道なき道をがむしゃらに手探りで走ってきた、今まで…(by頭脳警察)

 今朝は、どんよりした空に力の無い太陽の光が印象的な一日だった。南国宮崎でもちょっと珍しい真冬の雰囲気、まるで2月くらいの寒さの一日だった。こんな日は生まれ育ったロンドンの空を思い出して憂鬱になる。などと嘘八百を書いて今日の空しさを誤魔化そうとするのであった。なんでまたこんな事を書いたかというと、今日は一般的に人間には1年に一度やってくる誕生日だったのだ。もう何十回もこの日を迎えているので特別な感慨は何も無い。このところ家庭内では配偶者と恒例の冷たい戦争真っ最中だったので、今日の日もいつもと同じ One Of These Daysであった。出掛けに配偶者が機嫌を取るように「今日は何が食べたい」などと聞いてきたので「別にいつものでいい」とハードボイルドの塊みたいな返事をした。「ステーキが食べたい?」などと畳み掛けて攻めてくるので、グビと喉がなったが『武士は食わねど高楊枝』と心で呟き、「何も特別な事はしなくていい」と吐き捨てるように言って仕事に行った。


 相変わらず、年末に向けてあわただしい仕事が続き、修理に出したパソコンも戻ってこない。僕の仕事はやろうと思えば何時まででもエンドレスに出来る仕事なので、キリが無い。まあ、今日は少し早く帰って、のんびり本を読んで過ごそうと思い7時過ぎには家に帰った。このところ読んでいる本はずいぶん偏っていて、この前ブック○フで見つけて買ったマンガの「神聖喜劇」と、浦沢直樹×和久井光司の「ディランを語ろう」、あとは月間の音楽雑誌やスキャンダルマガジンの「紙爆」なんかだ。「神聖喜劇」はちゃんと活字で読めとお叱りをいただきそうだが、何度かトライはしたのよ。しかし、あまりの膨大さに気が遠くなり投げ出す事数回。ちょっと読めないなと諦めていたのだが、偶然ブック○フで1冊250円で1,2巻が出ていたので買って読み始めたら、もういけません。重苦しい話だが次が気になって、今日も仕事の合間に新古書店を回ったが、そうそう都合よく3巻以降が置いてあるはずもなく、さて、今月は小遣いも乏しいのでどうしようかと迷っている、不惑を疾うに過ぎたナイスミドルであった。

 このところ気分がいまひとつ盛り上がらないのは旧日本軍の話など読んでるせいだと思い、気晴らしに「ディランを語る」を買って読んだのだが、こちらも失敗であった。僕は正直ディランの良き聞き手ではないが、それにしてもこの本の中でお二人はディランを絶賛しすぎてるような気がしてならない。比較対象としてビートルズが出てくるが、その視点にもやや疑問がある。いや、もっとはっきり言うと、ちと不愉快な部分もある。ディランが好きなのは分かるが、「ひいきの引き倒れ」になってはいないか。もっともこちらも筆者の二人より、岡林やパンタがディランについて語っているのが気になって買った本なのだが。そうそう、この本で一番違和感を持ったのは、いわゆる自分たちが本当のロック世代でそれは57~8年生まれから60~61年生まれの「独特な感じ」で表わされるという言い回しだ。ちょっと待てよ、といいたいがまあ僕も「いい大人」になったので、批判はしない。なんだか書いていて気分が乗らないので、ちょっと陽気にスパークスでも見よう。


 それで、家に帰ってみたら机の上に箱があった、なんだろうと思って開けてみたら腕時計だった。以前使っていたGショックのやつはベルトが千切れてしまい、それ以来携帯電話を時計代わりに使っていたのだが、それを家族みんなが知っていてプレゼントしてくれたらしい。一瞬ホロッときかけたが、「いかん、これも罠だ。これでオレを喜ばせてもっともっと馬車馬の如く働かせて、その結果の甘い果実だけはオンナコドモ3人で分かち合おうという陰謀に違いない」と冷静に判断し、それでも僕は「いい大人」になったので「ありがとう」といっておいた。あ、いけねー、もうすぐで20日だ。誕生日はたった1日しかないのだ、では、今から寝て次こそはまともなエントリーを書くのだ。今日は思いつき、頭に浮かんだ事だけ出鱈目に打ったのでまとまりはまるで無い。まあ、いつもの事だが。ああ、ちくしょう、この辛気臭さはなんだろう。景気付けにクラッシュを一発。


