ちょっとマジにリザード・ライブ!!

リザード ロックンロール・ウォーリアーズ Live’80

 うれしい誤算だった。27日発売予定で、先月予約を申し込んだときには『発売日以降の入荷になります』と店員さんに言われていたリザードのDVDが、26日に手に入った。丁度、会社の人間と現場回りをしていたので、注文商品入荷の電話を貰うや否やイ○ンの中にあるタ○ーレコードに直行した。電話をくれたのは前回エントリーで接客マナーのまずさを指摘したおねーさんだったが、僕も男である、九州男児は昔のことをネチネチ言ったりせずに満面の笑みをたたえてお店のカウンターに行った。カウンターには「音楽は売ってるけど愛想とサービスは売ってないよ」とでも言いたげなカリフラワー頭のアンチャン店員だったが、リザードのDVDが手に入るという喜びの前では些細な問題でしかなかった。勢いよく予約のカードを渡すと、後ろから商品を出してきてジャケットを提示した。「こちらの商品からで間違いないですか?」ちょっとニホンゴ違うような気がしたが、マイクを持ったモモヨのジャケットに気を取られていた僕は「はい」と素直に返事した。

 あとはおなじみのマニュアルトークでレシートは袋に入れておくとか何とか言って、封をした袋を渡そうとするので僕は「予約特典があるはずだよ。それが欲しくてアマゾンにしなかったんだから」と前回の予約を受け付けたおねーさんなら知っていたはずのことを言った。予約カードとPCを見比べたアンチャン店員は「少々お待ちください」といってベルを鳴らして別の店員を呼んだ。二人でなにやら言い合っている。その間に僕の後ろにお客さんが並んだが、応対しない。なにやら「お前聞いただろ」とか「いや、知りません」とか罪の擦り合いをしているようだ。僕も人を待たせているので気にはなるが、せっかくの特典だけにちゃんとしてもらわないとわざわざここで予約した意味がなくなる。「オマーラ、いい加減にしろよ」光線を二人に向けて、「すいませんね、でもこれはちょっと譲れない件なので、ご理解のほど宜しく」光線を後ろの客に向けた。

 そうこうするうちに、3人目の店員が来て僕の後ろのお客さんの精算はしたが、肝心の予約特典が出てこない。いつの間にか言い合いをしていた店員はどこかに行き、カリフラワーがしきりにポスター置き場を調べている。5分ほどして、先ほど消えたと思っていた店員がニコニコしながら現れた。手には小さめのポスターを持っている。上のめくれかかったところにLIZARDの文字が見えた。「お待たせしてすいません」とカリフラワーが頭を下げてポスターを手渡してくれた。それから1時間以上してからだ。またもや携帯がなり、番号を見るとタ○ーレコードからだ。

 「先ほどリザードのDVDを受け取りに来られた○○さんですね。私、タ○ーレコードです」。こらこら、この前注意したろう。オレの苗字の読み方は予約カードにちゃんとフリガナ書いてるから間違うなよ。それとあなたがタ○ーレコードじゃないでしょ。一介の従業員でしょ。そりゃちょっと若くて可愛いのは認めるけれど、などとどさくさに紛れてオジサン趣味丸出しの発言をしてしまったが、お金も払って商品も受け取ったのに何の用だろうと思い話を聞いた。すると「すいません、今予約商品の特典のポスターが届きました。いつ取りに来られますか」などと言い出した。ちょっと驚いて「いやポスターはさっき貰いましたよ」というと「えっ、ちょっと待って…、何、渡したの、あったの…」。オイヲイうちわの話は電話を保留にしてやるか、電話を切ってからやるもんだろ。と苦々しく思ったが、それ以上に早くDVDを手に入れた喜びが勝っていたので「もう一枚くれるなら、貰いに行くけど」というと「いや、あの、もうお持ちでしたら…」としどろもどろになっていった。ついでに図に乗って「捨てたりせずに持っておいたら、半年もしないうちにプレミアムがついてお宝になるよ。ヤフーのオークションに出したらウン万円は固い!!」などというと「ホントですか」などと乗ってきた。後は適当なことを言って電話を終えたが、一体どういうことかよく分らない。お店にプロモート用のポスターがあったのでそれを特典としてくれたんだろうか。

