閑話休題

コーセーネンキン会館

この間ずっと、我が青春のJEP物語ばかりで書いてる僕も疲れてしまった。今日はパーティーアトザ中島(by F田敏雄)ではないが、浮世の義理でこういう場所に来ている。別に不満はないが…。







きれいどころがいない。おねいさんがいない。今夜も愛を探しにイカネバの娘である。
スポンサーサイト

コメント

中華の回転テーブルに寿司オケ……。
これからどんな何が出てくるんでしょうか。
和華蘭料理?(「包丁無宿」byたがわ靖之)

しっぽり濡れた卓袱料理

では、でんでん無かったです。一応は洋食?みたいなものが…。見た目はともかく、はっきり言ってゲロマズでした。宮崎牛のステーキの小ぶりなものがでていて、箸でも切れるとウェイトレスの小娘が言ってましたが、かぶりつかないと無理でした。しかし、あの手のパーティで美味しいものを食べたことが無い、というか、そういう華やかな席には縁が無いんだ、ハハ。

イカネバの娘

みたいなところに一番反応してしまうことをお許しくだせえ、お代官様!

いいってことよ、お互い江戸っ子だぃ

都知事はやっぱり石ちゃんで決まりだったけど、僕はこの後愛を探しにロックのお店に行ったんですが、居たのはシューカツ中の大学生と妙に70年代を分かったようなふりをする3人組がいたので、ちょいとレクチャーしておしまい。あ、レクチャーと思ってくれたのはお店の人だけで、3人組は黙って聴いておりました。バカヤロー、70年代をリアルタイムで体験してるんだよ、こちとらは。

などと空威張りしても、愛が近くに無かったので悲しかったです。次こそ愛を!!

あの歌はもういいっすよね

とんちんづらさらして~♪

ってぇのは、もういいかなぁとw うん、やっぱ、われわれもうお父さんの立場に近いっすから、それまずいっすよね。いやぁ、友人の結婚式で一番感動したのは、新郎の親爺が何を思ったか、スピーチを延々やるんっすが、これがめっちゃ面白い話するんっすよ。うちの馬鹿息子みたいなのが、こんなできの良い嫁さんを貰えるとは、というところから説き起こして、終始笑い取りながら、感動の嵐にもっていきましてw ちなみに、私が司会を担当したこともあり、この結婚式はめっちゃ印象深いっすw

いやぁ、やっぱりこういう芸ができる父親というのは、結婚式の格を上げます。そちらも、そろそろ練習っつぅか、訓練しておきましょうよw やっぱ、身を削った笑いをとらないと、いけませんw

ああ、残念ながら「いとこの結婚式」ではなかったんです

そうか、見ようによっては結婚式の雰囲気ありますね。いや、もう結婚式なんて友人兄弟従妹はもとより、周辺にそういうイベントやるような人間がいない、こともないか。20代で1回やって、その味が忘れられなくてもう一度やりたいなんて考えている不届きな奴とかいるもんな。まあ、それでもここ最近出席した結婚式は会社の若い社員のそれだったり、甥っ子や姪っ子というか親戚関係でも1世代下の連中のものが多いので、あんまり感動もないですね。そうそう、昔は結婚式というとタイの塩焼きが付き物だったのに最近はそれがない。タイが無くしてなんの岩井田、ちごた祝いだ、バカモノ、と怒りはとどまることを知らず、さらに最近は食中毒がどうたらこうたらで持ち帰りもNG。アホンダラァ、祝儀にナンボ包んだと、え、いや、そんなに包んではおらんのだが、その、結婚式出席者の手土産に折詰の料理持たせるのは最低の仁義違うんか、え、おい、責任者出て来―い。

みたいな身体を張ったギャグはblogだけにしておきたいと考える今日この頃です。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索