ヤングな僕のぽっぷす・なう その5

 梅雨も明けて、連日灼熱の太陽が眩しい日々が続いている。北日本や西日本は大雨だというのにこちら南九州はでんでん雨が降らない。今日も連休の最終日で、午後から黒い雨雲がかかるものの、そして本当に雀の涙ほどのレインドロップがフォーリングオンマイヘッドしたものの、今また見事に晴れ上がっている。まるでオレを大将にしないと選挙出ないぞといったどこかの知事の頭くらい見事に禿げ上がっている。晴れ上がっている。さらに、不快指数を上げるのは、亡国の組合をつぶせ、空港反対なんてのは住民エゴだなどと本人のみの正論を喚いてたった5日で大臣辞めたウソツキが、出ないよ、いや出てくれと皆から言われて困ってるけど、出ないよ、いや、出るかもしれない、出ることにやぶさかではない、出ることに意義がある、出たい、出させて、とこれは何活用になるのかよく分からんが、早い話中山センセ、存在そのものが不快です。

 などという話題はいい加減腹もたつのりなので、しばらくお休みしていた懐かしいヒットポップスのお話をしていこう。中学の頃からラジオでヒットポップスを聞いていたが、管楽器をフューチャーしたロックバンドの音は衝撃だった。さらに衝撃だったのは、ガイジンが日本語で歌っていた(歌詞カード見て初めて日本語と分かったのだが)と知ったそのときだった。この手のショックは後年クィーンの「手をとりあって」あたりまで尾を引く。ということで、オープニングは景気よくシカゴの「クェスチョンズ67&68」(もっとも95年のライブですが)をどうぞ。



 ええと、歌詞が聞き取れないという方のために、コレクターズがカツゼツのよい日本語で歌ってるバージョンも貼っておきます。



 シカゴは本格的なブラスロックバンドとしてロックシーンに登場してきたが、初期は結構ヒット曲も多く、ラジオでオンエアされて人気だった。個人的には「長い夜」(これを後年M山T春という、口だけ番長シンガーが同名異曲をリリースして、当時音楽情報に疎かった僕は、何故またもやシカゴが再評価されたのだろうかと怪訝に思ったものだ)、「サタディ・イン・ザ・パーク」「ロウダウン」「ダイアログ」あたりまで全部好きだ。余談だが生まれて初めてのLPレコードはシカゴを買いそうになったことを告白しておく。うろ覚えの記憶だが「創造を産む最大の共同体」なんてライナーに書いてあったような…。ま、ブラスセクションがいるからメンバーの人数は多いからな。

 ブラスロックというと本家のBS&Tなんかの名前が挙がってきそうだが、ここではラジオでよく聞いたヒットポップスというくくり方で進めているので、もう一方のブラスロックバンドは、ご存知チェイス。ホーンセクションが全てトランペットという意表をつくバンドだった。今、聞きなおすとギターの音やボーカルの処理の仕方などは時代を感じさせるが、疾走するトランペットの音は十分魅力的だ。曲は勿論「黒い炎」。しかし、いい邦題だ。何でもかんでもカタカナで表記すればいいってもんじゃないな。



 この「黒い炎」が大ヒットした頃、僕はまだ中学生だったのだが、地元のローカルテレビだったかラジオだったかでしょっちゅう流れていたのを覚えている。まるでMRTのポスター・バザールのときの「ブラック・ナイト」のような使われ方だった、って当時宮崎にいた人間で無いと分からない話題だっちゅーの。いえね、MRTというのは地元のテレビ局なんですが、年末にポスターのバーゲンやるんですよ。僕が思うに、いろいろな販促用のポスターを二束三文で叩き売って、社員の年末一時金の原資にしようという姑息な考えだったのではないかと。そのバザールの宣伝にパープルの「ブラック・ナイト」のイントロ使ってたんですよ。ですから、それ以来パープルの例えば「24カラット」なんか聞いてるときに、例のイントロ聞くと、発作的に「エム・アール・ティー、ポスターバザール」と絶叫してしまう癖がついてしまったのです。まさにパブロフの犬でした。

 などと、超ローカルな話題はさておき、今回の懐かしいヒットポップスは、あまりメジャーなものでないけど心に残るあのメロディ、つい口ずさんでしまったあの歌、的なメニューでお送りしたい。で、次はエジソン・ライトハウスで、曲は「涙のハプニング」。



