作『カルデラ』全曲解説などというおせっかい

アルバム

 このエントリーを書く前に、過去のうりちゃんのライブレポートを見なおしてクリビツテンギョウ。僕は根気がないし、やったらやりっぱなしな性格であることは百も承知していたが、しかし、まあ、ここまでいい加減、でたらめ、さっさとくたばれ的人間だとは思わなかった。実は中山うりのライブ、2015年に宮崎市で初めてのライブがあって、そのあと2016年、そして昨年2017年はソロ・ライブも見た。昨年は二度宮崎に来たが、都城という島津テリトリーの街だったので、そちらは行けなかったが、まあ過去3回連続で見ている。そして、それぞれのライブレポートを書いて拙blogにアップした気になっていた。ところがどうした。2015年は初のライブだったので、我ながら力の入ったエントリーをアップしたつもりだ。そして2016、11月5日に『本編:中山うりのライブと新作について考える 第1部』としてアップしながら、第2部をアップしていない。ましてや2017年のカレーショップハバネラでのギター一本でのぼっちライブはエントリーすら書いてなかった。

 正確にいうとどちらも途中まで書いて投げだしてしまい、そのままになっているのだ。2006年からblogを始めたが、最初はFC2のサイトに直接エントリーを書いてアップしていたのだが、あるとき書きかけのエントリーが全て消えるという経験をしてから、エントリーは自動バックアップを設定しているWORDにいったん文章を書いて、それをコピペしてアップするというやり方をかれこれ10年やっている。したがって何かのエントリーを書くときは下書き状態のWORDをいったん保存し、日を改めて続きを書くなんてことをして居たのだが、保存する時の名前を文章の書き出しでやったものだから、後日新しく書こうと思うエントリーが見つからないことがある。面倒なので、そのままほったらかしにしているので続編がアップされないというわけだ。だって「いや」とか「うん」とか「このところ」「さて」「というわけで」「終わった」「ドツボは続くよ」とかいうタイトルを見て何の話だこれはってことばかりだったのだ。あ、今思いだしたが何年か前に京都に行ったときの話、「過去への旅路」とか「帰ってきた過去への旅路」、さらには昨年の4月30日の宮崎国際ジャズデイの話も最後まで書いていない。自分で自分が嫌になってしまう。

 まあ、そんな愚痴を書いていても始まらないし、どこかに以前のうりちゃんのライブの話の続きが残っていれば、これは責任もって最後まで書いてアップします。もはや誰も信じてくれないかもしれんが。

 気を取り直して、今回のエントリーなのだが、2016年10月26日にライブ会場でうりちゃんにサインしてもらった、その時点での最新アルバムで『マホロバ』というものがある。もちろんいい作品ではあるのだが、何故かそのアルバムは通過地点というか過渡期というか、なにやらうりちゃんが試行錯誤しているような感じがして、次のアルバムこそが中山うりの新地平を切り開く名作になるに違いないと2016年11月1日に『予告編:中山うりのライブと新作について考える』で書いた。また最新作『カルデラ』が届いたときに写真と一緒にFBにアップし、そこでも同じようなことを書いた。あ、また一つ思いだした。アップしていないエントリーをアップしたつもりになっているのは、ライブの感想や写真をFBやインスタにアップしたせいだ。なんとなく、それで書き終えた気がするから、悪いのは僕ではなくて安易なアップをさせるFBやインスタだ、などとどさくさまぎれに言い訳しまくるのだ。

 さて届いたばかりの『カルデラ』を聴いてみた。アナログな話で申し訳ないが、その昔好きな音楽をレコードで聴いていた時にA面に針を落として一瞬でこれは名作、名盤間違いなしなんて経験をしたことがないやつは以下読まなくていい。要するにアルバムのジャケットと音が一体となって一瞬にしてそのミュージシャンのとりこになったことがない人とは同じ音楽の話をしても共鳴できないというか共通項がないのでかっこでくくれない。例えばボウイの『ジギー・スターダスト』を聴いたとき、評論家やファンには不評だったがキャット・スティーブンスの『異邦人』を聴いたとき、その後、クラッシュの『ロンドン・コーリング』を聴いたときなどなど、アルバム・アートと一発目の音で完全にやられることがある。うりちゃんの音楽はロックとは思わないが、それでもこのアルバム、1曲目のイントロ聴いただけで名盤、間違いなし、オレの読みは狂ってなかった。以下、スケッチ風に。

