死語って簡単に言うけど、使ってるときは生語って言わないだろ

 昼寝をしたあとのぼんやりした頭のまま、デスクトップを開いたらYahooの「みんなのアンテナ」が目に入った。そこに、『続・死語の世界 “死語”とともに懐かしいアノころを思い出してみる? 今ではすっかり聞かなくなった言葉ばかりですが、全部わかったらスゴイ!』とのキャッチがあり、以下の言葉が列記されていた。

ヤッケ
BG
やっこさん
モボ・モガ
E電
ロートル
ヤンエグ
ズック
とっぽい
ランデブー

 で、全部分かったというか知っていた。もっとも日常的には使わなかった単語もあるが、結構歌のタイトルというかそういう関係で知っていたものも多い。とりあえず上からいってみよう。ヤッケとくれば「想い出の赤いヤッケ」である。高石ともやとナターシャセブンは、僕が京都にいた頃しょっちゅうライブをやっていた。宵々山コンサートなども懐かしいイベントである。もっとも当時はその手の音楽に一番興味がなかった頃で一度も見に行ったことがなかった。今考えると勿体ない話である。カルメン・マキさんからいろいろ批判されてはいるが、こういうときにYOU TUBEは便利なので、貼っておく。マンドリンは今は亡き坂庭省吾が弾いている。



 BGとは何か。ウシ型結核菌 (Mycobacterium bovis) の実験室培養を繰り返して作製された細菌、および、それを利用した結核に対するワクチンのこと(Wikiよりコピペ)、ではない。あれはBCGである。このワクチンを接種すると牛になるといわれたものだ。ご飯を食べてすぐ横になると牛になるともいわれた。何事も実証主義であるワタクシはどちらもやってみたが、生憎牛にはなれなかった。このことから先ほどの話は単なる俗説(ウソッパチ)であることが証明できる。ちなみにBCGワクチンの接種は、ツベルクリン反応で陰性であることが条件だったので、ツベルクリンの注射を受けた腕のあたりを必死にかきむしり、なんとかニセ陽性としてBCGを逃れようとするアホガキが昭和の時代は多かったが、そんなもの百戦錬磨の保健の先生に見破られ、頭を小突かれるのが関の山であった。

 で、BGであるが英語が苦手な諸君はヴェルベット・アンダーグラウンドの略では無いか、などと思うかもしれないが、残念(誰もそんな連想はしないか)。ビジネス・ガールの頭文字をとって「商売女」のことである。ゴルゴ13におそらく一番多く登場する女性の職業では無いか。日本では法律で禁止されているにも関わらず、巷にごろごろいる(らしい。僕はそのあたりの世界には疎いのでよく分かりません)。などと書くと真に受ける人がいるといけないので、正解を書いておく。OL(この言葉も死語に近いのかな)という言葉の前に働く女性、とりわけ事務系の女性を指す言葉として戦後(1941年に始まったやつだよ。湾岸戦争じゃないぞ)主に使われたが、本来はゴルゴ13的な意味の単語なのでOLに駆逐され、さらに今ではキャリア・ウーマンになり英語ばっかり使うと欧米かっと突っ込まれるのでお局様という呼び方もあるようだ(ウソ)。

 あ、もう一つ、BGありました。ビーチ・ガールズといって60年代のR&Rバンドで、「サーフィンUSSR」や「サーファー・ボーイ」、「グッド・ビブラフォーン」などのヒットを飛ばしたバンドです。メンバー間の確執で問題作「ベッドサウンドベッドサウンズ(なんかヤラシイな)」が過小評価された時代もあります。などとヨタを書くと、鳥肌音楽の管理人あたりからクレームが来そうなのでやめる。

 やっこさん、うーん、やっこさんね。たしか緑ヶ丘小学校にいた頃(いやー、ローカルだね)、劇で「やっこのたこ平」というのを見た記憶がある。どんな劇だったか、内容はすっかり忘れているのだが、主人公の「やっこのたこ平、お供はつらいよ」というセリフが何度も出て来て、その反復効果が笑いを醸し出すということだけは何故か覚えている。調べてみると児童劇に「やっこのたこ平」というのがあったがストーリーまでは書いてなかった。同じ頃にみた劇で「ベロだしチョンマ」というのがあって、こちらはなかなかに反権力の劇であったが主人公が磔になって最後は殺されるというのが重たかった。

