毎度愚にもつかぬ月初の話

 ここしばらくどうも元気が出ない。なんだかずっとついていない感じが続いているし、実際やることが裏目裏目でうんざりすることも多い。もちろん、先月でいえばジェイク・シマブクロのコンサートを見た時のように、一瞬ハイテンションになる日々も無くは無いのだが、それも1か月30日の中の数日である。どうしたのかな、こんなもんなのかな、何やっても、どうあがいてもダメなのかな、なんて敗北主義的な考えが浮かんでしまい、頭の片隅にじっと座ってこちらの様子を見ているようなのだ。ちょっとでも油断すると、憂鬱な気分に引きずり込もうと虎視眈々と狙っているのが分かる。やっぱり、ダメなのかな。ダメなんだろうな。と、思わずつぶやいてしまうこともある。いったい何に対して、つぶやいているのか。この国の行く末なのか、そんな大げさなことじゃなくて、マジで人生後半というか、もうゲッティング・ニア・トゥ・ジ・エンドなのかもしれないし、それが本当かどうか誰も分からない。そう、明日のことなんか、いやもっと正確に言えば今日、この5分後だってどうなるか分からない。そんな確信の持てない中、息をして暮らしているんだと思うと目の前が真っ暗になる。

 などと、月の初めから辛気臭いことを書いてしまったが、正直こういう気分がこのところ続いていて、元気の出ない日々だった。こういう気分の時は積極的に音楽を聴こうなどという気持ちにならず、それが原因だったのか先月は通勤の車の中で、ジョニ・ミッチェルの『コート&スパーク』を延々と聴いていた。僕の車のCDは、最初についていたのはメーカー純正のバシツッと気合の入ったもので、CD1枚演奏したら「旦那、もうこれ終わりましたぜ。次、何流しましょ?あ、それとも、あれかい、ちょっと世間様のニュースなんぞ聞いてみるかい?ラジオを入れるなら、その横のボタン、おい、おい、そっちはFMだから全国ニュースしかないぜ。ローカルニュース聞いて笑いたけりゃAMでしょうが。AMつったって、レコード会社のA&Mじゃないから、え、なに、そんなことわかってるって、こりゃまた失礼をば、こきました~」などと軽快に対応してくれるものだった。

 ところがある日演奏が終わったCDが出てこない。いつもならオートで出てくるのに、ウィーンなんて音楽の都のような音がするばかりで、一向に出てこない。いらついて、イジェクトのボタンを押したら、不承不承という感じで出てきた。次のCDをセットしてみたら、そんなことはなかったので多分CDにゴミでも付いていてセンサーが反応しなかったんだろうくらいで気にしなかったんだな、その時は。それからちょくちょく同じようなケースが発生して、どうも引っかかってしまうCDは車用にコピーしたCDで(あ、ヤバッ、ゲスラックとかいうところから「CDは家庭用に1枚、車用に1枚買うのが当然です」なんてクレーム付けられて罰金、バッキン、恋は盲目なのよ~なんてクレームがはいるかもしれない)、オリジナルのCDだとそういうことはなかった。

 ところが、ギッチョン(この表現、いったい誰が言い出したのか。だいたい「ギッチョン」とは何であるか。調べてみたいが時間が無い。いつか言語学のフィールド・ワークの時間に追跡してみたい。などと、やりもしないことを書くのは今後自粛します、多分)、そのうちにオリジナルCDも引っかかって出なくなることもあり、まあだいたい車の中に入れっぱなしのCDなので、あまり大事なものではないが、それでもコピーCDはいくらでも作れるがオリジナルのCDはそういう訳に行かないので、車屋さんに相談した。結論から言うと、修理するより新品にしたほうがいいということで、今度は所謂車の量販店なんかで良く見かける某メーカーのCDプレイヤーにしたのだが、ま、予算の都合でグレード下げたもんだから、CDの演奏が終わっても、また勝手に1曲目に戻って再生する。

