ごめん、書きたいことは沢山あったけど、つい その2

 だからいっただろ。だいたい日曜日の、それも天気の悪い日曜日の午後3時過ぎにイ○ンなんかに行くのが大きな間違いなんだって。いえね、昨日書いたエントリーの続きなんですが、あれからバカ娘連れてイ○ンに行ったら、まあ車の多いこと、多いこと。僕は屋上の駐車場が好きなので「満車」のサインもなんのその、すいすい屋上に上ったら、あたり一面車の海。駐車スペースではないところにも、車が突っ込んであって、かれこれ10分近くうろうろしたが空いてない。仕方なく下に降りて、建物周囲で駐車場の空きを探すがこちらもでんでんだめ。おっ、空いてたと思うと、すぐ前にハザードつけた車が待機しているとか、あれれと思う間もなく頭から突っ込んでくる車ばかりでとてもじゃないが停められない。しょうがないので子供だけ降ろして、僕は少し離れた駐車場まで車を置きに行った。結局、駐車場の空いてるところを見つけるのに30分はかかってしまった。

 途中、頭にきて子供にもう帰るからどこか目立つ出口に来るようメールしたが、シカメされた(シカメってご存知かな、お父さん方。シカトメールのことだぜ、って子供から教わった流行語を偉そうに使う僕って何?)。それから車を置けたので、電話してみたらようやく連絡がついて、結局タ○レコで待ち合わせることにした。で、そのショッピングモールに入って、これまたビックリ。一体、宮崎のどこにこれだけの人間がいたのか、といいたくなるくらいの人の数。冗談抜きで酸素が薄くて、呼吸が苦しかった(ま、多分に気のせいですが)。各テナントの売り子さんたちもタイムバーゲンとやらで、やたら10%オフを連発して、単なる10%オフじゃなくて値引き価格のさらに10%オフですよ、などと必要以上に叫びまわる。いい加減頭がくらくらした。で、タ○レコに着いたが、子供は買い物を済ませていて疲れていたので、あまりCDを見て回る余裕もなく、何故かウェストロード・ブルース・バンドのコーナーにあった有山じゅんじと上田正樹の「ぼちぼちいこか‘08」を購入。Yahooの動画でPVを見ただけで買ったつもりになっていたミニアルバムだ。

 できれば後1時間くらいはCDやDVDを眺めていたかったが、今回一緒に買い物に出てこなかった下の子から、古本屋で「ひぐらしのなく頃に」の未読本を買って来いとのメールが届いたと上の子がいうので、しぶしぶイ○ンを出た。その後実家に顔を出して、帰り道ブコフに寄った。その間に先日のエントリーにコメントが何通か届いて、特に藤沢周平については心ある皆さんから「さっさと読め」「読んで感想を書け」「読んでもいないのにネタにするな」という無言のプレッシャーを感じて、これはとりあえず1冊買わねばの娘となったのだ。

 しかし、ブコフに行ったら行ったで、やっぱり買いたい本や読みたい本も沢山あって、それらを無原則に購入していると、当然僕の経済力ではすぐ破綻してしまい、そうなったからといって緊急支援してもらえる当てもなく、やはり計画経済が一番、贅沢は我慢のコルホーズとか無駄は出すまい人民公社などといったデッチアゲスローガンで自らを慰めるのであった。で、結局、藤沢周平の「天保悪党伝」と新井素子&吾妻ひでおの「ひでおと素子の愛の交換日記」を購入。特に後者の、日本SF界における偉大な影響を知りもしないバカ娘は父がなにやらヤラシイ系の文庫を買ったのではないかと疑惑のマナザシで、あろうことか晩飯のときに配偶者にチクリやがって、僕は大慌てで本の説明をするというありさまであった。しかし、ちょっと気になったのは2冊とも文庫本なんだけど、本に癖が全然ついていない。いわゆる「万引き本」ではないかと思うと、ちょっと気が重かった。

 で、疲れ果てて家に帰ると、配偶者が「今日はお昼を作ったからもう何も作りません」とサボタージュ宣言をぶち上げてきた。相手の体調が良くないのは知ってるので、まあしょうがないオレが作るか、と思ったがよくよく考えたら昼ごはんは明星チャルメラに野菜炒めを乗せたお手軽メニューだったことを思い出し、そこを追求すると男の癖に器が小さいと子供2人から怒られた。結局、実家からゴーヤをもらっていたので、ゴーヤチャンプルーを作ることにした。で、思ったよりも美味しく出来たので、バクバク食べているうちにおなかが一杯になり、ちょっとだけ横になるつもりが気がついたら爆睡してしまい、日曜日が終わったのだ。

 と、ここまで書いてきて、何か忘れていることに気がついた。そうそう、昨日、意外な反応のあった「昼のいこい」ですが、結構皆さんきいてらっしゃるんですね。僕が土曜日聞いた「暮らしの文芸」は、「夏を感じるとき」というちょっと見は、なにやらヤラシイ系の小説のタイトルじゃないかと思わせるようなものでしたが、そこは天下のNHK、通信員の方も良識ある方でした。表現はもう、それほどはっきり覚えてないのだが、要するに「みなさんはどんなときに夏を感じますか。私はミントアイスが売りに出されると『ああ、夏だな』と思います。今年も近くのスーパーでミントアイスが並んでいました。早速買って夏を実感しました」というようなものでした。しょーもない話だ、と思いながらも、そういえばタモリの1枚目のアルバムに入っていた「お昼のいこい」にほとんどおんなじ話があったなと思い、こういうのもいいのかなと思い直したりもしたのだった。

 で、実はこの後に例の東国原知事の国政への日和というテーマで、いろいろ批判を書くつもりだったのだが、もういい加減嫌になってきたので辞めます。しかし、東君よ、なんで自民党だ!!お前無党派やっていうとったがな。国政どうせ出るなら、社民党あたりから出てやれや。福島党首はオレの高校の先輩や、つまり同県人やぞ。ちなみに土井のおたかはんは大学の先輩や。ま、こっちは宮崎と関係ないけど。なんだか書くのも億劫になってきたので中止。とりあえず、次回はもっと楽しい音楽の話でも書こうっと。で、最後の動画はオマケ。



スポンサーサイト

コメント

そう云えば

双子山親方の奥さんは高校の後輩でしたね。

うちの親父は戦後大宮の定時制卒業なので福島党首が後輩になるので参議院選挙で社民党に投票しているようです。

えーと、どなた様でしょうか?

雰囲気的にはakkun?

双子山親方って、二子山親方、要するに兄弟で角界に入った弟のほうですよね。バナナマンの片割れが未だにギャグにしている…。

名前が入ってなかったようで・・

正解です

ああ、やっぱり

no nameになっていても、なんとなく分かるもんです。で、最近の元JEP関連の情報はいかがでしょうか?
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索