ちゅうもく、チュウモク、注目っ!!!

 いやー、日にちのたつのは早いなぁ。あっという間に今年ももう11月半ば。あと1か月半で2010年がジ・エンドですよ。ついこの前新年をことほいで、嗚呼3月年度末で忙しいな、お、5月はストリート音楽祭で陽太を聴いて大学OBの向井先輩の演奏も聴いてなんつってたらあの悪夢の口蹄疫でその後はぼろぼろ、ようやくこの前口蹄疫からの復興を願って香月さんたちの演奏があったり、東京から泉谷たちが来てくれて花火がバンバン上がっていたと思ったらこのざまである。この間にジョー樋口も亡くなった。日本のレッドシューズ・ドゥガンともいうべき人だった。ウンコたれのロックのクソガキが死んでも屁とも思わないが、日本マット界をワン・ツー・スリーとカウントしてきた樋口さんが亡くなったのは残念である。合掌。



 このところ大変不評なスパム研究を2回アップしたのだが、それでもちろんどんなに不評であろうとオレは我が道を行くのでその続きはまた書くのだが、今日はあまり時間がない中でどうしてもこれだけは伝えておきたいというニュースを一つアップしようと思い、まあその前に気分転換にmixiでものぞいてこまそとクリックしてみたらそこにも大変なニュースが出ていたので、僕のblogの力など微々たるものではあるがもしかしたらこのエントリーを何かの拍子に見てくれた人がヘルプの手を差し伸べてくれるかもしれないので、その話も書く、というかコピペする。ほんでもってまず最初の話は。

 清水くるみっ!!!この名前を見て愛知県出身の女優。血液型はA型。身長162cm。アミューズ所属、などと連想する輩はこれから先は読まなくてもいい、というのは言い過ぎなので読んでも構わないというか、Googleの画像検索で「清水くるみ」と入れるとセーラー服の可愛い女の子が出てきて、え、くるみさんそんな趣味があったんですか???どうして教えてくれなかったんですかと取り乱したのはワタクシです。知らなかった。くるみさんと同姓同名のヤングな(ここ重要)役者さんがいたなんて。え~と、その、いや、ゴホン。我らがくるみさんも演奏の時の表情はカッコイイ。まるでレンボーみたいに厳しい顔している。って、これフォローになってるかな。

 ま、要するにだ。今日、最初にお伝えしたかったのは、これまで「ライブハウスでしか見れないバンド」であったあのZEK3(ゼックトリオと発音してください)が、な、な、なんとテレビで見られるのだ。実は9月末にくるみさんにお誕生日おめでとうのメールを送ったらご丁寧に返信いただいて、そこに『CDは相変わらず予定無いけれど、「ライヴでしか体験できないバンド」神話、ついに崩壊。3日前のライヴ、スカパーが収録に来ました。11月放映だとか。』というフレーズがあって、11月になったら見らねばの娘と化していたのだ。

 しかし、去る者は日々に宇土市って別にオレは死んでしまったわけではないが、要するに雑事に追われてバタバタしているうちに11月も10日すぎたくらいに、くるみさんのことを思い出し大急ぎでググったけど情報はなく、それで今日もしかしたらすでに放送が終わっているとヤバいと思い、あちこちにメールで問い合わせてみたらある友人から返事があり12月に延期になったこととネットで調べると分かると教わった。それで大急ぎで調べてみたら12/13(月)の00:00~01:00にCh.324 大人の音楽専門TV◆ミュージック・エア チャンネルという番組で放送されるようだ。翌日の14(火)の21:00~22:00にもあるけど、これはたぶん再放送だろう。ということで、拙blogお読みいただいているすべての市民・学生・労働者諸君はこの日スカパーに注目せよ。いや、確か2週間無料放送みたいなのがあるから、それの手続きすればいいのではないか。別にスカパーの回し者じゃないよ。てか、スカパーという名称にはちょっと抵抗があるのだ。というのも学生時代に尊敬していた高知出身の先輩がS賀さんというひとで、スカパーというとその人のことをパーと言ってるようでって、イニシャルになってないぞ!!S賀さん、お元気ですか、お酒は控えめにしてくださいね。

 で、実はこの後の話もくるみさんというかZEK3の話をしようと思っていたのだが(高校時代の友人のYKZ君がピット・インでのライブをメールしてくれていたので、それをサカナにしてと考えていたんだが)、先ほど書いたように今度はちょっと深刻なお知らせをしたい。

