取り急ぎお礼を

 早いもので、このblogを始めてから丸5年が過ぎている。ここ最近はエントリーを書くのが億劫になったり、考えていた話を頭の中で展開しているうちにアップしたような気になってすっかり忘れたり、いやいや、もっと正直に書くと「こんなしょうもない話誰が読むんだ?どうせ誰も読まないな」とか「結局こんなこと書いても自己満足で、誰一人賛同してくれないんだろうな、いや批判でもいいけど」とか、要するにエントリーをアップする気力に欠けていた時期が結構あったのだ。そういう時に、よし、もう一度頑張ろう、さあ、もういっぺん、さあもういっぺん(by 豊田勇造)という気持ちにしてくれるのが、いろんな人から頂くコメントである。昨日のエントリーにはsawyer先輩が連続投稿、怒涛の3連荘をしていただき一気に気分が盛り上がった。書いた本人は、しょうもないバッタの話だし皆にスルーされて終わりだ、くらいしか思ってなかったのに金森幸介からアーロ・ガスリーまでリンク貼って頂き、しばし過去への旅路をさまよっていた。

 そして、もう一つエントリーを書くぞという気持ちにしてくれるのが、拍手という機能。各エントリーの右下に小さな拍手のマークのバナーがあるが、読んだエントリーに「異議なし」とか「そうだそうだ」とか「あるなぁ」とか、いやオイラの話は「んな、あほな」とか「オッサンええかげんにしとき」とか「またホラ話かいな」みたいな反応で拍手していただいていると思うのだが、実にこれは嬉しいのだ。コメントは投稿者のハンドル・ネームがあるので、『あ、毎度毎度のあの人か』とか、『おお、久しぶり、元気にされてましたか』などと相手のイメージがわくのだが、拍手にはそれがない。ま、正確に言えばアクセス解析することで若干の情報は入るのだが、それでもいったいどういう関係で拙blogに来られたのか、検索で偶然たどり着いたのか、誰かから教えてもらったのか、ということは学生時代の先輩、友人、後輩関係か、または社会人になって僕も結構仕事を変わっているので初期の教育産業時代の関係者だろうかとか、その後の会社の関係だろうかとか、まさか今の仕事関係はありえないよな、などと想像たくましくイメージして、果たしてそれが当たっているのか全然違うのか確認のしようが無い。

 ある意味、それこそがWebの世界の長所でもあるのだが、そういった匿名だけの拍手、被拍手の関係(書いて思ったが、そういう表現ありかな?ありにしておこう)は、ちょっとさびしいので、良かったら拍手くださった方、拍手コメントという機能もあります。オープンにすることに抵抗があれば、ワタクシだけしか見ることができないという機能もあります。良かったら、どういう関係のお方だったか、あるいは赤の他人は当然であるが、全然知らなかったけどこういう流れで寄ってみたんで、とかそういうこと教えてもらえると嬉しい。

 何でこんなことをいまさら書いたかというと、実は先ほどblogの管理者ページに入って、いつもの癖で拍手の確認をしたら、普段は2,3日に1つ2つなんてペースなのに、突然「45」という数字があったのだ。一瞬、目を疑ったが間違いなく「45」と表示されているし、その履歴を見たら朝の5時くらいから延々と拍手が1時間に2つ3つくらいのペースでクリックされていたのだ。エントリーに書いたことに、たまたまヒットしやすいキーワードが入っているといきなりアクセスが増えることがあるが、チェックしたけどそういう形跡はない。しかも、悲しいことに普段とアクセス数はほとんど変わっていない。ということは、誰か特定の人が延々と拍手をクリックしてくれているということだ。などと関げているうちに拍手の数は「46」になり、「47」になった。

 どこの誰だか知らないけれど、誰もがみんな知っているのは月光仮面のおじさんだが、この拍手をクリックしてくれた方(あるいは方々)、どうもありがとうございました。すごくうれしいですし、ファイトという気持ちが湧いてきました。アクセス解析から判断するにmixi関係の方かもしれないという気がしますが、良かったらコメントなりメールフォームからメールでも頂けると幸いです。ああああ、もしかしたらこの前高校時代好きだった女の子のことを書いたから、昔のファンクラブの子が、って悪いお酒でも飲んだのかお前はと突っ込まれる前に、自分で否定しておきます。んなこと、あるわけねー。

 ということで、本日の音楽はトム・ウェイツの「CLAP HANDS」にしようとYOU TUBEで動画を探したら、この曲に大笑いのコメントがついていた。いわく「Tom Waits for No man.」。上手い、おーい山田くーん、座布団持ってきて~。



スポンサーサイト

コメント

私....本当は昔、drac-obさんの事が・・・

なーんていうコメントが見たいです。

つーか、そういう話題をネタに酒が飲みたい(笑)

そうそう、その手の衝撃の告白ってのを

待ってたのよ、ただひたすら。しかし、何も反応なし。これは相当シャイな女の子に違いない。ということは、多分…、などと妄想はとどまることを知らない(笑)。

>そういう話題をネタに酒が飲みたい(笑)

恒例の冬のキャンプももうじきなので、その時にまたじっくりと、「実は今だから話せるけど、某A村さんはオレの事が好きだった。だけど、オレは全然相手しなかったから、振り向かせようと思っていろんな嫌がらせしたんだな、多分」なんて話をみっちりするから、お楽しみに。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索