スポンサーサイト

コメント

いや、そんなものでしょう

友達からは変わりすぎたと言われ、教師からは許せない奴と言われ、意味のない妥協の日々を強いられる~。

柔術の稽古でアキレス腱伸ばしました。全治3週間程度でしょうか。先日、その流派の忘年会の後で、10年ぶりぐらいにカラオケ行ったのですけどね。さすがに、私が歌う唄ないです。まさか、頭脳警察とか歌うわけにもいきませんからw いや、私は平気なんですけど、回りが引きますでしょう。だから、黙って酒飲んでました。

まぁ、年取るなんてそんなもんでしょう。とりあえず、無事1年過ぎたのは、幸福なことです。とりあえず、おめでとうございます。

そうですね、ありがとうございます

考えてみれば、ほんのちょっと前までプーで仕事も無かったところから、何とかパクラれても一応会社員という身分であることは、世間的には一安心ですから。まあ、人間の本質なんてそうそう変わるものじゃないし、基本的な姿勢は『頭脳警察セカンド』あたりから全く進歩が無いので、「それでも私は」の歌詞が身に滲みます。

アキレス痛めたとの事、お大事にされてください。寒い時期の怪我はつらいものがありますが、お大事に。おっと、「アキレス・ラスト・スタンド」が無性に聞きたくなったな。YOU TUBE探してみよう。

色々ありますが、私も幸福でしょうかね

今更なのですが、多分私は幸福なのでしょうね。そりゃ、この年になっても相変わらず世間のことは良く判りません。ですから、思い通りに生きられない夜には、懲りもせずにJanis JoplinのKozmic Bluesを何度も呆然と聞き続けるような奴です。ですが、そういう不満だとて、暗黙のうちに何かを他人に期待するから腹も立つワケでw それは、単なる我が儘なのでしょうね。もっとも、それを判っていても、結構自分をもてあましてますけどね。

まぁ、年取っても、そういう点はあまり変わらないものですね。

おおお~、遅くなりましたが

 お誕生日おめでとうございま~す♪

おめでとうございます

お誕生日おめでとうございます。
冬生まれが似合いますね。

ハッピバースデートゥーユー♪

ハッピバースデートゥーユー
ハッピバースデーディアどらちゃ~ん
ハッピバースデートゥーユぅ~
(ひゅーひゅー!わーパチパチ!v-424

>配偶者と恒例の冷たい戦争真っ最中

な~んて、またまたもぉ照れちゃってもぉっコノコノ!!i-237
ステーキが食べたい?と聞いてくれたり、プレゼントをそっと机の上に置いてくれたり… 最高に素敵なバースデーになりましたねv-25
やっばり誕生日って、嬉し楽しドキドキわくわくですねe-51

>いかん、これも罠だ。

その通り! 優しくて楽しいご家族のため、これからも道なき道を馬車馬の如く
走り続けてくださいっe-248e-282

メイビーというとルー・クリスティの

「魔法」か、それともハリー・ニルソンのそのものズバリの「メイビー」かちょっと迷いますが、まあ「かもしれない」という意味では、僕の幸福は「メイビー・トゥモロゥ」かもしれません。いや、「メイビー・サムディ」かな?

しかし、憮然として深夜にジャニスを聞いてるbarrett_hutter さんを想像するのは、なかなか楽しいです。ジャニスがイアンじゃなくてジョップリンというところがbarrett_hutter さんらしいですね。

燐さん、色付きのメッセージ

有難うございます。そうか、FC2のコメント機能は色付きや太字、打消し、絵文字などいっぱいバリエーションがあったんだと、再認識しました。どうも根っから活字人間というか今はテキスト人間というべきか、まあ、いわゆる文字を延々と書き続けるタイプなもので、シュウショクといってもゲットジョブのほうでは無く、飾り付けるほうの修飾とは無縁な人間なモノで(弁明しなくてもエントリー見たら分かるってか)、ああ、お恥ずかしい。とにかくアリガトね。

美咲dahlia ちゃん、こちらではお久し振り

もう、すっかりお見限りなんだから、などと年甲斐も無く拗ねてみました。

しかし、「冬生まれが似合う」って、勝手にいいイメージ連想したけど、はたしてその真相はいかに。まあ確かに夏だ、サザンだ、チューブだ、なんていうタイプじゃないのは間違いない!

猫だぬ、きさん、歌のプレゼント

おっと、違った「猫だぬき」サンだ。それとも半角スペース入れて猫だぬき さんとすべきか(習った事はすぐ使いたがる、こういうのが進取の気性というのだ)、どちらにしても歌のプレゼントありがと。

って、ニコニコしながら読んでいたら、やっぱり最後は落ちがあるんかい。一度持ち上げて最後に落とすのは猫や狸の生物としての本能だろうか。一度シートン先生に聞いてみよう。それともケペル先生がいいかなって、今時の人はケペル先生しらないって。あ、ということはコペル君(by「君たちはどう生きるか」吉野源三郎)も知らないのだろうか?

