年末年始駆け足日記

 2012年になって、あっという間にもうすぐ1週間である。仕事も始まり、いつもと変わらぬスタートである。もっとも昨年の3.11と、それに伴う人災事故で環境的状況がこれまでと一変しているのは事実だが、ま、今日はそれはさておき年末年始を大急ぎで振り返って、本日の心境を音楽で表現するという社会主義的リアリズムでいってみたい。

 年末29日から休みになり、このところずっと避けていた大掃除だが、気合を入れて取り組む。家長としての権限をフルに使い、配偶者やバカ娘二人に、やれガラスだとか壁の汚れだとか、てきぱきと指示をしてカビキラーであちこち噴霧し、どさくさまぎれにお風呂の洗剤も床にぶちまけようとしたら、有毒ガスが発生すると叱られた。人間慣れないことをやるとろくなことは無い。その後、年賀状をパソコンで作成したが、ハガキ印刷など年に数回しかしないのでプリンターが最初不調続きで年賀状を何枚か無駄にした。配偶者がモッタイナイなどというので、「あほんだら、こんなんは郵便局持っていったら交換してくれるんや」と暮らしの豆知識を披露したら、今はそんなことはしていないという。郵政民営化の悪影響はここにも表れている。嫌な時代になった。

 翌30日は家族で、配偶者の実家の墓参。お墓をいつもきれいにしてくれている親戚の家に挨拶。農業をやっているので、取れたばかりのお米を一袋、新鮮な野菜をどっさりくれた。皮つきの落花生はありがたかった。ソルト・ピーナッツにして食べると美味いのだ。そして最高だったのは、なんと「金霧島」を戴いたこと。お盆の時も「赤霧島」を貰って、今度のお正月に飲もうととっておいたのだが、そして「赤」は見たこともあったが「金霧島」は初めてである。大切に飲もうっと。ご先祖様を大事にするといいことがあるなぁ。

 大みそかは、今度は僕の実家の墓参に家族で行く。前日の「金霧島」のデンで、こりゃもしかしたら「ダイアモンド霧島」あたりがゲットできるのではと期待したが、そんな焼酎は無いので当然何もなかった。何でもモノをありがたがるというのはマテリアルなシホン主義の悪いところである。僕はスピリチュアル、ではないか、物欲まみれの俗物だが、ココロザシはスピリチュアルだ。などと、考えていたら、あの紅白に薄汚いネズミがマルモリの二人を連れて登場した。当然、「帰れ帰れ」の一大シュプレヒコールが起こった(僕1名であったが、オレは『孤立を求めて連帯を恐れないのだ by 全冷中カゲキ派』)。あんなダブルスタンダードの国の手先のネズミがデカい顔して国営放送に出てくるなど、この国もおしまいである。紅白見て、そばを作って食べて寝た。

 元日は、当然数の子をつまみにお屠蘇である。お屠蘇といっても単なる日本酒の冷酒だが、これが気持ちいいのよね。惜しむらくは岸上の蒲鉾が無かったこと。バカ娘二人にお年玉を渡す。シホン主義社会で酷使されている我が身だが、何故か賃金は上がらない。戸川純の歌が聴きたくなる。頂いた年賀状を見ながら、それぞれの友人や親せきなどの顔を思い出す。長くご無沙汰している人ばかりで、時間とお金を作って会いに行きたい人が沢山いる。♪働けども、働けど、働けども、働けど…

 二日は、前日の夜更かしがたたって(GYAOで月形龍之介が主役の映画『水戸黄門』を見ていた。中村錦之介や千明実や錚々たる役者ぞろいだが、当然みんな若い。一番驚いたのは、役者のセリフが6割くらいしかわからないこと。正しい日本語で、江戸時代の言葉を検証して話しているので分かりにくいのだ。「皆の者頭(ズ)が高い」ではなく「頭(カシラ)が高い」などと言ってる)、昼前まで寝ていたら、先輩から携帯に電話が入る。他人の不幸は蜜の味的な話で、blogにアップしていいか尋ねたら「ダメゼッタイ」とどこかで聴いたフレーズが。ということで、これは内緒。内緒の話はあのねのね。あのねのねは赤とんぼ、赤とんぼの羽を取ったらアブラムシ~。頭にウジが湧いたかもしれん。