 さすがにやっこさんで音楽モノはないか、と考えていたらありました。コネも何も無い一介の社員が、上司に恵まれ、権力闘争を上手くかわし、日和見主義、ノンポリなどと言われながらもハット気がついたら天下のハツシバの社長になってしまった暇工作じゃなかった島耕作とかいうマンガに出てきました。多分、モデルはウタダヒカルだと思うのだが、この島シャチョーがNYで関係した女性の子供が天才的なシンガーで、彼女の登場で島シャチョーの会社が倒産の危機を回避できるという、ま、ほんまエエカゲンにして欲しいわ、なんやこのご都合主義は、まるでマンガやないか、あ、ほんまもんのマンガやった、というような話があるのだが、その天才シンガーの名前がたしか「やっこ」だった、と思って調べてみたら「Nyacco」だった。読み方は「ニヤッコ」だろうから一概に間違いとは言い切れないと思う、って誰に言ってるんだ、オッサン。しかし、話は変わるがこの島耕作というマンガ、どうしたらこんなご都合主義的なマンガがかけるのか、一度追求しようと思っている。作者の弘兼憲史は若い頃はやたらヒューマンタッチのマンガばかり描いていたが、いつのまにかこの手の、つまり「Will」だとか「文春」だとか「正論」だとか、ま、その辺の本の愛読者が喜びそうな話ばかり描くようになりました。小林のよしりんと同じパターンですな。そういえば「加治隆介の議」などという政治マンガ(!)も描いておりましたな。このあたりは一度まとめて爆撃する予定ではある。いつになるか分からんが…。

 モボ・ボガとは懐かしい響きである。イメージするのはリザードとムーン・ライダーズだ。なんで東京ロッカーズやご長寿バンドが出てくるのだといわれそうだが、もちろん理由はある。リザードはセカンドアルバムの『BABYLON ROCKERS』に「エノケンみたいに歌うのさ、ロッパのように踊るのさ、カモンベービ、それが浅草」と歌っているし、なにより「月光価千金」も録音しているのだ。これはいいよ。是非聞いて欲しい。これはいくらYOU TUBE探しても出てくるはずないので、各自それぞれで探して聞いてください。それでムーン・ライダーズは、個人的に名盤だと確信している『モダーン・ミュージック』である。曲はずばり「モダーンラバーズ」。あ、「ビデオ・ボーイ」でもいいか。このあたりの微妙なセンスは省きます。

 で、面倒になってきたので端折るが、この一連の言葉を面白がっていろいろ調べていくうちに日本語俗語辞典で、面白い言葉を見つけた。「東国ばる」という言葉だ。意味は下記の通り。

東国ばるとは、宮崎に行くこと。
東国ばるの解説
東国ばるとはお笑いタレントであり、2009年現在宮崎県知事を勤めている東国原英夫の苗字:東国原(ひがしこくばる)をひらがなで終わらせ、動詞風にしたものである(「出しゃばる」との合成語という説もある)。東国原氏の特徴を動詞として使うもので、「宮崎に行く」、「忙しくても、いろんな場所に行く(顔を出す)」、「呼ばれもしないのに、どこにでも出てくる」など、複数の意味で使われる。


 あはは、呼ばれてもいないのにジミン党に擦り寄るという意味を加えてもいいかもしれない。で、お口直しに「トッポ」の歌をどうぞ。


スポンサーサイト

コメント

名作『ベッド・サウンズ』(複数形)は僕は持っていないのですが、バター犬がジャケのヤツですよね。畑中洋子の「後ろから前から」に対抗した「ココモ アソコモ」も懐かしいです。『ベッド・サウンズ』が再評価されたおかげで最近はブラジャー・レコード時代の作品も紙ジャケ化されて入手しやすくなったのが嬉しいです。

『ベッド・サウンズ』
1曲目「ナイスですね」に始まり「駄目な僕」「もういいよキャロライン」で締めくくられる、イノセンスの喪失ならぬインポテンツの創出をテーマとしたコンセプト・アルバムの元祖といえる名作です。
アルバム最後に挿入されている負け犬の遠吠えが涙をさそいますよね。

……どうみてもガールズ・グループのアルバムじゃねえなあ。

10年近く前に ・・・

定年後も延長して勤務してた人が、完全に退社することになり
有志で 宴席をもうけました。
その人が 「子供の頃、親父が二号さんを 持ってて ・・・・」って話をしたら
若い女の子(当時24歳位?)が 「二号さんって 何ですか?」と 聞き返しました。
カマトト(これも死語か?)でなく 本当にわからないようで、
中高年のメンバーで 「二号さんって もう死語なの?」と 話したものです。

死語でなく、差別用語との判断で 使えなくなったものも多いですね。
「ジルベールべコー」の「メケメケ(詞:シャルルアズナブール)」に
丸山明宏が 日本語詞をつけたものが 私は コミカルで好きでしたが、
「黒んぼの色男~ 」とか出てきますから 放送禁止なのでしょうか?

