予告編 三婆対傘大将

 去年の10月から夜1時間ぐらい散歩をするようにしていたが、12月の中旬からあまりに寒くて止めてしまった。いわゆるウォーキングというやつで、始めたきっかけはご多分にもれず運動不足の解消である。なんせ普段から外出する時は車、娯楽は読書か、音楽(聴いたり、見たり、わめいたり)かネットサーフィン。体を動かさないことおびただしいのである。しかもタバコをやめたせいで、やたら食べてばかりでウェストも軽くヤバイ(古っ!)状態だったのだ。

 時間帯は夜の8時プラスマイナス30分スタートだったので、早い時は7時30分くらい、遅い時は9時30分ぐらいの間を動いていた。コースは家を出て橘橋を渡り川沿いの観光ホテル街を大淀大橋まで1往復して帰るというのがいつの間にか決まったパターンになっていた。このパターンに決まるまでは、橘橋からまっすぐ北に進み街中に入ったりしていたがさまざまな雑念や誘惑が多いのでやめた。

 10月の初めはまだちょっと汗ばむくらいの日もあったが、だんだん寒くなり11月の終わりにはフード付きのトレーナー無しでは風邪を引きそうになったりした。そして12月の中旬に手袋、毛糸のキャップ、上下厚手のスポーツジャケット(みんなから先生みたいだと言われたあの紺のやつ)で完全防備して1時間歩いて帰ったあと、考えた。

 「ほわっと、あむあい、りびんぐ、ふぉー?」オレは何のために生きてるのだ、何でこんな思いをして冷たい風の中を歩かねばならないのだ、と。僕はこの間の2.5ヶ月のウォーキングとその効果を考え即座に決断した。「やめよう」。別に歩いたからといってウェストが元に戻るわけでもないし、ウォーキングの途中ですれ違うのは不思議な人ばかりだし、もういい、と投げ出してしまった。

 ウォーキングを始めたばかりの頃は、たまに若くてすらっとしたおねいさんとすれ違ったりして、いやいやこれはこれはと楽しい時もあったが、10月の半ば過ぎからは、出会うのはオジジやオババばかり。それも寒いのに半ズボン半そでのクソジジイお元気な高齢者や、鎖をはずすんじゃねえよこのくそ婆あ愛犬と一緒に散歩するお婆さん達ばかりなのだ。これじゃウォーキングの楽しみも無くなるってもんだ。

 そして5ヶ月過ぎた。その結果どうなったかというと、僕のウェストは主要な輸出品は覚醒剤と貧乏な国民、特技はニセ札作りと拉致という国の最高権力者の方のそれと大変似てきた。そのうち家族が僕の腹を見て『偉大なる首領様』とか『我が敬愛する○○○将軍(自主規制)』などと言いそうな気がしてきた。軽くヤバイ!(はいはい、本日2発目)。

 そうです。ウォーキングを再開しました。まだ数日しか経ってないが継続こそ力なりである。これからは気候もいいし(暑くなるかな、雨が多くなるかな)、まさに健康とストレス解消のためにみんな運動しような。

 近い将来の予告編。ウォーキングしているといろんな人を見かける。僕が”三婆”と名付けた3人組のオババ、傘大将とネーミングしたアポロキャップ反対向き(ツバが後ろ向いてる)、腰にトレーナーを縛りつけ、左手にこうもり傘を持って必ず川沿いを歩いている謎のオジジ。今日は全員赤いシャツで防犯灯の周りに集まり意味不明の言葉を話している家族連れに会った。彼らの謎を必ず解いてアップするぞ!

 結局謎は謎のままで終わりました。何故か?やっても無駄だからウォーキングなんか止めたんだよ!!クソ暑いのにやってられるか!こういうのを負け犬の遠吠えと言う。(2006.9.1追記)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索