春先は結構調子が悪くなることがあって

 朝、起きたときから頭が痛かった。天気が悪い(湿気が多いとき)と僕はよく頭痛になるが、今朝はとてもきれいに晴れていてぽかぽか陽気で決して頭痛が起こるような天候ではなかったのだが。それでも、会社でバタバタしている間に痛みも薄らんだが、夕方雑用で外出しそのときにコンビニに入ってからまた頭痛が再発した。しかも、なんだか目が見えなくなったというか、目の前がやたらきらきらしてモノが見えにくい。立ちくらみみたいな感じがしたので、車のシートを倒して10分ほど休んだ。それでも頭痛とめまいは治らず、いつもより早めに家に帰った。家で血圧を測ったら全然異常がなくて、なんだか騙されたような気がしたが、それでも頭の重いのは治らない。食事をして、blogの米返しを書いたら寝ようと思った。

 それでも米返し書いていると、いろんなことが頭をよぎり、ええい、この際だ、懐かしのヒットポップスのエントリーでも書こうかと思ったが、そんなことをして余計興奮して眠れなくなり、明日に差し障ったらちとまずいので、今日は大人しく寝ようと思う。それでも、昔友人から聞いた話を思い出して、なんだかそれが頭から消えないので、その話だけ書いて寝ることにする。

 以前、何度かエントリーに書いたことのある高校からの友人のS藤君の実話である。彼は中学からの同級生と大学卒業後すぐに結婚し、一時東京で働いていたが奥さんの会社を継ぐことになって地元に帰ってきた。その頃の話だ。彼の会社と自宅は同じ敷地にあり、家を出ると目の前が会社という、職住隣接の大変羨ましい環境であった。その会社で彼は社長の右腕としてバリバリ仕事をしていたのだが、彼も実は偏頭痛持ちでその症状に悩まされることが多かった。

 ある日、彼が会社で仕事をしていたら、偏頭痛が突然嵐のごとく襲ってきた。その痛さは今までのものと比較にならないくらい激しく、孫悟空の緊箍児もかくやといわんばかりの痛さだったらしい。ほとんどの頭痛持ちの人はマイドラッグを持っており、僕はノーシン、私はサリドン、あなたはバッファリン、で、これなんですか(by スネークマンショー)という展開になるのだが、生憎その日S藤君は常備薬を切らせており、それでも我慢していたがどうにも堪えられなくなり、家に帰ったらしい。

 家のドアを空けるのももどかしく、額に手を当てて顔面蒼白になりながら、彼は奥さんに「あ、あたまが、頭が割れそうだ・・・」といった。それを見た奥さんも顔色を変えて絶叫した。「お父さん、それは頭痛、頭痛よ!!」遠ざかる意識の中、S藤君は自分が今頭痛であることを認識したらしい。「ああ、オレは頭痛だったんだ、なんだ頭痛だったのか、そうか頭痛だったんだ…」

 なんか、書いててもこの話を初めて聞いたときの笑いは起こらないな、やはり頭痛で調子悪いみたいです。お口直しにスネークマンショーの「これなんですか」をどうぞ。



スポンサーサイト

コメント

要は裸で寝るから風邪ひくんですよね。

まあ 私も 頭痛持ちでその上 咳がひどいのですが・・・・

あらあら、実は私も頭痛持ち。
ここ数日、ずっと薬を飲んでいます。
肩こりと、眼鏡がもう合わなくなってきたせいだと思うのですが
それにしても、辛いものですね。

ドラさんも薬を飲んで早めにお休みください。

ガキじゃないんだから裸で

寝たりなんかしない。しかも風邪ではなく、「頭痛」だと書いてあるだろ。もっとも僕は頭痛薬はなるべく飲まず、総合感冒薬を飲んで、ぼんやりした頭で寝ると結構早く治るので今回もパブロン飲んで寝たら、よく眠れて頭痛もすっきりじゃないけど、まあまあ治った。

ところで、この前のキャンプで気がついたけど、元JEPの連中喫煙者が大杉。タバコやめると咳は止まります。これは体験上確信を持っていえます。

ああ、そうか目から来ていることもあるか

MM21さんの指摘、大正解かもしれません。そうえいばメガネのレンズを長いこと変えていません。多分、今の視力とあってないんでしょう。肩こりとかは僕はぜんぜんないので、目のほうが原因だと思います。目薬さして、暗いところで本を読むのはやめよう。それより眼科に行かなくちゃ!

