うーん、やっぱりナルコはんは可愛かったな、などとしみじみと思うのだった

 先々月、「インロウタキンは金太郎印」というタイトルでエントリーをアップした。内容はYOU TUBEで偶然見つけたINUの81年クロコダイルでのライブ映像が中心だった。その中で「つるつるの壷」や「フェイド・アウト」のような曲も見たかったと書いたのだが、今日偶然それら2曲プラス1曲の動画を発見。天は我を見放さず。ボーナス無くとも子は育つ。前振りはどうでもいいから早くしろという声が聞こえるので、早速「フェイド・アウト」を一発。

 演奏スタイルや服装から見て、以前アップしたクロコダイルでの同日のライブだろう。映像も多分同じ人間が撮っていると思う。可能性としてはこのライブ(当時の演奏能力とレパートリーから約1時間弱の演奏だと思うが)丸々ビデオに撮られているのではないか。アップした人は違うようだが、一度に連続してアップすると削除されるのではと考えて、断続的にアップしたのだろうか。しかし、誰が一体何の目的で撮ったビデオだろうか。ライブハウスでの演奏なので、やはり何らかの関係者でプライベートに撮っておいたものが流出したのだろうか。余計な詮索はいいか。2曲目はエッセイのタイトルにもなった「つるつるの壷」。

 ♪写真屋のおっさんの石で刻み込まれたようなしわ オレはお前が愛おしい クソまみれにしてくれ~と何ともシュールな導入からラストの♪つるつるつるつる、つるつるの壷ッまで一気に聞かせる。しかしこの作詞能力というのはどうやって磨かれたのか。このエントリー最後にその謎が解明される。おっとその前に「ダムダム弾」をお届けしよう。

 この「ダムダム弾」は暴力団とか応援団とかいった団ではなく弾、タマのほうである(当たり前だ、字を見れば分かる)。この歌の中で「オレはそれを高校でなろた」というフレーズがある。なろた=習ったの関西弁であるが、この部分をどう聞き間違えたのか、某ロック雑誌に「町田はスゴイ。自分の学歴をちっとも気にしていない姿勢はパンクだ。何しろ『オレは高校出なのだ』と何度も断言している」というような記事が出ていて、ケッ、関東者にINUが分かるかと毒づいた記憶がある。あ、それと思い出しついでに書いておくが、こちらはFM○阪のDJをやっていた某氏、「最近関西も若いロックバンドが出てきて頼もしい。特にお勧めはアイ・エヌ・ユーだ。ボーカルが独特でベースが女の子だがなかなかいい」などと放送で喋っていた。ご本人がINUを聞いたことが無いのがばればれの話だ。それと思い出しついでに書いておくと、僕が大学最後の年に行ったサークルの学園祭のイベントで「PROPAGANDA」というタイトルで、当時の関西ニューウェーブ系のコンサートを行ったのだが、そのときのトリをINUにお願いした。そしてそのときの演奏をラインで録音していたのだが、ちょっとしたことがきっかけで手放してしまった。それから20年近くたち、某ルートでINUのD大でのライブテープが市場に出回った。聞いてみて確信した。僕達のイベントのときのテープだ。売りに出したやつも見当がついてる。あの野郎、結局は商売人だったのか。

 ちょっと話がそれた。それでは最後に町田町蔵の歌詞作りの秘密を披露しよう。このブログ読んでて良かったと思われること請け合いである。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索