言語は伝達の手段です

素直じゃないよなぁ。せっかく奥さまがステーキと言ってるのに、ご家族がプレゼントを用意してくれたのに。
口下手だから、やれ「武士は」とか「オトコは」とか振りかざしているけれど、ちゃんと表現しないと「なぁ~んだ、たいしてよろこばないのね…」ということで、だんだん寂しい誕生日になっちゃいますよ。これは“負のスパイラル”です。
「それもよし」と受け流せる性格ならいいけど、人一倍ひがみっぽいんだから、執念深く「○年の誕生日に、何もしてくれなかった…」なんてのを、覚えているでしょう?
恥ずかしがらずに、よろこんで見せるのも、オトコの勇気かと思いますが。
なにはともあれ、お誕生日おめでとうございます。
drac-ob さんがお生まれになったからこそ、ここでバカ話もできるわけで。出会いに感謝しつつ。

こんちは~、NHKの集金で~す! じゃなくて、回しモンで~す!

BSまるごと大全集「日本のフォーク&ロック」
http://www.nhk.or.jp/folkrock/
本日 午後8:00~11:30 NHK衛星第2

(HPよりコピペ)
この番組では、和製フォーク&ロックが最も輝いた時代の名曲にスポットを当てます。みなさんからお寄せいただいたエピソードを紹介しながら、当時の貴重な映像をご覧いただくとともに、ゲストのトークや生演奏を交えて、その心地よいメロディとサウンドを3時間30分にわたってたっぷりとお楽しみ頂きます。

(※ワタシ的には次の番組のティナ・ターナーも楽しみ♪)

えーっと、ぬかりない drac-ob さんのことですから当然チェック済みとは存知つつ… 先日、NHKで放送された エボラ出血熱の特集番組を 黒木 燐さんがノーチェックのために見逃され、あとで 「そんな番組やってたのか~知らなかった~ orz」 と悔しがっておられたのを見て、「ああ私ったら、事前に知ってたんだから 『こういう番組やるよ~』 とひと言お知らせして差し上げれば良かった。あとで 『あらぁ~残念ですねぇ~w 燐さんやっぱり日頃の行いが悪いんじゃないっすか~?w』 と心からの同情をするのもいいけど、やっぱりお節介でもいいから関心がおありの分野の番組等があるときは事前にお知らせして、『んまぁ猫だぬ、きさんなんて気が利く親切な人なの~』 と思われるほうが長い目で見れば私自身のためになるかな~と思いまして、こうしてお知らせに上がった次第です。

ところで、

>一度持ち上げて最後に落とすのは猫や狸の生物としての本能だろうか。

一度も持ち上げず、いきなり叩き落とすこともできますが、何か?

良く考えたら

女房にメニューを聞かれたり、家族から時計貰ったり。良く考えたら、このエントリーはなにげに自慢してるワケっすかw こらこらw

とか書きながら、私もGil Scott-Heron & Brian Jacksonの「The Bottle」なんて聴いて、女房と寝酒飲んでるワケですが…w

僕の性格は竹で割ったような

さっぱりした性格だとみんなから言われています。狸さんは、何かごかいしていらっしゃるのでは?ひがみとかうらみつらみなどという単語は僕の辞書にはありません。あ、でも執念深いというのは否定できないか。

などと書いていて顔から火が出たわ!!なんでオレの行動パターンというか思考回路が分かるのか、そうかテキは「心の妻」だったか。

猫だぬ、きさんNHKの回し者だったか

などと、妙な所で「、」を打つと本当に意味が変わってしまう今日この頃です。貴重な情報有難うございました。ただ我が家はNHKの受信料を払っていない(正確に言うと、今年の1月カンパだと思って1回だけ払い、それからまた「批判」の手段として不払いを継続しているのですが)ために、当然というか衛星の契約もしておりません。こういう場合対応手段としては①ひたすら普通のNHKで再放送されるのを待つ ②知り合いに頼んで録画してもらう のどちらかですが、今回は即座に②でいきました。

つまり、身内に頼んだのですが3時間半という長丁場なのと、丁度その日の夜10時から録画予約を入れてるとの事で、初めの2時間分しか録画してもらえませんでした。それでも楽しみです。猫だぬ、きさん、今後も情報提供ヨロピク。

いえ、決してそのような事ではなく

我が家でいかに僕が迫害されているかを書いたつもりですが…。今日は23日で明日はイブなのにリトルジャイブボーイズのライブに行くと言った途端、さらに迫害の度合いはひどくなったことも合わせて報告しておきます。

