クラッシュなう



久しぶりに燃えてしまった。ちくしょー、「ポリスとこそ泥」だ。追記、ケイドロではない。
スポンサーサイト

コメント

おお、いいですね!買いましたよ。ジュニア・マーヴィンのLPも。PUNKとレゲエは切り離せないという認識でレゲエをたくさん聴きましたね。あとでロンドンに行ってみたらウェスト・インディーズ人口が多くてびっくりしました。そういう日常なんだって思いましたよ。

クラッシュの1枚目に入っていた

「ポリスとコソ泥」を聴いて、驚いたのをつい昨日の様に思い出します。A面のチープなサウンドが一気に締まって、鋼鉄のギターとからみつくようなボーカルで脳天ファイラーでした。しかし、久しぶりにアナログでしかも大音量(JBLのスピーカー)で聴けて、至福の時間でした。

うむ、ジョー・ストラマーもそうですね

"London Calling" とか聴いて驚いたのは、レゲエのエッセンスが濃厚だったことですよね。まぁ、概ね同意見なんですけど、彼の伝記映画とか見ると、大笑いできますよ。個人的には、劇場で見て、大いに納得して、私も家に帰りました。
だけど、電車の中で映画の話を女房と話をしていたら、何やら一緒に乗り合わせたフランス人と思しき兄ちゃんが、我々夫婦の話を聴いていて、実に頓珍漢な事を英語とフランス語で話し合っているので、鬱陶しくてちょっと嫌気がしましたw あのなぁ、日本人がRachid Tahaを判らんだろうという、てめえらの思い上がりが、吐きそうなんじゃとは、流石にいいませんでしたけどw

まぁ、神戸なんで、気にしませけどねw

このところほとんど聴いてなかったので

クラッシュの音が新鮮に入って来たんでしょう。クラッシュはやはり『ロンドン・コーリング』までが一番いいですね。そのあとは、柄にもなく観念的になりすぎて、部分的にはいいものもありますが、バンドが崩壊に向かっていくのを見るのがつらかったです。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索