昨日は間違いですんで良かった、けど文章はもうズタボロ

 いやー、良かった、よかった。陰性で良かった。昨日はもう目の前真っ暗だったが、朝のニュースで都城の牛は検査の結果、口蹄疫ではないということが無事判明した。陰性で喜ぶなんてことは、小学校じゃ考えられませんでした。だって陰性だとイターイ注射をもう一度打たれるので、何とか陽性にしようと腕を叩いたりひっかいたりして、赤い反応を出そうとしなかったでしょうか、皆様は。陽性が無理なら、せめて疑陽性でもなどと無駄なあがきをした覚えはないでしょうか、その昔。一体何の話ですか、などととぼける平成ボーイズ&ガールズには分からないだろうな。ツベルクリン反応ってやつだよ。ほら、ハードロックを確立した、ジミー・ペイジの率いたロックバンド。レッド・ツベルクリンって…、ゴホン、そうじゃくて、BCGというやつです。BCGとは、ベック・チャー・ギャラガーという個性派ギタリストの頭文字では残念ながら、ない。これは、その昔ジェンナー先生が苦労を重ね、天然痘の予防として牛痘を接種することを発見して、天然痘の予防が出来るようになったのだ。と、この部分を書くために今ちょっと調べたら、ワタクシの子供の頃はジェンナーは天然痘の予防に効き目があると信じて、我が子に接種してその効果を明らかにした、という美談を聞かされ、なるほど、紅毛碧眼人といえども立派な人がいるものだと感心したのだが、先ほど念のために調べてみたら、あなた、ジェンナー先生は使用人の子である8歳の少年に牛痘を接種したそうではないですか。なんだ、こいつはと思って更に調べてみたら、早とちりしたらいかんなぁ。ちゃんと自分の子供にもその前にテストでいろいろやっていました。まあ、教科書に取り上げたときに(明治時代の修身の教科書だそうですが、さすがに現代史の生き証人であるワタクシも道徳は習ったが修身は習わなかったな。しかし、我が身を修める勉強だからきっとワタクシのココロに響いたはず、間違いない)、手っ取り早い美談に仕上げたようです。

 ところで昔のBCGの注射の跡は汚かったけど、何年か下になるとハンコ注射などと言葉も可愛げになり注射の跡も目立たなくなって、さらに年が下がるともうほとんど注射の跡はない、てなところまで来てるんだってねぇ。いやー、恐れ入り屋の鬼子母神ですわ、まったく。しかもですよ、僕が小学校の頃はこのツベルクリン反応の注射は必ず打たれて、その注射の跡が「・」みたいな、小さな点だと「ハイ、陰性、こっちきて」と言われて、物凄く痛い注射を打たれるものだから、まあひっかいたり定規で叩いたり、とにかく点だとまずいので赤い反応を出そうと手を変え品を変えやったんだけど、そこは百戦錬磨のお医者さんや看護婦さん、あ、今は看護婦さんっていったらいかんらしいが、んなもん、看護婦さんは看護婦さんやないか、オレはもう絶対嫌だけど万が一入院した時は絶対看護婦さんにケアしてもらいたい。野郎の看護士なんか来たら、絶対口も利かないことをここに公然と宣言します。えーと、熱くなった。要するにガキの小細工は一切通用しなかったということです。あ、それと今はもう接種時期は乳児期というか3ケ月から6か月の間の1回だけで、しかもツベルクリン反応検査はせずに一律だなんて、ちっとも知らなかった。まあ、身の回りに乳児や幼児がいなくなったから知らなくても当然だな。

 しかし、昨日は大いに心配したけど、結果オーライで良かった。昨年の口蹄疫の教訓で早期発見・早期対策のいい意味でのリハーサルになったと思う。この手の「オオカミ少年」パターンはあっても全然かまわない。一番怖いのは怠慢と慢心だ。人間横着になって、まあいいか、なんてやったら碌なことはない。自戒の意味も込めてつくづくそう思う。例によってまとまりのないだらだらの感想だけど、今はもうこんなもんよ、こんなもん。北関東との出会いも音楽話もちょっと気合入れないと、ついついそのままにしてしまうダメなワタクシでした。以上。あ、動画は別に意味なし。ホントは「ハッピー」を貼りたかったけど、無かったので。



スポンサーサイト

コメント

は~い、ツベルクリンには最後まで反応が無かった奴です。ハンコ注射ぺったんされました。

数日前に見た日本農業新聞て日刊紙に、
宮崎畜産まだ半数が再開できず、とかって記事が一面に載ってました。まだ大変だなあと思っていたら疑惑記事でしょう?悪夢再来かってひんやりしました。

陰性でほっとしましたわ。

あ、我が家ですが燐さんちから数百キロ田舎に引っ込んだ郡部です。浜岡が噴火すると灰が降ってくるかも。冗談に成ってないな(汗)

>燐さんちから数百キロ田舎に引っ込んだ郡部

数百キロというと距離的には半端ないですね。もうほとんど目印にする場所が別の都市か地名になるみたいな(笑)。GPZさんには、いつもいつも我が故郷の心配をして頂き恐縮しておりますが、そうですか。ずっと陰性でしたか。でもハンコ注射ってのは痛くないと妹に聞いた記憶があります。

本日の、クリビツテンギョウ。
>数日前に見た日本農業新聞て日刊紙

いわゆる業界紙ですが、僕はまだ読んだことがありません。昔、古い家に良く置いてあった「家の光」みたいな記事が載ってるのでしょうか?
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索