こんな時期もあったんだなぁ

お買い得2冊で210円、どないだ!!

 本日は、花のD大75年度生のお二人に力強いコメントを頂き、スパム研究を続けるはずだったが、軽い気持ちで寄ったフルモトで大きな拾い物をしたので、臨時ニュース的にアップする。もちろん、スパム研究は明日以降必ず継続するので落胆する必要はさらさらないのだっ(って、なんでそうムキになるんだ、オレ)。

 いえね、このあいだとある研究所で緋色大尉のエントリーがアップされていたのだが、そこになんと懐かしい『冒険ガボテン島』の動画がうpされていたのですよ。ぼかぁ自慢じゃないが、ロック以上にマンガ好きでね、思わずカキコしてしまったのよ。で、それ以来頭の中では♪ガボテン、ガボテン、ガボテン~というのがエンドレスで流れていて止まらない日々を送っていたのだ。そして今日、何気に某ブコフに入って恒例の105円シリーズの棚を見たら、え、冒険ガボテン島上巻105円?ゲット。その下には諸星大二郎の前から欲しかった鳥類図譜も105円。すかさず保護。

 ということで、本日はガボテン島の大冒険をじっくり読んだ。記憶違いのところもたくさんあって、彼らが漂流するきっかけは展示してあった潜水艦に勝手に入り込んだことが原因だった。すっかり忘れていました。しかし、あちこちにくすぐりや小技が入っております。南国の島だからクジャクがいてもそうおかしくないかもしれんが、そのクジャク、どう見ても火の鳥です。木の枝にコアラの親子がしがみついてたりして、あれ、ここはオセアニアかって。さらにゴリラが「ゴッホ、ゴッホ」と胸をたたくシーンがあったのだが、その次のコマでは「ゴッホ、ゴッホ、マチス、ピカソ」って、当時の昭和のお子達はこういうギャグを大爆笑していたのでしょうね(って他人のふりしちゃいかんな)。まあ、今でこそすっかりスパムで汚れきった身の上だが、この時代(1966年~67年)は僕も純真な少年だったのだ。僕もガボテン島に行きたい、トマトと仲良くなりたいって当時から可愛い女の子がすきだったのか!!そりゃそうでしょ、だってそりゃそうだもん、とギャグも古いなぁ…。最後にガボテン島の萌えソングをどうぞ。


スポンサーサイト

コメント

緋色大尉(笑)

冒険ガボテン島上巻105円ゲットおめでとうございま~す!ていうか、そんなに簡単に手に入るものなんですか、新しい版のようできれいでピカピカのようですし。

でも私は諸星大二郎のその図鑑のほうがガンガンに気になりますな!!

「ゴッホ、ゴッホ、マチス、ピカソ」、笑いのツボがおじさんなので、大爆笑させていただきました・・・(笑)。

そーなんですよ、川崎さん

ってギャグも懐かしい今日この頃です。ハイ、ガボテン島は明らかに新品ですね。ここのブコフはどういうルートか知りませんが、この時代のマンガの復刻版が結構入っていたんですよ。最初は万引き本じゃないかと思ってましたが結構まとまって入っていたので、どこかのバッタ屋さんが持ってきたのかなって感じです。諸星の本はこれはあきらかに前読んだ人の感触がはっきり残ってます。あ、もっとも本そのものはきれいですけど。

って、オレもちゃんとしたレス書けるんだな。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索