病院の通路でも自由に喫煙できた時代があった。

 昨日の長距離ドライブの疲れもあって朝寝坊するつもりだったが、子供達の部活はあるわ、配偶者は仕事に行くわ、僕自身も薬がなくなるので病院に行かなくてはならないわと言うことで寝坊出来ず。堀川町のA木医院と言うよりA木皮膚科と言った方が通りが早い病院に9時半着。連休の合間だけあってかなりの患者さんが待っている。

 毎度の事なので、受付前の本棚と乳児用ベッドの隙間にスペースを確保し、週刊現代を読みふける。ここの病院では最長3時間待ちを経験したことがあるので待ち時間は気にならないが、本日初診の人(ボードに何か書いてるからすぐ解るのね)は、かなり怒りの形相ものすごく受付の事務の人に『後どれくらい待つんですか』などと聞いている。受付の人も手馴れたもので、下手に30分とか1時間と言うと逆にクレームになると心得ているようで『一人一人診察時間が異なるので、どれくらいとは申し上げられませんが、もし呼び出しのときに居なかったら、お名前を消しますのでまた最初からお待ち頂くことになります』と見事なマニュアル対応であった。

 なんとか2時間待ちで名前が呼ばれ、先生と話をする。首の後ろにあせもの様なブツブツが出来ていたのでそのことを聞くと『ペット飼ってます?』とカウンタークェスチョン。ハムスターなら1匹と答えると、『噛まれた事はありませんか?』と連続質問。何度か構っているときに噛まれて血が出たことがあると答えたら『drac-obさん、大変ですよ。何度も噛まれていると、ショックで血圧が一気に下がり命に関わりますよ』と脅された。ハムスターに噛まれて死ぬのは嫌なので、これからは寂しくても手の平に載せたり、布団の上でのキャッチ&リリースは止めようと心に誓った。その他にもハムスターは見た目はかわいいが、糞などで子供にアレルギーが出たりするので、常に巣箱は清潔にしておくよう注意された。

 午後からはちょっとした買い物や、昼寝などしていたが、晩御飯の後に明日返却締め切りのDVDを見ることにした。タイトルは『チェ・ゲバラ&カストロ』。去年見た(もちろんレンタルです)『モーターサイクル・ダイアリーズ』が良かったので同じ主人公の映画で、革命家になったゲバラの話だと思って借りたのだが…
 結論から言うと『モーターサイクル~』が良かった分この映画は残念至極西京極であった(by筒井康隆)。まずタイトルがサギみたいなモノで『チェ・ゲバラ&カストロ』だからチェ・ゲバラが主人公だと思うでしょ。何と本編再生したら1分後に原題が出てきて、見ると”FIDEL AND CHE"つまりフィデル・カストロが主人公。B級ホラーなんかで良く使う手ですわ。例えは古いがその昔、ブルースリーが大ブレークした時に、カンフー映画はタイトルに何でもかんでもドラゴンが付いていた事を思い出した。

 映画そのものは最初は結構面白い。特にバティスタ政権を維持するために、と言うか”未開発国”に”民主主義を根付かせるために”、アの字が付く、世界で一番嫌われている国が甘い汁を吸うためにはどんな事をするのか・してきたのか良ーくわかるシーンが続く。
 他所様の国に来て、その国民が敬愛している人物の銅像に立ちPISS(昨日出て来た単語、ちゃんと覚えているかな?)する酔っ払いのヤンキー兵士(あ、折角伏字にしたのに、国名が特定されてしまう!)や、その尻拭いに言い訳するえらいさんが、銅像の人物名すらちゃんと知らずに適当なことを言って言いくるめようとする。人々から(映画ではここでカストロがズームアップされる)矛盾を指摘されると、軍隊だか警察だかお決まりの暴力で制圧しようとする。

 いやー、書いていて今と全く変わらないじゃないか。ほんとに嫌になるな。あの国のことを書き始めるときりが無いので止めるが、映画はそこからキューバ革命に決起するカストロの人生が描かれていく。ゲバラはというと、亡命先のメキシコでカストロと意気投合して革命に参加していくのだが、非常に教条主義で冷血漢として描かれている。ボリビアで殺されるところも救いの無い描き方になっていて、かってはゲバラ日記を愛読していたオジサンは、切れかかったね。『ふざけんじゃねぇよ、このやろう…』以下非常にダーティな言葉が続いたので自主規制する。

 この映画あまりヒットしなかったようでTSUTAYAにも1本しかなかったし、歴史的な解釈の仕方も非常に偏っているので、見ないほうが良いと思います。『モーターサイクル~』の方は去年結構話題になったので、見た人も多いかもしれないが、とにかく映像が綺麗です。(ただその綺麗さの中にやりきれない南米の現実がオーバーラップして、非常に切ないんですが)こちらはオススメ。まだ見てない人は見る価値あると思うので、レンタル屋さんで見かけたら借りてみてね。

 さてこれから(0時50分)もう一本見ようかな。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索