 「青い部屋」ってご存知だろうか。少なくとも日本文学を読んだ人、シャンソンなんて音楽が好きな人、少なくとも文化人(いやらしい表現だけど)とかサロンなんて単語を知ってる人だったら一度くらいは名前を聞いたことがあると思う。作家の戸川昌子さんが1967年渋谷で開いたお店、かの三島由紀夫も常連だったというしシャンソンのライブなんかやってたお店なので僕なんかとは縁の遠い存在だと思っていたのだが、mixi仲間のGoteauxssonさんのバンド、ゴトー&カメレオンズがライブをしたりとか2000年のリニューアルオープンでライブハウス的な活動をしていることを知って、ささやかなシンパシーを持っていたのだ。その「青い部屋」が危機に瀕している。以下、HPからコピペ。

■青い部屋からのお知らせ■
皆様に愛され、四三年間にわたって営業を続けてきました青い部屋ですが、現在、詐欺横領ともいえる犯罪的な被害に遭い、閉店の危機に瀕しております。 オーナー戸川昌子をはじめとするスタッフ一同、ギリギリまでがんばってみるつもりではありますが現状、来年以降の運営の見通しが立ちません。 そこで、とにかく年内一杯をゆかりあるアーティストの皆様方のご助力を得て、「青い部屋救済月間」と名付け、最大限盛り上げていこうという結論に至りました。
どうか一人でも多くのお客様にご来店いただけますよう、スタッフ一同心よりお待ちしております。

なお、不測の事態のため関係各位の皆様方へ大変なご迷惑をおかけしていることを、恐縮ではありますが、この場を借りてお詫びさせていただきます。
■青い部屋救済募金の呼びかけ■
また一つ文化の灯火が消えてしまおうとしている。
一九六七年より続く伝説的文化サロン「青い部屋」。古くは三島由紀夫や川端康成、美輪明宏をはじとした数多くの文化人から愛され二〇〇〇年のリニューアル以降は新旧文化・老若男女の融合を掲げ幾多の個性的なアーティストに活動の場を提供してきた店です。 その青い部屋の文化の火を絶やしてはいけない。そういう強い思いを持つ同志達で立ち上がり青い部屋を救おう!

以下の口座からカンパを受け付けております。

口座名:「青い部屋 救済委員会」
三井住友銀行  本山支店(484)
普通口座 6826315  

12月31日を締め切りとして、受け取ったカンパは全額青い部屋に義援金として寄付いたします。 鳥井賀句(青い部屋救済委員会 発起人:音楽評論家)


 詳細はリンク先で読んでいただきたいが、一連のメッセージの中で僕が一番感じたのは映画監督の高橋玄さんの以下のメッセージだった。そうなんだ、口先だけの応援なんてへの役にも立たないことは口蹄疫で沢山だ。後はカネだ、カンパだ。年末一時金を圧倒的なカンパに結集させよってどっかのセクトみたいだけど、要は銭金の話。ルンペン・プレカリアートの僕もささやかですが年末までにはカンパします。あ、年末一時金なんてここ5,6年ありませんが、気はココロだ!!

★「青い部屋」が歴史的だとか伝説的だとか、この際、堅苦しい話は要らねえだろ。
女ひとりで命を張って生きてきた戸川昌子という日本エンターテインメントの財産が、信じていた部下に1000万近くとも言われる横領疑惑に遭い、棲家を追われそうになっているというこの事態に必要なのは「カネ」に決まってる。「青い部屋」を語る有名文化人、作家、音楽家、財界人、義のあるヤクザのお歴々は、黙ってカネを投げてくれよ。気取った支援コメントなんかを書くよりも1万円だ。1000万円ったって、1人1万円なら1000人で片付く額だろうが。100万円なら100人で、10万なら10名いれば済む話だ。
おれか?おれは、すでに16年前から借金2億6千万円抱えたまま、貯金ゼロのその日暮しだがそれでも、戸川さんは艶っぽいし世話になったから、年内までになんとか数万円は都合するつもりだ。いいかよ、こんなおれでも、そうだからな!「青い部屋」の名を語る御仁、「惜しむ声」を公言する御仁なら最低でもおれより1円は多く義援金を出せよな。こういう場合、精神的応援なんて、カッコだけつけてんじゃねえ。カネ送らなきゃ、なんの意味もねえんだよ。