 さて、その夜腰をすえて見ました。80年の鳥取でのリザードライブ。どういういきさつでこの映像が残っていたのか分らないが、予想に反していや予想をはるかに超えて映像がはっきりしているし、音もいい。当時はまだビデオが普及してない頃だから、テレビ局かその関係者が映したのだろうか、ほとんど画面はぶれないしアップの画面も十分見れる。最初に何回か画面にノイズが入るが、それもいかにも当時のパンクっぽくて、チープな感じがしていい。時代的には2ndアルバムの「バビロンロッカー」を録音した直後ということでメンバーはモモヨ(Vo)、ワカ(B)、ベル(Ds)、キタガワ(G)の四人。当たり前のことだが、みんな若い。モモヨのパフォーマンスはパントマイム風で思ったほど客を煽ったり、動き回ったりはしない。しかし何よりも一番驚いたのは、リザードといえばシンセサイザーの音というか,キーボードの音が頭に浮かぶが、ここでの演奏はギターバンドの音だということ。

 よくよく考えてみれば、「バビロンロッカー」録音中にキーボードのコーは確か家業を継ぐためにバンドを辞めており、アルバムにはゲストミュージシャンとして参加していたのだ。僕が京都でライブをよく見ていた頃も、後半はキーボード不在のバンドだったがCDになって聞いていたのが78~80年の録音のものばかりだったので、リザード=キーボードがメインという誤ったイメージを刷り込んでいたようだ。しかし、このキタガワの中近東サウンドともいえるような音は独特で耳に残る。それとワカのベースはこんなに歌うベースだったとは…。モモヨのMCも「金芝河の死刑判決」とか「光州シティ」、「カンボジア」、「アフガン」などと当時の時代背景を思い出させる単語が続く。しかしこの人は詩人だなと思ったのは水俣病のことを歌った「サ・カ・ナ」の中のフレーズだ。この「サ・カ・ナ」はバンドにとって、モモヨにとって重要な曲だったようで、何度もレコーディングされているしDUBにもしている。しかも基本の歌詞はあるが、途中からは即興で作ったフレーズを歌い上げるといった構成になっている。「水俣の海にキラメク死神が踊る」とか「煌く海で死神が踊る」「オレタチミライ」といったフレーズには参った。

 ライブはどういうわけか2部構成で、最初の30分ほどは黒いコートを着てモモヨが歌い、後からはノースリーブのTシャツになり1時間ちょっと演奏していた。曲も重なるものがあるが、演奏のパターンが変わっており楽しめる。しかしワカとベルのリズムセクションは強烈だ。そういえばいつのライブだったか。演奏中にモモヨがワカの首を後ろから絞めてあわやということがあったり、いきなりモモヨが「リザードは解散します」といってステージから降りてしまい、残りのメンバーで演奏を続けたことがあった。懐かしいな、と過去の思いに浸っていたが、ちょっと待った。今この時代にリザードのDVDを出すのは単なる懐古趣味ではないだろう。かって東京ロッカーズと呼ばれた一連のムーブメントがあった。それは今のJ-POPなどという毒にも薬にもならない(いや、思考停止というか特殊な洗脳の要素を持っているものもあるので、毒の役割を果たしているかもしれないが)、音楽とは違った流れであった。いや、過去形で書くのは間違っている。フリクションもまだ活動しているし、リザードもモモヨが活動している限り存続している。まだまだ終わってはいなかったのだ…。

 このDVDでは演奏曲のタイトルが英語で字幕として出てくる。「バビロンロッカー」にも収録されていた曲で、当時のライブでもオープニングに演奏されたりした重要な曲に「まっぷたつ」という曲がある。その英語のタイトルは”Baby Hit Yourself”である。カッコイイ。歌いだしのフレーズは「ある朝目覚めて君はビックリ!見るもの全てがゆがんで見える。それもそのはず君の目玉にゃ、ゆがんだレンズがはめ込まれてる~愛だなんて言葉に吐き気もよおし、変化を思えばめまいがするぜ、それも全てはこいつのせいさ、ゆがんだレンズが君をコントロール~どこかの誰がほくそ笑んでる、どこかの誰かがニヤリと笑う…」

 オレの目玉には、ゆがんだレンズが嵌っていないか?君の目玉には…。

注;文中では一人のミュージシャンとしてモモヨと敬称を省略して表記しました。

スポンサーサイト

コメント

ナントカに真珠

さあ、本日の嵐は過ぎ去ったのでしょうか?

