同じ穴のムジナ?


某TSUTAYAの書籍コーナーに某原理研のドンの本が山積みされていた。一体全体世の中どうなっているのか。♪上から読んでも下から読んでも よーのなーかばかなのよ~

いかん、シャイロックのスピリッツを継承したジャスラックから金を巻き上げられるかも知れない。それとも壷や人参の営業部隊の襲撃を受けるかも知れない。などと考えながら写真をみたら、文さんの横にいるのは、今は亡きジャンボ鶴田のそっくりさん。その下には、元自民党総裁候補(ただし自称)。

うーん、某TSUTAYA書籍コーナー、侮りがたし…。
スポンサーサイト

コメント

文鮮明の本は

こないだウチのポストにチラシが入ってましたよ。
アマゾンで1位になったらしい。
そーか、アマゾンてそういう使い方もあったか。
瞬間風速ならなんでもできるよなあ。

大学時代の我々インセクトならぬノンセクトグループの主要敵は原理研でありまして、彼らからは「北朝鮮のスパイ」と呼ばれておりました。うーむ。今じゃシャレにならん呼称だ。

好き嫌いはイカンと思う。

某学会系企業舎弟と噂される○SUTAYA。
ウチの近所の店も、櫻井よしことか金美齢の本が極端に少なくて(つうか、在庫ゼロ)ワロタw

ひょっとして、嫌いなんだろうか?(笑)

それとも、純粋に需要が無いだけか?

新発見

私も金美齢さん好きです。

かくたさん、レス遅くなりました

その昔、キャンパスに原理がちょくちょく登場するようになった頃(もちろん公然と登場できないので、こっそり夜中にビラ撒いてたようですが)、田舎の実家に帰省していたら玄関のチャイムが鳴りました。出てみると垢抜けしない女子学生、眉間にしわをよせて「国際スパイ防止法の署名を集めています」と。「てめー、統一教会か、何考えてるんだ」と若気の至りでたたき出しましたが、今考えるとじっくり話してみたら面白かったのではと…。いえ、決して下心などありません、というとウソになりますか(汗)。

しかし、彼らが登場してきたとき、それまでの連中は「反共」を旗印にしていたけど、「勝共」ってのは凄いネーミングだなとそれなりに感心した記憶があります。高校時代の同級生で柔道部出身で完全ノンポリだったやつが、たまたま講義の空き時間に原理の集まりに紛れ込んでしまい、それ以来完全に洗脳され未だに何処に行ったか分からない奴がいました。他の同級生が必死に奪還しようと(これは、変な意味ではなく普通の生活にもどすという意味です)、本人に呼びかけたけど「オレはお前たちと喋っている暇はない」と全く相手にしてもらえなかったそうです。あれから30年以上たったけど一体彼はどうしているのか…。

そりゃ仕入れの段階でセンベツされてるんだろ

えー、そうなんだ。そこまでは気がつかなかった。というか、某ツタヤの書籍コーナーって碌な本は置いてないから、ほとんど見る気もしないんだけど。雑誌も、文庫も全て売れ線ばっかりでつまらないこと夥しい。レンタルのビデオ(今はDVDか)も、人気のあるものばっかりでオレが借りたいのはほとんどない。「幽閉者」以来、借りたのはないもんな。それに比べると某ゲオはまだまし。この間のぞいたら「世界革命戦争への飛翔」だとか「実録連赤」などもちゃんとあった。誰も借り手がいなくてかわいそうだったからオレが借りたけど…。

お、流石はツクバ卒業の菜が咲き君

いかにも「らしい」コメントですな。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索