聞くのは楽だけど、書くのは大変な話。

 えー、皆さん今晩は。私が宮崎県知事の東国原英夫です。えー、ということでございまして、ついにですね、オールナイトニッポンというこの晴れの場にですね、来たわけでございますが、今はですね、宮崎のスタジオなんですが、本来なら東京の有楽町のニッポン放送、それも新しいあのニッポン放送じゃなくて、あの古いほうの、この前がお台場で、その前にですね、今と同じところにあったんですが、そこのオールナイトニッポンですね、ニッポン放送の、あのレンガのですね、古―い金魚鉢みたいなところですね、あそこでやりたかったんですが、今日ですね、ま、宮崎からということで、えー、宮崎のスタジオからお送りしております。

 まーしかしですね、私がですね、県知事になってですね、まさかですね、このオールナイトニッポンをやるとはですね、夢にも思いませんですね、このオールナイトニッポンというのが、実はですね、私のですね、芸人時代のデビューなんですね。えー1981年なんですが、えー、うちの師匠が、ビートたけしのオールナイトニッポン、毎週木曜日やられててですね、ま、記録的な数字を出したんですね。数字というのは視聴率、あ、聴取率か、そんときに私が一番弟子で入って、一番最初のあのー、企画が確かですね、先代の貴乃花関が断髪式を行いまして、そして師匠が何を思ったか、『オレも断髪式に出たかった』という話になったんですよ。で、誰かの髪を切りたいとか言う話になって『お、いるじゃねぇか、そこに。昨日弟子になったばかりのお前、何つったっけ』。そん時に『ヒガシコクバルです』って言った。で、そん時に、『ヒガシコク?ヒガシコク?コク、何?わかんねー奴だなぁ、お前。東でいいよ』。それで『お前、ちょっと来いよ』って、で、『はさみを持って来い』って。

 ラジオですよ、ラジオで、チョキチョキ、ギャーギャーとかいう声が入って、それがオールナイトニッポンの、僕のデビューだった。で、そいで、これが高田さん(注;当然、渡ではない、文夫さん)がいて『高田さん、これがさー、この前入ってきた弟子なんだよ。これがさー、どーしよーもねーんだ、これ。でさ、考えたんだよ企画』、僕一人でしたからね、一番弟子で、『で、こいつをさ、どうにかしてやめさせてやんないか、弟子やめさせコーナーを作ろう』つって、全国に飛ばされたんですね。で、全国から電話を頂いて、そして東をそこに送り込んで、そこであのー、お給金を貰って、そして次の場所へ飛ばせると、そういうのをずーっとやって、だからあの電波少年のラジオ版みたいなのを、初めてやったのが私なんで。このオールナイトニッポン、本当大変長らくご無沙汰しておりました。本当に、まさかこういう形で、ここにですね、飛ばされてくるとはですね、夢にも思いませんですが、ということで、何かですね、感無量なんですが、それでは、まずですね、始めて参りましょうか。えー、参ります。

 ヒガシコクバルヒデオのオールナイトニッポン~ <オープニングテーマのビタースィートサンバが流れる>

 いやー、感無量ですね。ビタースィートサンバ、ねー、もー、いやー、ちょっと感激するわ、これ今もそうですか?すいません勉強不足で、今ちょっと聞いてないんで。あーそうですか。止めたのがですね、1990年くらいだと思うんですよ、ね。あれからもう17,8年ですか、いやー懐かしい。なんで芸人の時は、これのレギュラー取れなかったんだろう。何でこの仕事が来なかったんだ。皮肉なモンですねー、県知事になって。えー、松岡さんもねえ、これ前にいらっしゃるんですけど、高田文夫さんのお弟子さんで、松岡さんていう方ですね。この方を、ニッポン放送の初めてのレギュラー、夕方の2時間枠『グラグラグラッチェ』。タイトルも意味分かりませんでしょ、グラッチェって。グラッチェってあのー、誰だっけ、ケーシー高峰さんのグラッチェから取ったんです。松岡さん付けたんですね、あれ確か。そん時にあのマスダさん、マスヤマさん。マスヤマサヤカさんというですね、ニッポン放送の生え抜き新人のアナウンサーがいらっしゃった。

 で、その方と僕がコンビを組んでDJをやってて、松岡さんは、当時作家だったんですね。で、新人なんで、みんな新人なんですよ。そしたらそのマスヤマサヤカさんと松岡さんが、ご結婚なさった、ですよね。局アナを部屋に入れちゃったんですね。ま、僕も人のことは言えないですけども。あの、何もないすからね、本当に。いや、本当に頼みますよ。で、今回ですね、今晩は、毎週これはマスダオカダさんがおやりになってるんですね。すいません、マスダオカダさん、本当に申し訳ないっす。一週ですね、私に頂きありがとうございました。いや、マスダオカダさんねぇ、飛ぶ鳥を落とす勢いでね、今やってらっしゃるんですけど、私、県知事ごときと、まー言いましょうか、語弊があるかもしれませんけども、ねー、あのーこういう枠頂いて本当に光栄でございます。

 政治家では歴史上始まって二人目、オールナイトニッポン。河野洋平さんが1970年代に新自由クラブの時にやった、それから30数年ぶり、これ歴史的快挙ですよね。素晴らしいって。今日はですね、私あの芸人、そのまんま東ではなくて、今日は県知事、東国原英夫なんですよ。ですからですね、もーホントーに言える事と言えない事が物凄くあるんです。も、これはですね、私の中でどこで線引きしていいか、ただでさえ私は失言が多いんです。色々なことを言い過ぎてですね、まあ、リップサービスが過ぎましてですね。んで今日は、もう2時間の、それも深夜の生放送じゃないですか。もう今日はですね、もう虎視眈々と狙ってるでしょうね、みなさん。どんな失言が出るのか。もう県庁職員の方々はドキドキハラハラでしょうね。そして県議会の方たちはですね、さー県知事は何を言うかなと、もー私もですね、瞬時にして私は、線引きが出来ない人間ですね。喋ってから後悔するタイプの人間なんですね。