で、今そのライブハウスに確認の電話を入れたら「り、リトル、なんですか」などといわれ、まだイベントの内容が決まってないのでフライヤーも出してないとか、チャージの金額も決まってないなどと言われました。こちとらウシャコダのHPで確認しとるんじゃといったら「だったらそうだと思います」などとはなはだ心もとない返事でした、って、これは今日のエントリーに書く導入部だっちゅーの(by決して嫌いではなかったパイレーツ)。

色と香り

竹を割ったような性格と申しますが、竹は縦に割ると確かにすっぱりと綺麗に割れます。しかし、横からへし折ると、見るも無残なgdgdな状態になります。それをして、私は「竹を真横からへし折ったような性格」と例え、時に自分の性格もかように表現いたします。

>妙な所で「、」を打つと本当に意味が変わってしまう今日この頃です。貴重な情報有難うございました。

以前、シャンプーかなんかのCMで、綺麗な女優さんが自分の髪を匂いながら「う~ん、この色! う~ん、この香り!」と言うのがありました。妹と、このCM製作者は何を考えてこのCMを作ったのか、途中で悲劇に気が付かなかったのか、などと話しておりましたが、いつの間にかそのCMはなくなっておりました。

竹を割ったような性格ならいいのですが

竹「で」割ったような性格とはどんな性格じゃいと、自分に突っ込みを入れてしまいました。うーん、竹「を」割るのと竹「で」割るでは意味が全然違うぞ。「テニヲハ」をしっかり理解して使わないととんだ恥をかくという教訓でした。

そういえばシーナ&ザ・ロケッツの鮎川さんが昔ラーメンかなんかのCMに出ていて「博多んもんは横道もん、青竹割ってヘコにかく」とか何とか言ってました。要は横着で青竹を帯にするという意味らしいですな。燐さんも青竹を帯にしていますか?

私も博多ンもんじゃぁないのですが、以前友人が言ってた話では、
「へこ」はフンドシのことらしいです。

帯ならともかくも、青竹のフンドシはいやですね。

え゙-、「へこ」は褌のことでしたか

いや、青竹を帯にするというのもなかなか横道モノだと思い込んでいましたが、褌とは…。はっ、もしや新手の貞操帯?ボーイズラブの世界でんがな。

褌といえば柔道一直線の桜木健一が有名ですが、当時は「クラシック・パンツ」なる別名もありました。しかし、いくら褌といいにくいからといって、何でも横文字にすればいいというものではないことを知らされました。

褌っすかw

え~、冗談抜きで、褌なら私時々締めてますけどね。着物着る時は、特に頻度が高いです。パンツの線が見えたら色気ないっすからね。夏場には麻の着物を常用してますから、風通しが良くて結構具合が良いですよ。ただし、行儀良くしてないと、ハミチン見せることになるから、できるだけ袴着るようにしてます。もちろん、女性には腰巻きだけにしろとか、今更言えませんが。

やっぱ、へこ=褌でした。
http://ginwasa50.blog100.fc2.com/blog-entry-34.html

>もちろん、女性には腰巻きだけにしろとか、今更言えませんが。

今はT-バックという秘密兵器がありますから。
私は気持ち悪くてよう穿きませんが。

山笠では、幼女の褌姿を見たことがあるような気がします。女性は参加出来ませんが、初潮を迎える前ならOKみたいですので、女の子は最後列の子ども軍団のなかによくいます。今は、ロリ防止のため、さすがに褌幼女はいないかも。

漫画家のあさりよしとおが、褌をつけた女の子ネタが好きみたいで、少女に相撲をさせる漫画を過去約2回ほど描いています。もちろんギャグネタです。

やはり格闘技をやる人は

褌のほうがいいのでしょうか。というより和服には和の下着のほうがいいということでしょうかね。barrett_hutter さんの褌姿とりわけハミチン姿は想像したくありませんが、凛々しいオネーサンの腰巻姿は想像するのにヤブサカではありません、って単なるスケベオヤジだ。

そうかT-バックというのは

進化した褌と捉える事も出来ますな。しかし、話は変りますが初めてT-バックなる言葉を聞いたとき、僕はどうしても紅茶のティーバッグとイメージしてしまい、甘く酸っぱい初恋の味を連想してしまい、とてもあのような半ケツ下着だとは思えませんでした。

というのも♪紅茶の美味しい喫茶店~っていう曲(「ハロー・グッドバイ」だ、曲名は)は、もともとはアグネス・チャンのオリジナル・アルバムに入っていたのだ。「白い靴下はもう似合わない」が入っていた名作アルバム『はじめまして二十歳』に入っていたのだ。ああ、あの頃のアグネスは~
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索