私は吉野大作という人が好きで、昔は吉野大作と後退青年というバンドだったのですが、ある日、情報誌を見ると吉野大作&プロスティチュートという名前に変わっている。しかし吉野大作という「人」が好きだった私は、何の躊躇もなく、バンドが変わったのだろうぐらいに思い、ライヴに行ったのでした。
そしたら…。以前、フツーのロックだったものが、まったくジャンルの違う「おるたなてぃぶ」たらいうモノに変わっていて、面食らうやら、悲しいやら。それでも女子供はミーハーですから、その後もせっせと通い続けたのです。
ですから、そういったイベントで、リザードだの、Pモデルだの、フリクション、突然段ボール、ゼルダ、EDPS、その他もろもろ、何度も見ているはずなのですが、ほかのバンドがどうだったか、まことに失礼ながらまっっっったく記憶にありません。唯一印象に残ったのは、スターリンでしたね。

しーっ、静かに。今、嵐が通り過ぎるところだから

配偶者のmixi問題は今日のところは、上手くクリアしています。なんとかこの調子で逃げ切れるように頑張ります。

いやー、懐かしいバンドの名前が続々と出てますね。僕は81年の3月に九州に帰ったので、ライブは見れなかったのですが、以前書いた連続射殺魔のマネージャーをしていた後輩が「これはゼッタイ買うべき」と連絡くれたのがスターリン、ネオマティス、ポップソングファクトリーの3バンドでした。彼等の自主制作盤(当時はインディーズなんて言葉なかったよね)を聞きながら、ライブが見たくて悶々としていたのを思い出します。

ガイアナの白い夜に気を付けろ!

お疲れ様です。
風邪具合は如何ですか?

前言ったTKさんもこれで記事書かれてましたよ。
http://blog.goo.ne.jp/babylon-rocker

私はストラングラーズというか、JJの影響でリザードも好きですが、全部は制覇してないですね。
でも、つい歌ってしまう歌が何曲かあります。
ニュ~ロ~マンサ~♪

何もやる気が起こらない~

あーこれも風邪のせいならいいんだけどね~てな曲が拓郎にありましたが、ホントにちょっと気持ちが乗らず、更新をサボって早寝早起きの良い子生活を送っています。気になるブログやmixiを覗いて、ちょっとコメント書いて終わりの日常です。

TKさんはモモヨさんの日記のところでよくHNを拝見します。ブログもときどき覗いていますが、なんとなく「謹厳実直」という勝手なイメージを持ってしまい敬遠しておりました。そのうちにお邪魔してみます。

謹厳実直のTKです。
それ、気に入りました、時々使ってみようかと思っています。

たとえば誰かにケンカ売られたら、「てめぇ、なめてんじゃねえぞ、俺は謹厳実直なんだよ~、こら~!」
相手絶対ビビると思います。

まっぷたつは大好きな曲で、極上のパンクソングだと思っています。

黒木さんご紹介ありがとうございます。

TKさん、コメントありがとうございます

いえ、なんというか僕のブログのようにおちゃらけた紹介をしておらず、全力投球してるなという印象があったので「謹厳実直」と勝手に…。いやしかし山善とかルージュとかきょうびの人は聞かんでしょ。あまりスポットは浴びてないけど、素晴らしい音や詩を歌ってる、演奏してる人って沢山いますよね。聞く側の感性と許容量の問題はあるけど、もっと広まって欲しいミュージシャンに対する思いを綴っているTKさんのブログまた遊びに行きます。そうそう、mixiも覗かせて頂きますので宜しくお願いします。あ、黒木さんとこでは僕、別人28号なんで、そこのとこもヨロシク。

映画『ROCKERS【完全版】』

突然の無礼をお許し下さい。
10/25より公開の映画『ROCKERS【完全版】』&それに伴う記念イベントのお知らせをしたくお邪魔致しました。
drac obさんやこちらのブログをご覧の皆様に是非お越し頂きたいイベントがてんこ盛りです!
と言っても、東京なのですが・・・すみません・・・

東京ロッカーズの全貌に迫る『ROCKERS[完全版]』が渋谷シネセゾンにて10/25(土)からいよいよ公開!http://www.punkmovie.net/
                          
<HMV渋谷店>トーク&ライブ!!
◆10/25(土)17:00~ 会場:HMV渋谷店3F 観覧無料
ゲスト:モモヨ(G.Vo. LIZARD)、恒松正敏(G.Vo. ex.FRICTION)、地引雄一(「EATER」編集長)

