脱長文、やれば出来る!!

 以前からそうじゃないかなと思いながらも、そんなことないよな、大丈夫だよなと思っていたことに、このブログのエントリーの長さという問題がある。たまたま今日頂いたコメントに「長文」なる単語があり、はて、一体何のことだろうかととぼけてはみたものの、やっぱりオイラの文章が長ったらしいのかなと、少し反省した。反省はしたがそれが行動につながらないというのは、戦後の学校教育の敗北である。つまり、小学校などで、あれほど反省会などやらせておきながら、それではその場で指弾された生徒が本心から反省したかというと、そんなことは無く、口先だけで反省したポーズをとっていれば何とかなるという形式反省主義というものを蔓延させたのは一重に、文部省中教審路線の過ちである。などというわけの分からないことを書くから、不必要に僕のエントリーは長文になるのだ。

 かてて加えて、義務教育を過ぎた後は、レポートなる表現、しいていえば学習内容が正確に定着したかどうかを、たんなる穴埋めや○×形式のテストではなく、小論文的に書かせて、その学習成果を見るという判定方法があるのだが、私立のマスプロ教育を受けた人間としては、レポートに書いた内容よりも細かに文字が沢山書かれているほうが、単位をもらいやすいという、そんなことを言う先輩こそロクに単位を取ってはいないのだが、悲しいかな授業にちゃんと出て、試験も優で通るような先輩とは馬が合わないというか、端から相手にされないので、年間獲得単位数が一桁という先輩の言葉を真に受けて、とにかくレポートも試験も文字を書いていればいい、問題が分からなければ「上記の問題はさておき、この間私が考える下記の問題について記述します」と書いて、あとは三味線でナントカなると教えられたことを守って行動したところ、大学に6年も行った挙句中退という不名誉な、いやある意味ドロップアウトという言葉にまだ勢いがあった頃は、何とかなったのだが、バブルに向かう80年代には全く意味を成さなかったという悲しい話である。

 えーと、何の話だったか、そうそう、こんな下らない文章を長々書くのはいい加減やめたらどうかというありがたい忠告を頂いたのだが、悲しいかな僕には今のところこの表現しかないので、なるべく手短にまとめるという努力はしてみるが、あまり期待は出来ないであろうことを予めお断りしておく。でも、そんなに長文なんだろうか(と、まだタマシイが入っていない)。

 今日は2日連休の後だったせいか、朝からいろんな用事があり車で飛び回っていた。お昼ごろに取引先のところに行くために、市内の中心部を走っていた時だ。「ナントカカントカで闘うぞ…」という声が聞こえた。車の動きも悪く、全然流れない。ふと横を見ると青い風船を持った人たちが、車道をかたまって歩いていた。「参院選を勝利するぞ」「連合は闘うぞ」などとシュプレヒコールが聞こえる。そうか、今日はメーデーだ。♪聞け万国の労働者、とどろき渡るメーデーの~と鼻歌歌いながら、デモ隊を見ていたがおよそ緊張感というものが無い。だらだら歩いて、シュプレヒコールに拳を振り上げるのもばらばらだし、中ほどに銀輪部隊というか、何故かチャリを押しながら歩いてるグループもいたが、のんびりしたムードでとても闘っているとは思えない。まあこういうデモが今風なんだろう。今朝の新聞にもフリーターが団結してデモしたとか、なんだか音楽をガンガン流すサウンドデモとかいうのをやったらしい。しかし、正規従業員とフリーター、派遣社員というのは共闘できるのかな。雇用者からいい様に利用されて、使い捨てされるのが関の山じゃないんだろうか。いやいや他人事ではない。僕も人生振り返ってみれば「彼ら」にいいように利用されてきたではないか。挙句は身体も心もぼろぼろになって…、おっと辛気臭くなるので止めよう。しかし、これだけは言いたい。道路の使用許可も取って、交通の流れを止めるんだから、デモはもっと気合入れてやれよな。宮崎市職労、連合の皆さん!!

 そのあとも忙しくあっち行き、こっち行きしていたら気がつかないうちに携帯に着信が入っていた。誰だと思ってみると、夏貸家じゃねえよ、懐かしやだ、昨年一緒に職業訓練校で学んだT山君だ。彼はドタキャンのT山という異名を取るくらい、約束事をすっぽかす男なのだが、かれこれ1年近く会っていない。何の用だろうと思って電話したがつながらない。事務所に戻ってPC相手にややこしい書類を作っていたらかかってきた。久しぶりに声を聞いて、『どうした何の用だ』と聞こうとしたその前に「drac-obさん、今働いているんですか」となかなかストレートな質問が来た。いや、相変わらず○っこのポー(by友部正人)じゃない、熊のプーさんだと答えられれば良かったのだが、まことに残念ながらサラリー生活を送っていると答えた。すると彼は実はバイトを紹介しようと思ってなどと話を切り出した。

