ヤングな僕のぽっぷす・なう その5の続き

 晩御飯を食べたら続きをアップしますなどと書いておきながら、はや1週間。またもや日曜の夜が更けようとしている。なんと言うのか、ここ最近の天気も滅茶苦茶だし、凶悪犯罪は増えるし、政権政党が終末的状況で、その中に我らが中山センセがサメの脳みそとノミの心臓を併せ持つという噂の森元総理(えー、モリモト総理ではなくモリ元総理であることは周知のことだと思いますが、一応念のため。気配り気配り)から頑張れと激励を受けたりしている今日この頃、前回アップできなかった懐かしいヒットポップスの話をもう一度。

 前回は、あまりチャートを意識せずに70年代前半に僕自身の印象に残ったナンバーを中心にしたので、読んでくれた人も「こんなん知らん」とか「なんじゃ、これは、どこがええんかい」、「さっぱ分かりまへん」といった反応だったようですな。それじゃ、今回は皆が知ってるこの歌から。オリジナル・キャストの「ミスター・マンディ」です。



 カナダ出身のオリジナル・キャストは「天使の兵隊」などのヒット曲もあるが、個人的には「ミスター・マンディ」である。中学で英語を習い始めたばかりの頃だったので、曜日に「ミスター」という敬称が付くのがなんとなく不思議で、ミスター・マンディ、ミス・チューズディ、ミセス・ウェンズディと呼ぶのだろうか、英語ってへんなコトバだな、などと考えたりした。とにかく、イントロの「おー、みーすたー、まんでぃ、みーおーまい」というところが何度も何度もラジオでかかっていた。当時のポップスファンの7割はこのシングル持っていたんじゃないかと思うくらい、友達の家に行くと置いてあった。普段、洋楽(古いね、表現が。もうこんな呼び方しないのかな)なんかゼッタイ聞かないだろうと思う友達の家にもこのシングルはあった。同じような経験は「イエロー・リバー」と「気になる女の子」のときもあったな。

 調べてみたら、このグループ、結成は66年にオリジナル・メンバー3人がグループを組み、68年にこの曲で印象的なボーカルを聞かせるディクシー・リー・イネスが夫と一緒に参加して「オリジナル」オリジナル・キャストが出来たようだ。カナダはカルガリーからバンクーバーへと拠点を移したなんてところはまるで新人プロレスラーのようだ。「天使の兵隊」がヒットしてから、ツキも回ってきたようでディランやBBキング、グレン・キャンベルなどのアメリカ・ツアーに同行したようだ。しかし、前座がオリジナル・キャストでメインがザ・バンドとディランなんてツアー、ちょっと想像つかない。

 英米以外の女性ボーカルのヒット曲といえば、こちらも是非。アース&ファイアーの「シーズン」。あれは何時だったか、アース、ウィンド&ファイアなるグループ名を初めて耳にしたときに、「アホやな、アース&ファイアーの間違いに決まっとる」と固く思い込んでいた時期がありました。勿論、かの大ファンクバンドのE,W&Fでして、その強烈なサウンドとステージングはクリビツテンギョウで、我がポンニチでスペクトラムなるバンドをテレビで見たときEW&Fのパクリやないかと激怒したこともありました。もっともEW&Fってどうも好きになれなくてアルバムは1枚も持っていません。おっと、話が逸れた。それでは、ご年配の方には涙そうそうの「シーズン」をどうぞ。



 しかし、ネットというのは重宝なもんで、先ほど調べてみたらなんとこの曲は、彼らのオリジナルではなく、同じオランダのロックバンド、ゴールデン・イアリングのギタリストが曲を書いてくれてそれが大当たりしたとのこと。アルバムも結構出していたようで、2枚目以降はプログレ路線だったようで、当時聞いていたらどんな感想を持ったか興味津々である。いや、今更改めて聞いてみようとは思いませんが。もっともそのネットで調べてもなかなか情報がないのが、次にお送りするザ・キャッツ。ダッチ・サウンドでくくられているのでオランダのグループだということは分かるのだが、そのほかの情報がほとんど不明です。ただ、やはりこの曲はいいと皆さん(当時ヒットポップスを聞いていた人たちは)仰いますね。「ひとりぼっちの野原」です。



 この曲は当時大好きでカセットにも録音していたのだが、そのカセットをどこかにやってしまい長らく忘れていた時期があった。哀愁を帯びたイントロ、独特のメロディ、イコライザーをかけたボーカル、うーん、後半の盛り上がりもいいし、ナンと言っても英語がたどたどしいのがいい。聞き取りやすいのだ。これ当時のヒットポップスに非英語圏の国の曲が多かった一つの理由じゃないだろうか。アメリカ人やエゲレス人の歌う英語は聞き取りにくかった。だから全てのニホン国民は坊屋三郎の「クイントリックス」のCMに快哉を叫んだのでは無いか、などと勝手に妄想するのは人民の正当な権利である(なんか平岡調だね)。