<シネセゾン渋谷>公開記念ライブ開催!21:20より。
公開記念ライブ ※いずれも本編上映前
◆10/25(土) ジーン(Vo. ex.Mr.KITE)+荒木康弘(Per. ex.P-MODEL)
◆11/7(金) 恒松正敏(G.Vo. ex.FRICTION)
◆11/14(金) 久保田慎吾(G.Vo. 8 1/2)
◆11/21(金) モモヨ(G.Vo. LIZARD)
**************

10/31(金) オールナイト上映!
開場23:00 開映:23:30(終了予定5:05) 料金:¥2,500均一(全席指定)
場所:シネセゾン渋谷
★スペシャルトークショーつき
トークゲスト/モモヨ(LIZARD)、久保田慎吾(8 1/2)、司会:地引雄一(「EATER」編集長)
※飛び入りゲストあり

オールナイト上映作品
『ROCKERS【完全版】』『THE PUNK ROCK MOVIE』『NO FUTURE:A SEX PISTOLS FILM』一挙上映に加え、FRICTION、LIZARD、E.D.P.S、s-ken、チャンス・オペレーション、アレルギー、頭脳警察、あがた森魚のお宝映像も上映予定!

23:30~スペシャルトークショー
0:20~『ROCKERS【完全版】』(72分)
1:45~『THE PUNK ROCK MOVIE』(86分)
3:20~『NO FUTURE:A SEX PISTOLS FILM』(105分)

*前売券をお持ちの方は差額¥1,000でご覧いただけます。(東京ロッカーズ30周年プレミアム・チケットの方も¥1,000です)

http://www.punkmovie.net/

どうもありがとうございました。
宜しくお願いします!

T.F.さん、これこそが蛇の生殺しですよ

いえいえ、どう致しまして。多分mixiのモモヨさんへのコメントから来られたと思いますが、全然構いません、プロパガンダに使っていただくことは。いや、それ以上に悔しいのは、チクショー、こんないいイベント地方じゃ見られないよ~ってことで。例えばツネマツさんとモモヨさんが宮崎のタ○レコでインストア・ライブをやったとしたら、いやその想定がありえないか。とにかく見たいよ、聞きたいよという聞き分けのないガキモードに戻りました。

しかし、『ROCKERS【完全版】』見たいな~!!

リザードBOX発売!

またまたすみません・・・
BOX発売のお知らせをさせて下さい!

■■■■ ブック・オブ・チェンジズ ■■■■
■ コンプリート・ワークス・オブ・リザード ■

未発表音源を含む全トラック('73~'08)を網羅したCD10枚組+未公開ライブ映像を収録したDVDがセットになった奇蹟のコンプリートBOX発売!112Pに及ぶブックレットはジャン=ジャック・バーネルとモモヨの対談や数々の写真を収めた、ファン垂涎の内容!
詳しくは⇒ http://www.myspace.com/lizardpremium
さらに記念ライブ続々決定!!!!!
↓↓↓

●LIZARD コンプリートBOX発売記念ライブ
Change2009 革命前夜祭~ニューキッズ総決起大会
2009/2/5(木) 新宿LOFT
18:00開場 / 19:00開演
前売¥3,500 / 当日¥3,800

<出演>DARKSIDE MIRRORS、8 1/2、LIZARD

12/20(土)チケット発売開始
・チケットぴあ(Pコード:311-807)
・ローソンチケット(Lコード:76144)
・e+ http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002025989P0030001P0006
・LOFT窓口

●disk union下北沢店インストア・トーク&ライブ
2009/1/30(金) 21:00~【FREE】
会場:disk union下北沢店

<出演>LIZARDほか

以上、是非是非よろしくお願いします!

T.F.さん、さっきモモヨさんのmixi日記で

見ました。カッコイイ、という言葉はこういう映像(もちろん音楽も含みます)のことを言うのだ。今、簡単にカッコイイなどと口走ってる青少年よ、この映像を見よ。これがパンクだ、これがロックだ、そしてこれがモモヨが残してきた成果だ!!などと勝手な宣伝コピーを作りたくなるくらい、カッコイイっす。

ボックス買うために、無駄遣いしないぞ!!夜の昆虫採集など絶対しないぞ、とこの場でも公然と宣言するっ!!
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索