言い忘れてました

悲しいかな 「レコード」も ほとんど死語でしょうね。

居間に レコード棚二つ位を置いていた10年近く前でも
子供の友達が来たら 必ず 「これ、何?」と聞かれてました。
今の家には置いてないのですが 今なら 更に 過去の遺物でしょうか。

リザードを引用するあたり流石ですな。その曲は最近では僕が贔屓にしてるChihanaがデビューアルバム"Sweet Nothings"でカバーしています。なかなかいいですよ。それと恐ろしいことに10個僕の中では死んでません。「ランデヴー」を死語にするならスプリングスティーンの名曲をどう説明しようってんだ、ぇえ?!

「キャロライン、ダメ、そこ、そこ」

というヒットシングルもあったし、「不安、不安、不安」というコーラスの綺麗な歌もあったよな。などと、この手のアホ話にすぐ乗るのがDRAC的体質だな。そういえば今日、アレン・クラインが死んだんだって?アルツハイマーになってたらしいから、「レットイットビー」の頃の裏話なんか喋ってないかな。しかし、確実に「時代は変わ」りつつあるな。

あはは、アルバム解説ありがとうございました

うーん、そうやって考えたらガールズ・グループのはずがないですね(笑)。

BGでもうひとつありました。バッド・ガバメントです。レッド・ツベルクリンのジミハゲが作った吸わんソングという反マリファナのレーベルから登場したスーパーバンドです。リードボーカルは元フリー・セックスのポール”夜明けの刑事”ドジャース、ベースはなんと元キング・クレムリンのボス・バレタ!!ファースト・シングルは「満足できねー、やりたりねー」。などというヨタはエンドレスで書けるんだよな…。

うーん二号さん、通用しませんか

ま、これはひとえに昭和のお父さんたちのように、メカケ(これも死語ですな)を囲う甲斐性のあるお父さんが減ったという経済的な側面もあるのではないかと(笑)。しかし、青島幸男が佐藤首相に「財界の男メカケ」などといったことも、もはや通用しないのですかね!?

「メケメケ」いいっすよね~。スネークマンショーの1枚目で加藤和彦が歌ってましたね。美輪明宏は「ヨイトマケの歌」でも、つまらないとばっちりを受けてますが、なかなかの歌い手だと思います。余談ですが、いわゆる放送禁止歌というのは単なる共同幻想だったという、あまりにもとんでもない結論が森達也の「放送禁止歌」に書いてあります。

レコードも死語ですか

と、なるとレコード音楽研究会などというサークルは存在基盤がなくなりますな…。

確かに、まだまだ充分現役の言葉

ばかりですよね(E電とヤンエグはちょっと違うかな)。「ランデブー」と似たような言葉で「ドッキング」なんてのもありましたね。エドはるみが一時期ネタにしていたような記憶がありますが、彼女も世代的には「ヤング」ではないし…。

言葉の賞味期限ってのは誰が決めるんですかね。面白い表現は残したほうが、バリエーションが増えて、人生楽しくなるのに。

しょうもない言葉狩りが多いですわ

King Crimsonのベスト、「濃縮キングクリムゾン」を昨年でしたか、懲りもせずに出てすぐT-シャツ付きの限定版で買ったんですが、「21st Century Schiuzoid Man」が「21世紀のスキツオイドマン」とかいう邦題に変えてあるのを見て、もうアホかとw

あー、やってられんわw

連続爆撃恐縮ですがw

笠置シヅ子の"買い物ブギ"なんて、何が腹立つといって、最近の音源では勝手にデジタル処理して唄消してるんですわ。「おっさん、おっさん、おっさん、おっさん」、「わしゃ、つんぼでわかりまへん」っちゅ~とこを、うまいこと「つんぼ」っちゅう唄のトラックつまんで消してますねん。もう、腹立って、腹たってw

ほんで、おまけで馬鹿ネタなんですが、昨日、四条河原町の客の全くいないネパール料理屋で、飲んでたんですわ。このネパール人の親爺ときたら、私が来たらいつもBlack SabbathとかDoorsとかをかけるんですわ。ネパールで若い頃聴いてたとか言う話だもんで、昨日はつい調子に乗って自分のiPhoneを接続させて貰って好き勝手に曲かけまくって、ウオッカがぶ飲みしながら、唄をがなりまくってましたw