 この曲のシングル盤のジャケットをよく見ると「過ぎし想い出を胸に、ただひとり草原を歩む…」というキャッチ・コピーが書いてある。こういう思い込みがいっぱい詰まっていたのも当時のヒットポップスの特徴である。以前、ちょっと書いたがシングルのタイトル(アルバムのタイトルも同じだが)は何時から原題のカタカナ表記に統一されたのだろうか。いや、別に統一されてなんかいないかもしれないが、タイトルに工夫が無いというか、誤訳だろうが意訳だろうが、その曲をヒットさせたいという担当者の思い込みの詰まったタイトルを見たいのだ。そういう部分が70年代のヒットポップスにはあったと思う。もう一つ言わせて貰えば、まだ市民権を得る前のロックにも。

 なんか、らしくない話になったのでいったん終わります。実はスピナッチの「アメリカ・アメリカ」という曲をアップしたくてあちこち探したけどとうとう見つかりませんでした。どなたか情報お持ちの方教えてください。
スポンサーサイト

コメント

いや、良く憶えてるもんですな

私、ビートルズの来日当時のことを明確に憶えてますけど、あれ1966年なんですね。まだ、幼稚園にも行ってない年齢でしたけど、ビッグ・バンド・ジャズ聴きまくって、旧制中学でべー二・グッドマンに憧れてクラリネット吹いてた親爺が、テレビのニュース映像見ながらボロクソにビートルズ貶しまくってたのを今でも憶えてます。それにしても、自分のことを棚に上げてようゆうわ。もう死んだけど、ホンマにええ加減にせいと言いたいですなw

ほな、こんなのどないですか?
http://www.youtube.com/watch?v=S6uEjifqTaI

これ、萩尾 望都の1976年の漫画を思い出す人の方が、遥かに多いだろうなぁ。私もサビしか憶えてなかったので、この曲こんなんだったけと思い直しましたわw

Spinachありまっせ http://www.youtube.com/watch?v=tXWcaIePI9c
全然聴いたこともありませんでした。
「ミスター・マンデイ」70年、「イエロー・リバー」70年、「シーズン」71年、「ひとりぼっちの野原」71年、「アメリカ・アメリカ」71年、「気になる女の子」72年ですか。「気になる女の子」だけはラジオで聞いた覚えはありますが、2,3年の歳の差でやはりかなり違うものですね。というか「ミスター・マンデイ」「イエロー・リバー」あたりは今でも70年代コンピなんかによく収録されるので認知もあるのでしょうが、他は忘れ去られているの多いですね。そういう忘れ去られたものって後追いの人間からすると下手をすると「無い」ものになってしまいがちになります。その意味ではこういうブログなんかでリアル・タイムの人が体験として書くっていうのは必用なことという気もします。「ミスター・マンデー」がどこの家いってもあったなんて想像付かないですもん(実際日本で50万枚近く売れたみたいですからそりゃありますね)。例えばCD時代にビートルズを聴き始めた人にとっての手っ取り早いビートルズ入門としては「ONE」かよくって「赤」「青」ってことになるのでしょうが、僕らの世代だと圧倒的に「オールディズ」だったわけで、CD化されていないのもありますが日本の中のビートルズを語るとしたら(いや英国も一緒か)忘れてはいけないことのような気がします。

ああ、どの曲も身に覚えアリです。前回に続き、日曜の朝のAMラジオの世界です。何を隠そう、僕の洋楽の目覚めは「マンダム・男の世界」です。アース&ファイアはまたく同じ感情を持ちました。というか、E&Fはしばらく忘れてて、E,W&Fがヒットした時、そういえば・・・!てなりましたね。キャッツも超ひさしぶりです。英語圏以外のヒット曲が多かったですよね。そういう雑多性がヒット・チャートの面白さだと、ずっと後になって知識が付いてから気づいたんですがね。これ、言いましたっけ?
http://www.youtube.com/user/00000piopio

ご多分にもれず

「ミスターマンデイ」「EARTH&FIRE」は持ってます。「キャッツ」はありません。
当時は、AM放送と言うことで、わざわざモノラルのシングル盤が多かったです。
特にグラモフォン(ポリドール)。三曲とも懐かしいです。

数年の差で、スポーツ、芸能、政治も 実体験がかなり違います。
前に職場のラジオから知らない曲が流れていて、「お父さんが二号さんを持ってた」人に 「この曲何ですか?」と聞いたら「舟木一夫の修学旅行」と即座に
教えてくれました。私は 全く知りませんでした。 
職場にビートルズ武道館公演を観た人(S22生まれ・関東の大学)がいますが、
チケットの半券は とっくの昔に失くしたそうです。
でも 音楽に関しては、故M原君にも 同じことを言ったことがありますが、
「もっと早く生まれて、XXブームやアーティストを実体験したかった」と
思ったことはありません。
ただ 都会(東京)に生まれ、育ち、旬の情報やレコードを簡単に手に入れ、
Purple Hazeさんのように 旬の来日公演とかを体験したかったですね。 
都会でサイケやヒッピーファッションの全盛期でも、私の周囲には 誰もいませんでした。

