本日の言わんでええのに

 このところ、厄介事が持ち上がって連日憂鬱でたまらない。blogの更新も億劫で、何事にもヤルキが出ないのだ。そんな中で、今日、藤田まことの訃報を知った。「当たり前田のクラッカー」の頃から中村モンドに至るまでずっと知ってる役者だ。また一人個性的な役者がいなくなったなと思いながら、いろんな人のコメントを読んでいたら、M上H明さんのコメントを見てちょっとイラついた。いわく「師匠であり、先生だった」。

 いや、そりゃ「師匠」だから「先生」だ罠。「師匠であり友人だった」とか、「(仕事上の)師匠であり、(アソビの)弟子だった」なんて言い方だったら分かるけど、「師匠であり、先生だった」は無いだろう。などと一人で呟いていたのだが、こういうところが他人から嫌われる原因かもしれないと思ったら、余計気が重くなった。ちょっと重症かもしれません。ああ、やだやだ。


スポンサーサイト

コメント

全くもってごもっともではありますが

かなりお疲れのようですねぇ。

たまには温泉にでも浸かって、ノンビリしたら如何ですか?

温泉かぁ…

そういう「ゆったり」した、「ぬるめ」の休息が必要かもしれないのだが、今の状況がそれを許さないのだ。ああ、しんどい…。

いわゆる、「馬から落ちて落馬した」ってやつですかね。
ちょっとちがうか。

でもまあ、スカイラーダーだから大目に見てあげて。
       (↑既に見ていなかったケド)

とてもお疲れの御様子で心配です。
…もし可能な時間があったら本当にゆっくりされてくださいね。お元気に
なられることを祈っております。

いえ、別にM上さんに何の恨みも

無いのですが、彼のコメントと真剣そうな顔付き(人、一人死んでるから当然か)でこういう発言てのは、ある意味頭が混乱していて出てきたのかもしれないけど、普段の言語感覚がこういうときに出るのじゃないかと思って「やらなきゃいいのに」「誰に頼まれたわけでもないのに」、ついエントリーに書いてしまった次第です。M上さん、ゴメン。

そういえば「いにしえの昔の武士の侍が馬から落ちて~」っていう有名なフレーズと「貴社の記者が汽車で帰社した」というフレーズ、どちらも中学の国語の先生から習ったな。あ、フレーズなんて言わないのか…。

imaneさん、お気遣いありがとうございます

ちょっと、しんどい状況です。しかし、何とかしなくてはと悪戦苦闘しています。時が解決してくれることではないので、自力解決しかないけど、うーん、歯切れが悪いな。

気晴らしに昔のバカ話か音楽話でも書いて紛らわそうかな…。あ、imaneさんこそ、いろいろ大変だったんじゃないかな?またメールで近況を教えてください。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索