ここ2年ほど

私は近所で女の子がお酌してくれるお店などに入り浸っておるのですが
さる店で
女「今日風邪気味で鼻がつまってるの。ごめんね」
私「いいよ別に。好きなときにかんでいいよ」
女「あ、私、鼻かめないの」
私「え?子供のころに習うだろ、そんなの」
女「うん、お母さんに『チーンてしなさい』て言われてやったけど何にも出ないの」
私「……あのさ、『チーン』てのはよく言う表現だけど、実際には『フン!』だから」
女「そうなの?」
私「口で『チーン』て言っても何も出ないから」
女「そうなの?」
私「だって口で『チーン』て言ったって、空気は口から出るから鼻には何の影響もないだろ」
女「そういえばそうだけど」
私「いいか、鼻をティッシュで包んで、『フン!』てやるんだ」
女「そうなんだ」
私「あ、その時、鼻の穴を片方ふさぐ」
女「え、そうなの?」
私「だって両方の穴が開いてたら息の勢いが半減するだろ。片方ふさげばそっちの息ももう片方の穴から出るだろ」
女「あ、そっかー」
私「ちょっとティッシュ持ってきて試しにやってみろ」
女「え、やだー」


その後、何度か聞いてみましたが、いまだに鼻かんだことないみたい、その子。
正確には知りませんが、その子、あと3年もすると40になるはずです。

>近所で女の子がお酌してくれるお店

その詳細なレポートをヨロシク。

>その子、あと3年もすると40になるはずです

バッチグー、です。ど真ん中ストライク、これを見逃す手はないと…。おーい、Purple_Hazeさん、お互い大好きなコースですよ~。

来ましたな!

ど真ん中の一番バットの出やすいコースです。
ただこの子みたいにあれこれ手がかかりそうなタイプよりは、こちらがじっとしていても尽くしてくれる方が良いっすね。
でも見逃しはしないです。
食らいついてでもバットに当ててtいきます。

あの~~~~~

ハダカで寝て風邪をひいたのはスネークマンのつもりで書いたのですが・・・・・・

うん、大振りせずにこつこつと

当てていきたいですね。好球必打の姿勢こそが我々のポリシーですから(笑)。しかし、このところ打席に立つ機会がチョー少ないんですよ。そういうことじゃいかんと、分かってはいるのですが、これから日々研鑽、いつ実戦でも遅れを取ることがないよう、日頃のバッティングを鍛えておきたいものです。って、なんの話で盛り上がっているのか…。

え?スネークマンのネタ?

ちょっと出てこないけど、どんなやつだったっけ?ちなみに僕は咲坂と桃内のネタは大好きで、それより好きなのがジャンキー大山ネタです。こなさ~ん、みんばんは~。まかいあんこ食べてますか~?なんきんにいったですか~?センキュー、センキュー!!

確かに

実戦から遠ざかっているのが一番の問題点ですな。
いかに日頃の切磋琢磨が大切とは言えある程度のレベルは保っていかないとですからね。
なかなか奥が深く難しいテーマですね。

昔、川上哲治は

「ボールが止まって見えた」という名言を残しましたが、その境地に達するまで我々はまだまだ修行が必要だと。なにせ、あの道は実践につぐ実戦(ここ意図的です)でのみ、鍛え上げられるはずですから…。

うーん、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ…(以前、毛むくじゃらのダルマみたいなオヤジがアグラかきながら繰り返していたような…。たしか「商工」とか「焼香」とか言う名前で…)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索