 エジソン・ライトハウスといえば「恋のほのお」が大ヒットしたグループで、もちろんその曲もいいのだが、この「涙のハプニング」は歌詞もシンプルで確か明星か平凡の歌本に歌詞が書いてあり、ラジオから流れるメロディにあわせて大声で歌ったものだ。ちなみにフラワー・トラベリン・バンドと共演してカナダに来るよう誘ったバンドではない。あちらはライトハウス。こちらはエジソンが付いてる分だけ偉い、などといい加減なことを書いていたら、後年エジソン・ライトハウスとエジソンという2つのグループに分かれたらしい。まるで赤い鳥である。いや、ルネッサンスとイルージョンか。

 ヒット曲は沢山あるけど、なんでこの曲をという話をもう1発。曲名は「I’ll follow the sun」。というと、ああ、ビートルズのコピーかと思われるかもしれないが、いえいえ同名異曲。こちらはショッキング・ブルーです。



 邦題で「夜明けの太陽」という曲で、何故この曲が印象に残っているかというと、高校入試の勉強をしていたときに、だから随分昔の話だって、ちょっと気が抜けた時期もあり、もうどうでもいいやなどと捨て鉢なことを言ってたら当時の別のクラスの担任から真剣に怒られ、何故かそれでハップンして、よし今日は夜明けの太陽が見えるまで勉強するぞと決心して、明け方の4時くらいかふらふらした頭でラジオを聴いていたら、流れてきたのがこの曲だった。もっとも歌詞をぼんやり聴いていたら「Try to forget all about you」とかなんとか出てきて、おいおい冗談じゃねえぞ、せっかく覚えたことを忘れてどうすると一人で突っ込んだのも青春であった。ああ、これも青春(by 吉田拓郎)。

 と、ここまで書いてきたらおなかが空いたので、今から塩スパゲッティを作って食べます。よって一時中断ね。続きはまた後から。

スポンサーサイト

コメント

シカゴはいきなり2枚組でデビューだったでしょうか?登場した頃はなにやら難しい印象がありましたが、その後ヒット曲が出てポピュラーな存在になりました。本郷直樹の歌で「サタディ・イン・ザ・パーク」に似た「♪二人の時計をとめぇて~」というのがあったと思います。黒い炎もショッキング・ブルーもラジオで日曜の朝のヒット番組で出会いました。

> 明け方の4時くらいかふらふらした頭でラジオを聴いていたら、流れてきたのがこの曲だった。

ああ、もう1時間我慢できれば旺文社の大学受験講座が始まったのに(笑)。

で、この多羅尾伴内楽団のような楽曲はいったい何ですか。

雑感

1)当時、「ロックは ギターとキーボード」って感じで、ブラスロックは苦手でした。
  「長い夜」はシングルバージョンの方が コンパクトにまとまってて好きです。
  「ローダウン」の北山修詞の日本語版は、来日記念とは言え、
  「わざわざ日本語で歌わんでも・・」と言う感想でした。
  CHICAGO LIVE IN JAPANも手放しました。録音はしましたが、
  聴き返さないと言うことは、持ってても聴いてないでしょうね。  
2)エジソンライトハウスのこのシングル、持ってますよ。
  当時は、ラジオで紹介されるアーティスト名や曲名が 時々 聞き取れなくて、
  雑誌の立ち読みとか レコード屋に 現物を見に行って確認してました。
  このグループも 「・・?ライトハウス」なのか わからず、雑誌で確認しました。
  懐かしい想い出です。
3)ショッキングブルーのVOCALのお姉さん大好きでした。
  エキゾチックな顔と長い髪と 独特の声に メロメロでしたね。 

60年代のバンド、ブルースマグースの

「サイケデリック ロリポップ」の一曲目 「WE AIN'T GOT NOTHIN' YET」って
ご存知ですか? DEEP PURPLE「BLACK NIGHT」のリフの元ネタではないかと
思われます。当時、DEEP PURPLE IN ROCKのLPジャケットを兄に見せて、
「これシャレてるだろう?」と言ったら 「アメリカに 大統領の顔を 岩に彫った
観光名所があってな。それの真似よ!」と一蹴されました。
それでも BLACK NIGHTとDEEP PURPLE IN ROCKは カッコよかったです。

ですね、必殺2枚組みばっかりで、『シカゴⅤ』で

やっとシングル・アルバムになりました。テリー・キャスのギターも結構熱心なファンがいましたよね。まさかロシアン・ルーレットで死んでしまうとは夢にも思いませんでしたが。