 つまりは「あ、止めるんやったらストップボタン押してもらわんとかなわんわ。ワタシラ機械やさかい、命令されたとおりしか動きまへんで。自動で皿出してもらおうなんて兄ちゃん、それちょっと甘いんちゃいまっか」みたいなこと言ってるみたいで、てやんでぃ、お前はソビエト共×党か中国共×党の官僚か、と突っ込みたくなるくらいで、って、一般ピーポーはそういう突っ込みせんのか。そうか。と、まあこういう次第で先月の最初に偶然セットしたジョニ・ミッチェルのCDを約1か月間延々と聴いていたという次第。しかし、昔から読書百遍意自ずから通ず、などというように繰り返し繰り返し聴いているうちにジョニの歌いたかったことはこういうことなんだな、というのが何となくわかってしまったような気がする。今日は、そういうお話でした。えー、本当はスレイド聴いて(ヴィデオ見て)元気になったという話を書こうと思ったけど、こんな落ちになりました。ちゃんちゃん。



スポンサーサイト

コメント

zappy

実は僕、最近のカーオーディオはCDをHDDに取り込める事を知らなかったんですわw

娘の軽自動車についてるヤツがソレでありまして、ディーラーに「軽自動車の癖に生意気だよねー(笑)」とか言ってたんですが、担当者いわく、「何言ってんのwww アンタのもそーじゃんwww」

お前、そーいう事は早く教えろよと。。。

なんかもう、、、最近、世の中について行くのに疲れます(苦笑)

あら変なことになっとる

ま、いいかw

PC以外はサッパリでありましてさん、ようこそ拙blogへ

ほう、そうですか。今は車のCDプレイヤーもHDD内臓ですか。凄いですね~。しかも、その機能が自分の車についていることご存じなかった。愚かですね~。おっと、初コメントの方に失礼申し上げました。いや、しかし、そういう粗忽な奴をワタクシ何人か知っておりまして、いや、多分、間違いなく酒を飲んだ時の鹿児島人と同程度ではないかと、いえ、これサベツではなく異文化理解のための予備知識とでもいいましょうか…。まあ、これに懲りずにまたコメントヨロシクお願いします。

あら変なことになっとるさん、拙blogにようこそ

って、今度はそういう訳にいかんか。zappyクン、君また伊佐錦かなんか飲んでたんじゃないのか?商売道具のPCも思うようにならないとは、アルツがヒアカムザサンじゃないのか。大丈夫か(笑)。

ま、冗談はさておき、あまり深夜までPC見ていると本物のジャンキーになりかねんぞ。

SMiLE 出たぞ

って守備範囲からはずれてますか?
あの、ブライアン・ウィルソンの(ビーチボーイズ)幻のやつだよん。
ネット見てたら、11月2日に日本発売となってるではないか。
限りなく当時の原盤に近いとのことだが、後出しじゃんけん的なとこもあり、今さらサージェントペパーと比べようとも思わないが。

本物のジャンキーになど

残念ながら、なれる素質を持ち合わせておりませぬw

なにせ師匠が宮崎の高田純次ことdrac-ob さんですからして。。。

あ、そう言えば、奥様と結婚するキッカケが、「君、松嶋菜々子に似てるって言われない? あー、言われないんだ。 じゃ似てないんだね」と、声をかけたからというのは本当ですか?(笑)


【追伸】
今度の忘年会の予定日は"ウチの嫁の誕生日”です。
本人より「周知徹底を!」と、仰せつかりましたので、この場を借りてお知らせいたします(笑)

ビーチク・ボーイズ?

などと書くと熱心なファン(てか、パラノイアチックというか、マニアックというか、まあ、そういう人たち)に怒られそうだが、ズバリ、関心ありません。ビーチ・ボーイズってどうも相性悪いんだよね。どうしてかなと考えたこともあるけど、あのハーモニーが苦手なのよ。まあ、幻の名盤(だという噂)らしいが、当方ゲルピンゆえに購入しません。あ、お金があっても購入しないだろうけど。

宮崎の高田純次!!!

そのコピー気に入った。今までで最高の褒め言葉だな。いや高田純次凄いよ。オレもああいう60代になりたいと常々考えている次第で、適当主義万歳、高田主席万歳、万国の適当主義者よ団結せよ!!とスローガン叫びたくなるくらいで(笑)。あ、断っておくが、これはマジです。あのジャパネット高田も社長の苗字が「タカダ」と濁れば、売り上げ倍増間違いなし。

で、何ですか?誕生日?ああ、大抵の人に1年に1回くるあれね。知ってる、知ってる。たしか、オレにも来るよ。って高田主席なら言うだろう。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索