高橋玄 映画監督(『ポチの告白』『GOTH』)


 というところで、エントリーをアップしようとしたらご丁寧にくるみさんからメールが届いたので、ご本人の承諾は事後で頂くとしてちょびっとZEK3のライブの予告編入れときます。

9月27日に関内のKAMOMEでライヴ収録しました。
演奏時間は2時間半程でしたので、
何曲か選び、曲によっては編集しました。
(因みに、1曲目は、drac-obさんが一番つまんなかった、
そして大西さんが一番面白かったFriendsです。
時を重ね、drac-obさんにとってますますつまんなく、
大西さんにとってますますおもしろくなってるかも。すみませんねえ)


 えーと、僕はつまらないと書いた覚えはないのだが、もしかしたらどこかに書いたのかもしれない。「ZEK3がやってきた その1」・「ZEK3がやってきた その2」・「ZEK3がやってきた その3

 11/17追記、本日再度くるみさんからメールが届きました。今回のスカパー放映の補足です。

そーいえば、と拝見したら、

あらまあ、宣伝してくださって有難う!!!!ございます。


でも、折角、テレビの人から来たメール、
送ったのにぃ!

も一度、「要所」送るね↓


■番組名称
・ Live Lab.(ライブ・ラボ)

■放送時間
・ 《初回放送》 12月12日(日) 深夜 0:00~1:00
・ 《再放送》  12月14日(火) 午後 9:00~10:00
         12月18日(土) 午後 5:00~6:00


スポンサーサイト

コメント

あのですね

drac-obクンが、武士の情けで私のひどいライブレビューをくるみサンに送らないでいてくれたと思っていたのに・・・。おねげーしますだ、あんなもんサカナにしねーでくだせー。アニキサスやら鞭毛虫やらいっぱい入ってるから腹下すだよ。

あ、君のライブレポートは送ってないよ

っていうか、基本的に人の書いたメールを転送するときは事前にアポというか承諾取るのはルールというかネチケットたらいうもんでしょう。ワタクシ、意外ですがそういうところは教条主義的です。もっとも一度甘い顔見せると事後報告でいいか、と勝手にアップすることもあるので要注意です(笑)。

ところで君、僕の本名をイニシャルで書いてもらっちゃ困る。これでも結構敵が多いのだ。一応編集しておいたが気をつけてくれたまへ。ま、ばれてる人にはぼろぼろばれてるんですが(笑)。

ぐわ~みてえよおw

いや、ほんまにZEK3のライブみたいんですけど~w

いや、悔しいことにまだ見てないんっすよw うち、スカパー入ってないんすけどw ああ、くるみさんちの掲示板だと、11月でZEK3の今年のライブ終了らしいし。ほんまに、ネタやなくて、しまいめに、「ギルガメッシュの酒場」と言う名のライブ・ハウス兼ロック・バーでも開きたくなりますねw

ちなみに、ケーブルTVで時代劇の古いのをチャンネルNecoでみたいんっすけど。ああ、どっかで「てなもんや」とか、「花山大吉シリーズ」の再放送やらんかなぁw 焼津の半次が「だんなぁ~」とか言うのが、子供の頃すきだったなぁ~w うん、今でも人格形成に影響ありますな。花山大吉みたいに、刀の腕は立つけど、ちょっと惚けた浪人で、義理人情に厚いっちゅうのは、今だにどこか理想なんっすよね。あ、今日は久しぶりに、真剣振ろうっとw

いや僕もスカパー入ってないというか

有料放送にはどれにも入ってないので、ルンペン・プレカリアートはこういう時に困るんです。が、寄らば大樹の陰じゃない、なんていうんだこういう時は、猫の手を借りてどうする、どうせ借りるなら、甲斐性のある人間の手だ。ということで、知人・友人にメール&電話をしまくりなんとかスカパー契約(ここで厄介なのはスカパー契約していてもこのチャンネルを契約しているかどうかが問題です)している人間にたどり着き録画をお願いしました。16日間無料放送ってのもあるけど、いったんかかわるとその後の営業が面倒なんだよね。

花山大吉、懐かしいですな。最初は月影兵庫だったけど、「大人の事情」で花山大吉に。確かに焼津の半次はおっちょこちょいだけど憎めないキャラでした。♪それがどうした、男に惚れた、腕も気風も腕も気風もお~れ~のう~わてを行くだ~ん~な~
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索