一応配慮して、ネパール人の息子がAC/DCのTシャツとかいつも着てるので、Airbourneの"Stand Up Rock'n
Roll"とかかけたのですが、何故か反応がない。それであまり新しいのは判らんのかと、Janis Joplinの"Kozmic Blues"とかかけたのですが、「懐かしいだろ」と言ったら、親爺知らんとか言うんですわ。こりゃあかんと、Ozzy Osbourneなら知ってるだろうと、Randy在籍時の曲とかTributeまで持ち出してかけたのですが、反応がいまひとつ無いのですわ。う~ん、困りまくりましたw

ほんで、もう好き勝手さしてもらおうとVelvet RevolverのSex Pistolsのカバー”Body”から始まって、Patti Smithの”My Generation”、Siouxsie And The Banshees の”Helter Skelter”、あとは怒濤の鬼曲のオンパレード。最後は、UKZの”Huston”で締めました。ワロタw

「21世紀のスキッツオイドマン」って

そっちのほうが意味が分からんちゅーの。いいじゃねえか、「21世紀の精神異常者」で。どこに、どんな不都合があるんだ、ばかやろー。どうせ、この曲の意味も何も分からず、ただ「精神異常者」おろおろ、いけません、そんなベサツしたら、かわいそうな人たちなんです、みたいな、的な(ここキングオブコメディの今野風に)。

しかし、こんなしょうもない揚げ足取り的なことばかり(ここ「言葉狩り」の意図的シャレ)やっててどうするんだ、みたいな、いや、怒り心頭です。そのうち切れてエントリーに書くことは間違いありません。

barrett_hutter さん、あんまり無茶したら

あきまへんがな。四条河原町で、そんなお店があるんですか。しかし、来店と同時にブラックサバスやドアーズっていうのもアレですな。この手の異文化コミュニケーションてのは、面白そうですな。僕もかれこれ10数年前ですが、当時の会社の慰安旅行で熊本の温泉に行った時、あれはなんというのか、ガイジンで英語を教えるというか、文化交流というのか、あ、海外交流員とかなんとかいう、英吉利人とカラオケスナックで意気投合し、プレスリーからビートルズ、ニルソンまで歌って大いに盛り上がったことがありました。しかし、今思い出すと無茶してたな…。

いや、無茶してませんがなw

こっちも、ネパールのAlbatross Band、Atomic Bush、 Creuentus、Vhumiとかの面白いバンドを教えて貰ってますがな。特に、Changi PaliのAlbatrossは気に入ってますわ。といって、私、どうでもええような異文化交流へったくれには、全く興味ありまへんわ。ただ酒飲んで。気持ちよう歌がなってるだけですがな。でも、さすがにJohnny Winterの「Jumpin' Jack Flash」を、私が本気でがなりまくったら、親爺もびびってましたけどw

いやいや十分無茶ですわ(笑)

へえ、ネパールのバンドってのはどんな音楽やってるんですかね?そもそもネパールの音楽というのが、良く分からん、連想出来ないもんで…。そういや、しばらく大声出して歌ってないな。今度の休みにでも一発行って来ようかな。

>「21世紀のスキッツオイドマン」って

何をいまさら(笑)。
25年前からすでにそうですよ。
ポリドールからアルバム再発された時かな。

正確を期せば「21世紀の精神分裂病患者」ですし
最近の基準では「21世紀の統合失調症患者」ですし
どっちも語呂が悪いので私はやむなしかと思います。

僕の持ってる『ア・ヤング・パーソンズ

ガイド・トゥ・クリムゾン』には「21世紀」入ってないんですよね。アナログで持ってたけど、どっかにいってしまったのでCDで買い直して、たしか今は本箱のどこかに眠ってるはずなんですが。「スキッツォイドマン」っていうようになったのは、確かに昨日今日の話じゃないけど、そこまで萎縮しなくてもいいじゃないかという感じです。まるで「障がい者」という文字を見るようです。

どちらにしても、あのジャケットであの1曲目を初めて聞いた衝撃は、忘れることはないでしょう。

「障がい者」てのは

もともと「障碍者」(「碍」は“さまたげ”の意)と書いて不自由さを表してたのが、当用漢字表による書き換えで「障害者」となり、まるで世の中に害を及ぼす存在であるかのような印象を与えるというので元に戻せという動きが20年前くらいからございます。