1.「夢ノイリグチ」
 最初のアコーディオンの音で傑作と確信する。アコーディオンとフィドルの作りだす音がバグパイプ風に聞こえる。夜、布団に入って眠りに入る前の一瞬落ちる様な感じをうたっているのか。中山うりの「鈴懸の径」である。あ、もちろん鈴木章治のバージョンね。最後のトランペットが印象的。

2.「メロンソーダのさくらんぼ」
 軽快なロックンロール・ナンバー。ギターのリフが前のアルバムに入っていた「青春おじいさん」を連想させる。ドラムはチャーリー・ワッツ風(笑)。歌詞に「アイスクリームが溶けていく」というフレーズがあり高田渡を連想する。そういえば、うりちゃんはワタルの「生活の柄」も歌っていたっけ。とても耳になじむ歌で初めて聴いてもすぐに口ずさめる感じがする。

3.「カルデラの子」
 アルバムタイトルの『カルデラ』の子供である。去年見たうりちゃんのソロライブでも歌っていた。最初聴いたときは信じられなかったが、なんと中山うり小4から中3まで反抗期が続いたそうだ。いや反抗期が信じられ無かったのではなく、その当時はへヴィメタが好き、X-Japanが大好きでファンクラブに入りたいと母親に言ったら反対され、それからハンストおこして飯食わなかったらしい。もちろん腹は減るので夜こっそりトマトやキュウリやレタスを冷蔵庫から取り出して食べていた小5の夏、キンチョウの夏、日本の夏。反抗期のことを歌った歌。フィドルがこの曲でも効果的に使われいる。

4.「プーアールママ」
 イントロはあくまでドラマチックでエンディングは突然。プーアールていうとドラゴンボールを思いだすが関係ないか。こちらは中華料理が得意なパタパタママみたいな人。ってかたとえが古いね、オレも(笑)。余談だがパタパタママに対抗できる人物は山上たつひこの『喜劇新思想体系』に出てくる絶倫パパしかいないと思う。高岡大祐のチューバがいい味出してる。

5.「恋する惑星」
 イコライザーの声が印象的。このアルバム最後の曲の「さらば素晴らしき世界」に通じる世界観かな。「夢であいましょう」みたいな曲。あ、そういえば、その曲たしか『セブンカラーズ』で歌ってたな。

6.「カゲロウガール」
 ドラムが大活躍する曲。歌とバックの演奏のアンバランスさがいい。このアルバムでは珍しくシンセを使っている。そして何度か書いているがフィドルとシンセが独特な音楽観を提示している。余談だがこの歌から「カ」を取ると「下郎少女」になる。北杜夫は昔、「ウスバカゲロウ」のことを「薄馬鹿下郎」と思っていたなんてことを思い出した。歌とは関係ないが。

7.「デスメタルラブ」
 このアルバムの問題作といってもいいかな。曲はライブでも聴いていたので知っていたが、女の子が女の子を好きになることはおかしいことかという、ある意味根源的な問題提起。性同一障害とかそのへんのことに興味がある人は研究すべし。以前聴いたときはアコギだけで歌っていたが、このアルバムではスティール・ドラムの存在が大きい。

8.「犬の田中」
 猫好きのうりちゃんには珍しく犬の歌。名前のない犬、ア・ドッグ・ウィズ・ノー・ネーム。もしかしたらこいつが「マドロス横丁」であくびしていた野良犬かもしれん。

9.「南国タクシー」
 インストナンバー。こちらもライブでバンド編成で聴いていたのでなじみがある。架空のタクシー会社のつもりだったが南九州に来たら実在していた。CMソングに使ってくれないだろうか。

10・「ラムネの午後」
 メロンソーダに続いて炭酸系の歌(笑)。ミディアム・テンポの明るい歌で要所要所に入るスティール・ギターがいい。これまでのうりちゃんのバンドと一味違うサウンド。間奏のトランペットとピアノの絡み、バンドとの一体感が心地よい。こういう構成で彼女の歌をライブで聴きたい。

11.「さらば素晴らしき世界」
 アルバム最後の曲は小林創のピアノと2人だけで録音したと去年のぼっちライブの時に話していた。今までのうりちゃんとは一味変わった感じがするし、いや全く変わらない彼女の世界とも言える。とにかく買って聴いてください。

 さて、好き勝手に書いて来たがなんと今年もうりちゃんがやってくる。やってくるのはいいが、またもや都城である。島津領である、途中に関所があるし、通行手形がないといけない。入り鉄砲に出女という厳しい関所なので行けるかどうか今の段階ではなんともい。でも行きたいな、何で宮崎に来ないのか(泣)。

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索