 今日はですね、レッドカードがいっぱい出そうな感じがするんですけども、ま、とりあえず忌憚のない意見を、私の政治、あるいは人生・社会ですね、そして日本、宮崎に対してですね、まあ忌憚のない意見を言おうと思いますが、時々ですね、口を滑らすことがあるかと思いますが、深夜のラジオ放送、生放送ということで皆さんね、寛大な気持ちでお許し頂ければ、と思っておりますが、ハイ。今夜やることは、えー、今夜やることはですね、何をしたらいいんですかね、そうですね。えー、今夜はですね、ニッポン放送のスタッフの皆さんから、こんな提案がございました。題して『10代限定 リスナー代表質問』(エコーがかかる)

 代表質問てあの、こういうの、政治用語・行政用語を、こういうの使っちゃダメです。もうそんなことでも議会から文句来るんですから、ねぇ。まあ、いいでしょう。まあ、リスナーが、代表質問、ですね。今ラジオを聞いてらっしゃる10代のあなたから東国原英夫へのご意見や質問を募集します。答えられる範囲でお答えしていきます。答えられる範囲ですよ。えー、出来れば電話で直接皆さんとお話もしたい、と考えてもおります。えー、私への質問やご意見のほか、あなたの夢について、悩みについて、今の日本、これからの日本について、もちろん宮崎県でラジオを聞いてくださっている、宮崎の中学生、高校生、フリーターからの意見やメッセージもお待ちしております。

 宮崎の中学生・高校生、今の時間起きてないと思いますけどねぇ、まあ、受験シーズンですから、あ、受験終わったかぁ。あー、まあ今日はですね、注目度も高いということで聞いてらっしゃる方もいると思いますが、えー、あの言っときますけど、うちのマンションに、あの、ピンポンダッシュは止めてください。もー、特定の中学生ですね、あのー、もう察しはついてるんですけど。お願いしますね。そういうことをしてると、公舎に住まないといけなくなりますから。えー公舎は住まない方向で検討しております。えー、受付メールアドレスは………。

 何年ぶり、いや何十年ぶりかもしれない。オールナイトニッポンを、1部を通して聞いたのは。おかげで寝不足である。この放送についてのエントリーは改めて。
スポンサーサイト

コメント

ええ~っ!?

これ、ラジオから起こしたんですかっ?? うひゃー。
私、本職なのに。お安くしときましたのに(笑)。

お久しぶりです

って気は全然しませんが、こちらにコメントさせていただくのは、とってもお久しぶりです。実は何日か前に一度コメントを書いて、直後に間違いに気付き、訂正しようとしたら さらにミスしてコメントまるまる削除しちゃった…ふんだ、ふんだっ、もういいもん!drac-obさんのバカバカ~v-395ってなったんですが、そんなことはともかく、すごい!原稿起こしすごいです! 「えー」とか「もー」まで再現されていて、雰囲気がよーく伝わってきます! お疲れさまです。続きを楽しみにしています。ところでそっか… やっぱりあの公舎には住まない方向で…

狸さん、そういうことは

早く言って下さい。後輩のsugarmountain君がよく山下達郎のラジオ番組の文字起こしをやってたので、気軽に考えてたのですが…。結構大変でした。特に対話形式だとまだ話の展開が読みやすいですが、ワンマントークの場合あちこちに話が飛ぶので厄介でした。テープ送るので、続きはお願いします。あ、お安くではなく、ボランティアでお願いします(笑)。

あーら、猫だぬきさん、お見限りっ!

そういえばこちらでは「ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづごころなく はなのちるらむ」ぶりですねって、何のことか良く分かりませんが。猫だぬきさんのとこには音楽ネタの書き込みをさせていただきましたが、往復個人書簡みたいで楽しかったです。

書き損じてもいいから、コメントなんでも残して下さい。更新の励みになりますから。それと、この放送の続きは狸さんが起こしてくれるそうですま、そのうちに。

大変残念ながら

drac-ob さんは異業種の方ですから、別に問題ないのですが、私は一応そちら方面のお仕事によって糊口をしのぐ身でございます。ここで私が起こしたものが載るとなれば、それは先日の著作権の問題にも触れることとなり、drac-ob さんとの友情に重きを置いて、違法行為を承知で起こしてさしあげたい気持ちはあれど、そこはほれ、小心者の私のこと、逡巡のあげく、今回はご辞退させていただきます。
ちなみに「安い! 速い! 正確!」をウリにしている私ですが、もちろんdrac-ob さんが発注された起こしは、これはどのように使われようともクライアントさまの責任においてご自由でございます。料金表、お入り用でしたら即お送りいたしますっ!

なるほど、プロの道とは

かくも厳しいものであるのかと、コメント読んで考えてしまいました。安易にその道のプロに頼んではイカンな。ということで、自分でまたテープ起こしをやろうかとも考えたり、えーい、面倒くさい、要約でエエヤないかと思ったり、心は知事に、いや千路に乱れるのでありました。ところで、「ちじにみだれる」を今までずっと「千々に乱れる」と書いており、どちらが正しいのかと思って調べていたけど、良く分かりません。どなたかご教示を。元祖封建主義者の呉智英先生にでも聞こうかな。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索