むかし全国障害者解放運動連絡会議(全障連) で事務やってた知人に聞いたら、「世の中に障害者に対する差別があるってのを顕在化させるためにも『障害者』てカッコ付きで書いたほうがいいんだ」って言ってましたけど。まあ、“カッコ付き”って昔から左翼陣営好きな表現ですが。
ちなみにその知人は後に精神に変調を来たし、本当に『障害者』になった後、数年前に亡くなりました。
あ、ここ笑うとこなんですけど、笑った理由でその人の品性を判別しますよ、私。


真正面から差別されてる人に向き合って、その人を理解できる人以外は差別ネタ使っちゃいかんですね。


とか、
昨日買った平田弘史「血だるま剣法」を読みながら。
解説を呉智英が書いてるんだけどこいつもあいかわらず底が浅いわ。

予断ですが

> アナログで持ってたけど、
私より年配のdrac-obさんがレコードと呼ばないレベルならこれはもはや死語でしょう。

私はいまだに昔なじみの店は「レコード屋」って呼びますし。

はぁ、そんなもんで人判断するのもなぁw

え~、25年前からそうでしたっけ。まぁ、私King Crimson関連は、Disiciplin Grobal Mobile(http://www.dgmlive.com/)から直接買ってるから、日本版とか全く気にしてなかったんすよ。だってKTU、Trey Gunn、David Crossとか日本版あっても高いから買いませんがなw

>真正面から差別されてる人に向き合って、その人を理解できる人以外は差別ネタ使っちゃいかんですね。

かくたさん、相変わらず難しいこと言いなはんな~。そんな面倒臭いこと、言うたら友達困りはるやんか。実は、私、障害者とかまわりに結構いるから、特別に気にもしてませんけどね。ぶっちゃけ、そんなもんどうでもええような気がしますけどね。
私、友人の1級障害の若い子にも平気で、「ホンマ、おのれは毎度自分の障害を武器にすんな!」っちゅうてボロクソ言うてますけどね。そんなもん、わざわざ哀れみ掛けて、特別扱いしたる気もしませんわ。それ、返って失礼ですやんねぇw

「障碍者」についての説明

ありがとうございました。先に「障礙者」という言葉があり、それが常用漢字の制限で「障害」にされたとが知りませんでした。それだと結局、お国が言葉の言いかえをさせて、それがおかしいんじゃないかというような話になるわけですか。僕自身は「障害」は障害だから何もそんな漢字(「障礙」→「障碍」)に変えなくてもいいんじゃないかと思っていました。

ま、この世の中で一体誰が「健常者」なんだよ、どこにそんなやつがいるのか教えてくれというのがワタクシのスタンスです。僕自身の病歴も傷歴(急遽でっち上げたコトバですが)も立派に「障害者」ですから。

正直、学生時代から障害者問題研究会とか、婦人問題研究会などのサークルに入ってる連中と話はしましたが、どうも根本的なところで合わなかったというか、一緒に麻雀してこちらが勝つと「どうせ、お前らは音楽なんか研究しているサークルだから」とか、いわゆる「上から目線」(このコトバも不愉快ですが、要は「先輩面して」とかでいいのでは)で不愉快でした。ま、こちらは「ハネル」だけだから、ある面当たっていたんだけど(笑)。

あ、アナログと書いたのは

CDと区別して書いただけで、「レコード」という単語はしょっちゅう使っていますよ。もっとも周囲に音楽のことを話せる人間が限られているので使用回数は多くないけど。

買ってる雑誌も「レココレ」で決して「アナコレ」とは言いません。「レコ大」も「アナ大」と言わないし、「レコ倫」のことも「アナ倫」なんて言いません、って「アナ倫」ってコトバ時代が「放送禁止」のコトバみたいですが(笑)。

確かに外盤でCD買うと

アルバムタイトルはもとより、曲名も原題で覚えるので国内盤のタイトルで言われてもピンとこないことが多いです。もっとも、ロックを一番聞き込んだ60,70年代のアルバムタイトルや曲名は勝手に変えて欲しくないですね。ピンク・フロイドでいえばアルバムタイトル『原子心母』だとか)、『狂気』なんてのはそのまんま(by 某県知事)にしておいて欲しいし、シングル・タイトルでは「吹けよ風、呼べよ嵐」(ご存知ザ・ブッチャーのテーマ曲でした)、「夢に消えるジュリア」なんて名タイトルもありました。

まあ、この手のタイトルで未だに最高傑作だと思っているのは「想い出のヨコハマ」ですが…。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索