そうそう、恥かし話を一発。僕は中学の頃、何故か把握という単語を「ハヤク」と間違えて覚えてしまい、あるとき確か高校のクラスの討論会かなにかで「一体現実を把握しているものはいるのだろうか」とカッコよく問題提起したつもりでしたが、「現実を飛躍している」と誤解され、「ヒヤクじゃないハヤク」と言った所大笑いされたことがありました。あれ以来悔しくて人と議論するときはいかなる詭弁を使おうとも必ず論破するのだと固く誓い、おかげで碌な人生を送っていません。

人間素直が一番という教訓話でした。

残念ながら、こちらのラ講(この略し方、通でしょ)は

夜の11時からやっていたので、早朝5時に起きて聞かなくても大丈夫でした。また、その時間帯だったので朝が苦手な僕も聞くことが出来たと思います。西尾の英文法とか東京理科大の渡辺先生だったか、東北弁でやる講座が面白かった記憶があります。

で、この曲ですが確かに今聞きなおしてもしょうも無いというか、ちょっとGSっぽいエレキが哀愁を誘いますが、当時はそれなりにヒットしたんですよ。もっとも「悲しき鉄道員」とか「ヴィーナス」なんかとは比べ物にならないけど。

K平さん、中途半端なエントリーですいません

このあと、もう少しいわゆる「一発屋」的なヒット曲をリンクするはずだったのですが…。続編は早めにアップします。

そういえば当時はやたら「ライブ・イン・ジャパン」という名の企画盤でましたよね。まあ、パープルやチープ・トリックのように逆輸入で大ヒットしたアルバムもありましたが、大抵は録音状態もひどく演奏もあんまりテンション高いものはなかったような…。そうそう、僕はポルナレフの「ライブ・イン・ジャパン」持ってましたが、ラストのアンコールのところで通訳が出てきて、そいつが「皆さんご一緒に」と何度も叫ぶのを聞いてシラケた思い出があります。

で、確かにパープルの『イン・ロック』のジャケはカッコイイのですが、『ファイアーボール』のセンスの無さはナンだったんでしょう?

「ファイアボール」のジャケットといえば

むかしむかしファミコンで「ドラゴンクエストIV」をプレイしてたら“フエイスボール”てモンスターが出てきまして
http://fukuda-y1977.hp.infoseek.co.jp/fueisubooru.gif
あ、これ、どー見たってあれが元ネタだろ、と思ったものですが、さて今考えるとどうでしょう。

ちなみにアルバム自体は未聴です。そんなんばっか>俺

まあ、似てるといえば似てるし

どうなんでしょうね。火の玉、生首なんて連想からそういうイラストにたどり着くような気もします。パープルのセンスの無いジャケットシリーズでは『紫の炎』なんかもそうですね。『カム・テイスト・ザ・バンド』も、アイデアはいいけど…。

基本的にアルバムジャケットのセンスはよくなかったと思います。

>ちなみにアルバム自体は未聴です

結構、そんなアルバムあったりしますよ。それも歴史的名盤なんていわれてるものに多かったりして。誰が歴史的名盤なんて決めてるんだ、って話でもありますが。

僕が初めて見に行ったロック・コンサートが中学2年の時のBS&T、その次がChicagoでした。
ブラスロックが特に好きだった訳じゃなくってキョードー東京が呼んだ順番がたまたまそうっだたからです。
でもBS&Tはジャズ、Chicagoはロックって感じだったなぁ。
なのでChicagoは翌年の2回目の来日も行きました。
「ロウダウン」の日本語ヴァージョンは来日前に日本だけでリリースされたべスト盤に収録されていたんでしたっけ?
そんなんでチェイスもけっこう好きでしたね。
オシビサもブラス・ロックでしたっけ?
エジソン・ライトハウスは「恋の炎」しか知らなかったです。

オシビサ=ダンボのイメージで

あのジャケットですよね。象が蝶々みたいな格好で空を飛んでるイラストが強烈でした。ブラス・ロックの匂いもありましたが、僕にとってはアフロイメージが強くて、当時はどうもアフリカというのがよく分からなくて、あまり聞き込めませんでした。今、聞きなおしてみると、これがまたいいんですけどね。

しかし、別のところでK平さんが書いてますが、同時代に現役ばりばりのロックバンドを沢山見ているのが羨ましいですね。また、思い出した話があったら教えてください。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索