 三日は前のエントリーにも書いたが、家族で初詣。おみくじは中吉だったが、内容がいいのでおまけについていた巾着に入れて、今も机の上に置いてある。ラッキーストーンは恋愛運を向上させるローズクォーツである。Purpleさん、今年のオイラは一味違うぜ。で、翌日から仕事なので、夜の10時には寝た。

 四日、五日は普段通りの仕事。三日に早く寝すぎた反動で、夜中々寝付けない。体は疲れて寝ているのだが、頭が妙に冴えて眠れない。携帯でメールをチェックしたり、読みかけの本を開いたりごそごそしながら、いつの間にか寝てしまった。妙にリアルで、そのくせ非現実的な夢をたくさん見た。内容はとてもここには書けない。しかし、昨日・今日と懐かしいメールをたくさんもらい、やはり中々会えない人たちといつか会いたい、時間とお金を作って会いたいと切に思う。戸川純の歌がまた聴こえてきた。



スポンサーサイト

コメント

僕の

大吉のおみくじの恋愛運は「誠意を尽くせ」。
まさに僕のためにと言って良い2012年であります♪

おっと、そいつぁ春から

あ、縁起がいいや~、チョン、チョン、チョンと歌舞伎ですがな、これでは。

そうですか、「誠意を尽くせ」ですか。お金で愛をやり取りせず、しっかり真心で接するということですな。ぜひとも頑張ってください。くれぐれも怖いお兄さんが出てきて、「誠意を見せろ」などと言われないことをお祈りしております(笑)。

郵政民営化の状況報告つか

年末に過去のまっさらな年賀状を10枚郵便局に持って行ったんですが、今年の年賀状とは替えてくれず、官製はがきか切手になるとのことで、官製はがきは味気ないし、切手もらいました。しかも手数料かかるので50円切手9枚もらいました。以上詳細説明終わらせてもらいます(笑)
そんでこないだは年賀状の返事出すのにハガキ探したら昔買ったとおもわれる南野陽子のはがきがたまたまあったのでそれで返事だしたという。だはは…。てか年賀状だす習慣をなんとか復活したいとは思ってるんですが、ええ。。

たかが交換で1割の手数料を取るとは

アコギな商売してますな。いや、アコースティックギターを売ってるという意味ではなくて、ってそんなもん間違うかい!!

やはり郵政民営化のせいで、小賢しくも手数料など巻き上げているわけですな。てめえのところで買った年賀状くらい、バージョンアップしてくれてもいいだろうが、瀬古、ちがったセコ郵便局めが。

あ、年賀状を出すという習慣は、ワタクシも20年くらいしておらず、ここ何年かでようやく復活しましたが、没交渉だった20年間で連絡先の分からなくなった連中が沢山います。カッコつけずに年の初めの便りくらいはちゃんと出し続けるべきでした。ところで、暑中見舞いって出してます?

国生さゆりがプールで遊んでる写真つかってつくったことが(汗)

おりも最近何十年ぶりにあったりとか、連絡し合ったりということが増えてますね。逆に会社も数回変わってるんで連絡し合わないともうでんでんわからなくなり。。まじ、見習いますわ。暑中見舞いはこれまた2,3回しかつくったことないんですが、あとおれはマイマザーの本(東京大空襲体験記その他)自費出版してるんですが、空襲の日(3・10)に向けて宣伝兼ねた挨拶ハガキつくろうかなとたくらんでます。できたら送りますわ。

いやいや僕も仕事は転々としたし

まあ、一つには自分が結婚して家庭を持つなんてことは考えてなくて、それでも人間、人生で大きな過ちを犯すことも必ずあって、何の因果か配偶者などで来てしまって以来、別に意識的ではなかったけど大学時代の連中とも没交渉になってしまい、ご想像の通り一般常識などなくて、年賀状などそんなプチブル仲良しごっこが出来るかと、書かなくなって幾星霜。あっというまに四半世紀以上過ぎて、今度は昔の仲間たちに連絡するすべがない。

もし、インターネットなるものが無かったら、多分「別館4階のBOX」の扉は永遠に開かれなかったと思います。要するに、サークル時代の4年後輩がやっていたblogに偶然出会い、そこから少しずつ昔の連中の情報が入ってきて、住所が分かった連中には年賀状出して、ほらほら、昔は尖がっていた先輩だけど今は丸くなったから怖いことないよ的な態度でようやく社会復帰したかなという感じです。

空襲の日のお葉書楽しみにしています。今年は寒中見舞い、暑中見舞いと書いてみるかな。余った年賀状で(笑)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索