 この連休後半の初日に観光関係の仕事のアルバイトをしないかという話だったのだ。あまり詳しく書くわけにはいかないが、時間帯、条件など結構ヘビーな内容だった。僕自身がプーのままなら1も2も無くOKしただろうが、今は「金で買われた身体」(by岡林)なのでちょっと出来そうも無い旨を話し、逆に職業訓練校の先生に相談したらどうだと投げ返して会話は終わった。しかし、ちょっとしたことだがこういう気遣いは嬉しいものだ。世の中ちょっと小金を持つとえらそうにふんぞり返って、昔のことなど知らん顔する連中が多いが、いや、まだまだ捨てたもんじゃないなと考えた次第です。これで、今日の日記は終わり。ほら、長文にならないようにすると話がまとまらない(いや、長文のときもまとまらないですが…)。オレ、短い文章にまとめるの下手なんだよな、と落ち込む連休のハザマであった。
スポンサーサイト

コメント

今働いてるんですか?

おお・・・なんかウチと似てますね。
おやさしい方がいらっしゃるのはdrac-obさんの「徳」ですね。
ウチも父が数年プシ(精神)でやられてはたらか(け)なかったから・・・「今働いてるの?」みたいなことひっそり母に聞いてりしてました。
結構経済的に苦労していたとはおもいますし、実際に伝わりましたが・・・母は顔には出さずにいました。さすがでした。いい女だなと思います。
今思えば案外ストレートに聞いてもいいのかなあと思ったりしますが・・・優しいドSのdahliaちゃんにはそんなこと出来なかったです。
病気をリカバーして気付く事ってホントに多いですよね。人が丸くなるとか表現もありますが・・・賢くなるといった方が適切な気がします。

>脱長文

これでも充分長めのような気もしますが・・・
本文の文字のポイントが少し大きくて行数が多くなってるのも長く感じる一因じゃないでしょうか
コメント欄の方がすっきり読めるような気がするのは、僕だけかな

○○の勘ぐり

「長い」と申し上げただけで、別にそれが悪いとか、改善しろとか、そんなことは毛頭思っておりませんですよぉ~。決まりがあるわけではないのですから、ご自分の納得のいくようになさって、かまわないのではないですか?
しかし、2時間かかるとは、大変ですね。
時間がないのを理由に、短いものを書くのもよし、思う存分長いものを書くためにお休みするもよし、読み手におもねる必要はないと思いますよ。ここでぐらい、自由にいきましょうよ。
どのような文章を書こうとも、drac-ob さんはdrac-ob さんなのですから。

そういえばサイコロジーをプシチョロギー

と発音する笑い話がありましたが、似たような例で「チョピンとはオレのことかとショパン言い」なんて川柳もありました。って、一体何の話かというと>プシ(精神)からの連想ゲームです。『白組大和田獏さん正解、檀ふみさん残念』、などと昭和の時代の人にしか分からないギャグを入れてしまいました。

>病気をリカバーして気付く事ってホントに多いですよね

よく分かります。でも「ほとんど病気」(by山本晋也、若い頃良く似ているといわれました。今はダサまさしにクリソツといわれます)のワタクシにはリカバーする日は来るのでせうか…。

お前、若ぶって目が良い振りするなよな

文字のポイントは最初はこのコメントくらいだったけど、なんか見づらいと思い、今は中くらいの大きさにしています。しかし確かに文字が大きい分、わちゃっと固まって見えて、それで不必要に長文に思われているのかも知れないな。一度、小さい文字でエントリーアップしてみるので、皆さんのご意見をお聞かせください。しかし、要はオレ自身が見直しした時に、見やすい大きさにしてるので…。でも小さい文字にして行間を空けるとまたイメージ変わるかもしれないな。うん、やってみる価値はありそうだ。と、後輩の意見にも素直に従うエライ先輩であった。

さすが、狸さんありがとうございます

そうなんですね。どんなに飾ろうとカッコつけようと僕は僕であるということを少し忘れていたのかもしれません。まあひとつには、こんな下らないエントリーばっかり書いてるのに、多くの方がコメントをくれる、それが嬉しくて次はもっと喜んでもらえるものを書こうという意欲につながっていたのですが、ちょっと意識しすぎだったかもしれません。

2時間かけて大変と言って頂くの嬉しいのですが、要は自分で書いた文を読むのが好きで、書き直したり、そうそう気取っていうと推敲するのが楽しいんですよ。中には最初書き始めた話と全く違う話になることもあって、あるときは予想外の話に転がって言ったり、ライクアローリングストーンと歌いながら書いています(打っています)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索