世界中に定められてるどんな記念日なんかより

 六月に入ったものの、一向に雨が降らない。雨降りは頭痛がするので嫌なのだが、梅雨だというのに雨が全く降らないのも詐欺にあったみたいで気持ちが悪い。今朝は例によって偏頭痛が痛いイタイと呟きながら目が覚めたので、これは一雨来るかと期待したが、午後一瞬パラパラと降っただけですぐに陽が射した。週末は天気が崩れるといってたので、そのあたりから梅雨らしくなるのだろうか。そんなことを考えながら車を運転していたら、なりっぱなしのラジオから「今日は恋人の日です…」という言葉が聞こえた。ぼんやりしながら聞いていたので、何故「恋人の日」なのか、一体「恋人」の何を祝う、または記念する日なのか良く分からなかった。「6月12日か、ロイニの日ねぇ、あ、分かったロイニをジャズマン用語でひっくり返してイロニ、つまり『色(いろ)に』何かするから恋人の日だ」と、どう考えても不正解としか思えない考えが浮かんだ。

 しかし、キョウビの若者が「恋人」のことを「イロ」などといった洒落た呼び方をするだろうか、いやしない、と、自分で自分に反語を使いながら、ナニゲニ「恋人の日」というのが頭のどこかに引っかかっていて、夜ネットを開いた時に検索してみた。一発でヒットしたのがここである。読みました。ビックリしました。本当に「恋人の日」があったことにビックリしたのではなく、『そんな習慣を日本にも普及させようと全国額縁組合連合会が1988(昭和63)年に制定しました。』の中に書いてあった「全国額縁組合連合会」という名称にビックリしたのだ。『そんな習慣を日本にも普及させよう』という彼らの意図はなんだろうか。大変気になった。

 いや、それ以上に気になったのは、「全国額縁組合」が「連合」して会を作っているということは、僕が知らない間に全国いたるところに「額縁組合」が作られ、そこには当然「額縁組合員」がいて何らかの活動をしているはずだ。ここ最近額縁が人気だという話は聞かないが、もしかすると僕が知らないだけで、実は全世界的に額縁が大人気なのかもしれない。最近あちこちに出来ているコンビニにも実はさまざまな額縁が置いてあって、知らないのは僕だけではないのだろうか。もうすぐ父の日だが、今年は額縁を送ろうというのが、一番最先端というかナウイ流行なんだろうか(ナウイなどという言葉そのものが流行とは無縁というか、どちらかというと言語の「デスノート」に近い存在ではないかと思う)。この前何か映画の授賞式をやってたようだが、あれも本当は額縁の表彰式だったのではないか。

 最近、年金がどうのこうのとか社会保険庁がどうのこうのというのも実は「額縁組合員」の活動をやりやすくするためのスケープゴートではないのか。「額縁組合員」は日本全国「額縁革命」を起こすため、静かに深く潜行しているが実は今日の「恋人の日」を決起の日にしていて、明朝目が覚めたら「全国額縁組合連合会会長」が「親愛なる日本国民のみなさん、本日只今から日本は額縁国家になることを宣言いたします」などとテレビでやってるのではないかなどの妄想が始まった。

 この手のことは気になり始めると止まらない。やめられない、止まらない、カルビーのカッパえびせんである。

 しかし、一体全体なんでこんなけったいな妄想が始まったかというと、なんとなく理由が分かってきた。今朝の頭痛のわけも分かってきた。夕べ遅くまで起きていて、YOU TUBEでスターリンの「先天性労働者」のビデオなど見ていたからだ。いやー凄いわ、遠藤ミチロウは、このビデオの時はもう50でっせ、パンタと同い年や。うん、こういうのを見ると僕もまだまだ老け込むわけにいかんな、物分りのいいジジィになっては終わりじゃ、などと決意するのであった。ところで「額縁」といえばその昔「額縁ショー」なる雅なゲージュツ、それも大衆ゲージュツがあったらしいが、どなたかご存じないか?ワシも死ぬ前に一度拝見したいもんじゃのう、ホッホッホッとボケ老人を装うのであった。今日の話は支離滅裂だな。と、いうことでいつまでアップできるか分かりませんがスターリンの「先天性労働者」をどうぞ。「…今日までのあらゆる社会の歴史は階級闘争の歴史である。今日までのあらゆる階級闘争の歴史は敗北の歴史である。そのままそのまま眠れ、そのまま消えろ、そのまま、宮崎の知事はそのまんまだ!!」

スポンサーサイト

コメント

Y新聞を取っていますが、毎月の月初めには、スケジュールを書き込めるような、要するにその月のカレンダーが1枚、折り込みで入って来ます。それに、「○○の日」と書いてあって、たいがいの日は「何かの日」になっているようです。
昼にやっている、みのも○たの番組でも「今日は何の日?」というコーナーがあったりしますしね。
興味のない人間にとっては「だから何なの!?」というのが、正直なところですが。

ほ~う、ミチロウさんはパツ金になっていらっしゃる!
山形大学なので、山形県の人だとばっかり思っていましたが、福島出身の方だったのですね。最近知りました。

サーッ、サーッとみんなが引いていく

音がする中、やはり米をくれたのは「心の妻」狸さんでしたか。いえね、僕もこの映像とこの歌詞はどうかと思ったんですが、僕がシホン主義でみっちりしごかれている時に30センチEPで出て、大変勇気付けられた曲だったのでアップしちまったというわけです。

 話は変わりますが、そうです、ミチロウはトーホグは福島の方です。若い頃は結構フォークの人だったりするんですが、スターリンとしてデビューしたあとの責任の取り方というか潔さは大好きです。どことなく太宰治なんです、この人。

スターリンは

ちゃんと聞いてはいないのですが、アルバム何枚かはたまたま持っていて、『ターミナル』というミニ・アルバムに、この曲が入ってました。歌詞・曲ともに、ちょっと違っています。「そのままそのまま眠れ」の部分が「勝手に決めるな」になっています。
私は政治的背景、活動ともに皆無なので、別にどうかとは思いませんね。大変よい曲だと思います。
某イベントのステージ裏で、腰の低い、礼儀正しい、どちらかというとショボショボしたオッチャンを見かけ、「??」と思ったら、その人がミチロウさんでした。メイクしていないので、わからなかったのですね。
ステージに上がると、最後には全裸となり、○○ポをしごき出した、そのギャップには驚きました。
トーホグ人、あなどりがたしっ!!

この曲は「ゴーゴースターリン」

という12インチシングルのラストナンバーでした。当時スターリンがメジャーデビューして徳間から出た1枚目のアルバムを購入し、ぶっ飛んでシングル盤を立て続けに買って、ウォークマンで聞いていました。

パンクミュージシャンが、オフステージでは別人28号で全然目立たないというのは何度か経験しました。以前エントリーにも書いたフリクションのレックから「こんばんは」と挨拶された時は、思わず「どちら様でしょうか」と言いそうになりました。

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索