知的退廃も、ここまでくれば

しかし「砂の女」だけですか、最近書店でも見かけなくなったな
コモン君がデンドロカカリアになってしまうぞ。
スポンサーサイト

コメント

う~~~~~~~ん   納得!!!

お、意外なところで反応がありますな

前後をミステリ作家に挟まれているのは、多分本人が生きていても全然気にしなかったろうが、この漢字の間違いはアリエナイザー(by きっこ)だ。少なくとも安部公房の小説を1回でも読んだことのある人間だったら間違わないな。

そういえば以前も別の新古書店で、元バービー・ボーイズの杏子のアルバムが「あ」のコーナーに置いてあってビックリしたことがある。「あんこ椿は恋の花」などと洒落てる場合ではないのだ。

あべ元総理ってどんな字でしたっけ?
って思うとそんなものかも知れないですね。
さすがはBOOK OFF!!!

うーむ

デンドロカカリ“ヤ”ではないですか、とひとつツッコミを(笑)。
山田まりあとか竹内まりあとか。

あ、そういうの探して銭いただく商売です>私

あべ、と平仮名で書くと

我が麗しのあべ静江サマしか出てこないが、何か?

そういえば君もブック○フは目の敵にしているというか、店員の(店舗の)商品知識の無残さをネタにしているな。しかし「S」のコーナーにサージェント・ペパーが置いてあるというのもシュールですが…。

お恥ずかしい、そのとおりです

デンドロカカリアではなくてデンドロカカリヤでした。竹内まりあの間違いは以前、sugarmountain君に指摘されたことがあり、それからは間違わなくなったのですが、デンドロはブック○フでこの「阿部」先生のプレートを見た瞬間、怒りがたぎってきてその場で写真を撮って投稿したので、「ア」だったか「ヤ」だったかよく思い出せなかったんです(などと言い訳を)。

しかし、安部公房も一世を風靡した作家ですが、今やハードカバーはもちろん文庫もなかなか見かけません。個人的には「人間そっくり」や「榎本武揚」なんかをまた読み直してみたいです。彼の小説やエッセイは大好きでよく読んでいましたが、一番好きだったのはあの寡黙な表現、文体ですね。僕の文章は明らかに彼の影響を受けています(んな、はずはないな。単なる理想、憧れでした)。

これ

いいです、単発絵日記?的なエントリー大好きです。

爆笑しました。

空き時間に町中をぶらついていると

ときどき変なものを見かけたりします。たいていはその瞬間面白がるだけで、忘れてしまうのですが、この手の「ふざけんじゃねーよ」的なものは写真にとってエントリーのネタにするようになりました。あまり文章でだらだら書くより、写真とちょっとしたコメントだけでもブログって成り立つんだと最近になってようやく気がつきました。

また、オモローなネタがあったらアップしますね。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索