蕎麦屋の風鈴

20090308234716
普段は粗食の我が家だが、本日は子供の合格祝いで焼肉を食べに来た。県外の大学に行きたいと言っていた上の子供も、僕の経済力を理解して、地元の大学に進んでくれた。情けないが、ありがたい。不良オヤジには出来過ぎの子供だ。

しかし、ここで弱みを見せる訳にはいかず、ナムル・オイキムチをご飯にぶちまけて、変則ビビンバにした。ああ、銀閣寺の花山が懐かしい。

で、家に帰り大学進学の手続きをしてたら、なんだこれはという事が沢山あった。その話はまたあらためて。

そうそう、焼肉屋は鹿児島本店の○島、昔フローラがあったビルが今も本店なんだろうか??
スポンサーサイト

コメント

ん、オメデトございます。
ウチは合格祝いは回転スシでした。
嫁は不満気でしたが本人が望んだからイイんですw

まぁ、結局本人の問題ですわ

親の経済力云々と言いますが、そんなものに責任感じる必要ありませんがな。出来さえ良かったら、今少子化なんですから、なんぼでも奨学金とか取れますやん。それに先々自分で勉強したくなったら、社会人向けの夜間大学行ったらええわけで。

でもね、中学、高校なんてどうでもいいですが、大学は良いところに行った方がいいのですけどね。drac-obさんも良く理解しているように、集まる所には集まるワケでw まだ感性の柔らかな頃に、そういう所にいることが重要なんでしょうな。

大学生に・・・

おめでとうございます。
希望校ならなおさらのことでしょう。
良かったですね。

イカさん、ありがとうございます

回転寿司という選択肢もあったのですが、上の子供が偏食で刺身の類がダメで、タマゴとから揚げくらいしか食べられないので、今回は焼肉にしました。配偶者はみんなおなかが空いてるから○来軒のラーメンがいいんじゃないか、などと全人民を敵に回すような発言をしましたが、当然却下でした。

イカさんちのお子様もなかなかユニークな「小僧」ですよね。また楽しい日記期待しています。

barrett_hutter さん、ありがとうございます

確かに、経済的なことは解決方法がありますが、知に対する好奇心や関心は本人次第ですから、こちらから強制したりヘタにアドバイスするのもどうかと思っています。

今日は久しぶりに高校に書類を貰いに行ってきたらしいのですが、友人達の受験結果を気にしていました。高校の進路指導部というのはいまだに大本営発表的な感じみたいです。30ウン年前といっちょん変わらんというやつですか。

>集まる所には集まるワケでw 

そうなんですよね。そういう環境にいることが大事なんですが、どこまで分かっているのか…。

sawyer先輩、ありがとうございます

今日、K平さんからもお祝いのメールを頂いたのですが、そこに当時のDRACの大学受験結果の話なんかが書いてありました。勿論みんなD大生でしたが、国立はどこを受けたのか、私立はどこを蹴ってD大に来たのか、それぞれ見栄やメンツの張り合いみたいな話もあって、いまでは笑い話になりますが、当時はそれなりに真剣に話していたような気がします。

うちの子供の場合は、本人の第一希望はセンター試験の結果ちょっと厳しいことが分かり、いろいろ考えた結果地元の大学に進むことになりました。しかし、オリテの説明や入学の手続きをしていると、まるで自分がもう一度大学に入るようで結構楽しめます。勿論、頭にくることも沢山あり、これはそのうちアップしたいと思います(あっ、書いてしまった)。

おめでとうございます。

○べしまの本店は天文館じゃないでしょうかねぇ・・
本社は中山にあるんですが。

zappyさん、ありがとうございました

○べしまの本社は中山ですか?知らなかったな。しかし、あの地名を「ちゅうざん」と最初から読める人はいるのかな。僕も営業で回ったときは「なかやま」と読んでしまい、一発でヨソモノというのがバレテしまった記憶があります。そういえば、君は確か肝属郡吾平町(「きもつきぐん あいらちょう」と読みます)を「ゴヘイ」と読んで串良町のお客さんに激しくバカにされたことがあったな。人間、知らないことは聞くのが一番ということだな。

ええ、ここでワタクシの座右の銘を一発。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」、いやー、人間かくありたいものです。と、最近人間が出来すぎて困っているdrac-obです。

あいらと言えばですね

「吾平」という居酒屋がありまして、「店名は“あいら”なの?」と聞いたところ、『いえ、“ごへい”ですっ!』と力一杯否定された事もありますな(笑)

つうか、その読み間違いって俺のエピソードですか?
まぁ最近、都合の悪い事は全て忘れるようにしてるんで、全く憶えてない訳ですがw

君がまだ新人でG藤君なんかと一緒に

営業していた頃の話だ。僕はG藤君の同行をしていて、君はT岡さんから動向指導を受けていただろう。テリトリーは鹿屋肝属方面だった。君はある程度仕上がったので、単独で回っていて僕は偶然串良町(もしかしたら東串良だったかもしれない)で君の車を見つけて、呼び止めたときに聞いた話だよ。間違いないっ!!

しかし、あの頃は桜島フェリーが10時で終わりだったからつらかったな…。滑り込みセーフでしかもうどん屋がやってるときは嬉しくてしょうがなかったけどな。ああ、フェリーのうどん食いてー!

おめでとうございます

とにかく一段落良かったですね、おめでとうございます。
私なんぞは極道息子でして、親が良いと思っていた学校がどうしても嫌で嫌で、ワザと悪く振舞ったわけではないが、「いやだなーこのガッコ向いてないなー」が顔に出てたんでしょうね。正直面接の際に向こうの心証が悪い感じだったので「これは筆記は良くても面接で滑ったなー」と思ったら案の定。発表を代わりに見に行った母親を泣かしたことがあります^^;。思い出すとちょっと心が痛むけれど、どう考えてもあわなそうな学校だったのでしょうがないです、こればかりは。
確かに大学はいろんな意味で良いところに行くのが良いですね。
そういえば話は逸れますが、地方だと「出身大学よりも出身高校名が大事」(大学は他所でも、Uターンした際に出身大学の名より、出身高校の名のほうが受け入れられやすい)という雰囲気の場所もまだ多いですね。ウチの地元もそうなんですが、熊本はそれが強烈で、しかもプライドの高い人が多く、他県出身者は結構しんどい、と「宮城出身でたまたま熊本が初任地だった人」が言っていました。

九州全体にその傾向はありますが

特に熊本はその傾向が激しいみたいですね。僕も学生時代、九州出身の連中とよくつるんでいましたが、熊本の人の郷土愛はすごいなと思うことしきりでした。僕のいたサークルに「すんません、このサークルにアカはおらんとでしょう」と言って入ってきた男も熊本出身でした。話してみるとキップのいい九州男児でしたが、家がガチガチの保守系の議員の家で「アカはゼッタイあかん」とシャレみたいなことを言われて、入洛したそうです。でも、いい男が多かったな、熊本人は。もっとも、「もっこす理論」には閉口しましたが…。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索