ドン・マクリーンは

多分、80年代あたりからアルバムも全然手に入らなくなって、それでも聞きたくてしょうがなかった時期がありました。84,5年くらいですが、当時勤めていた会社の社員旅行がグァムで、みんなはまともな土産物を買っているのに、一人カセットやシングルのコーナーを探しまくって、ドン・マクリーンのベストとジム・クロウチのシングル「ラバーズクロス」を見つけて大喜びで購入しました。

この「アメリカン・パイ」は以前も書いたようにシングル買うときに「パート1」「パート2」と書いてある意味が分からず、A面終わってB面ひっくり返して同じメロディが聞こえてきたときは何かの間違いだと思い、真剣にレコード屋に交換しに行こうと思いました。またちょっとした自慢話ですが、この延々と続く歌を何度も聞くうちに全歌詞を暗記してしまい、未だにほとんどソラで歌えます。この話をすると子供2人が実に嫌な顔をして「ハイハイ」というのは、我が家では公然の秘密です。

うわー、何十年ぶりだろうか!!

Ammmm in America,Ammmm in America~のリフが延々と続く典型的なバブルガムサウンド。いやー、ありがたい。シングルのジャケットもこうでした。ハゲのニクソンがスーパーマンの格好している。しかし、歌詞は結構辛らつで当時から反米愛国少年だった僕は(冗談ですから、マジに取らないで下さい)、この歌と「女は世界の奴隷か」を良く口ずさんだものでした。

ちょっとマジレスすると、『オールディーズ』に関する部分は異議なしだな。『赤』、『青』はともかく(一応はジョージがOK出してるからな)、『ONE』から聞くくらいなら、聞かないほうがまだましかもしれない。ビートルズとのいい出会いはもっと他にあるはずだから。そうそう、意外な家にあった洋楽シングルシリーズでは、「オブラディ・オブラダ」は、いや絶対ポップスなんか聴いてないって、ましてやロックなんか聞いてるはず無いだろう、だって学級委員長の女の子の家だぞ、なんてところにもありました。ちょっと聞く分には人畜無害に聞こえたんだろうな。オブラディ、オブラダ、ライフゴーズオン!!

拓郎のこの歌はたしか朝の

連続ドラマのテーマ曲かなんかでしたっけ?あれは「元気です」だったかな?曲も歌詞もしっかり覚えているけど、この歌はどのベスト盤にも入ってないような気がします。

で、本来の洋楽の動画リスト見ていたら、いやこれはあと10回くらい「ヤングな僕のぽっぷす・なう」書けるなとつくづく思った次第です。一連のヒット曲を眺めているうちにCMに使われた曲シリーズとかビートルズ解散直後の4人のヒットシングル特集とかミニスカが素敵だった彼女シリーズとかいやー、ネタがどんどん上ってきますな。ちょっと「過去への旅路」シリーズで、ヒットポップスとその頃のお話シリーズ行っちゃうかもしれません。

しかし、いい歌、いい曲沢山あった、幸運な70年代でした。あ、いや、音楽の面だけですが…。あ、あと小説と映画とマンガと、そのつまりカウンターカルチャーですか…。

舟木一夫の「学園広場」は知ってますが

「修学旅行」は、でんでん知りません。確かにたかが数年の違いでも、リアルタイムに聞いたものと追体験で聞いたものでは、どうしても温度差があって当然だと思います。

それで思い出した話ですが、最初に入った会社では当然僕たちがペーペーの20代でしたが、そこの直属の上司で30代の人がいました。人懐こいいい人なんですが、笑いのポイントが全然違うし、話していてもどうしても違和感がぬぐえなかったのを覚えています。カラオケに行っても(当時、僕はカラオケが大嫌いでどうしてもというときはアカペラでビートルズやRCを歌っていました)、ちょっと場が大人しくなると「よーし、盛り上がる歌歌ってやる」と言って小林旭の「自動車ショー歌」をノリノリで(勿論一人だけ)歌って、周囲の若者(会社の同期)は「これ、なんですか」とスネークマンショーみたいなことをヒソヒソと耳打ちしてきたことがありました。

で、今、僕自身がそうなってないと断言は出来ませんが、とりあえず会社の連中とカラオケにはゼッタイ行きません。行った時はビートルズナンバーか頭脳警察歌って煙に巻いてます。

山田辰夫死んじゃいましたね。
たしか石井聰互のBOX買うてませんでしたっけ。「狂い咲きサンダーロード」の中で流れてる曲って分ります?

えー、ウソだろ、ウソと言ってくれ

今、ニュースを確認したけど…。ショックだな、学年はむこうが1つ上だけど、同い年だもんな。いや、しかし今年は訃報に次ぐ訃報だ。

「電光石火に銀の靴」「ルイーズ」「俺の女」「王の闇」「眠れない夜」「ハーレム・バレンタインディ」「火の鳥」「君が代」「揺らぐ街」「テストドライバー」「君の心を眠らせないで」「スーパー右翼マーチ」「若い力」「国旗はためく下に」「トゥ・シューズ」「臨時ニュース」「オートバイ」「遥かなるセーヌの畔に」「つれなのふりや」「IDカード」「翼なき野郎ども」

以上が泉谷しげる、パンタ&HALの収録曲。このほかにもザ・モッズの曲も入っているが…。

しかし、早いな。合掌。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索