アリスは大統領、じゃ県知事は誰?

アリスのベスト チンペイやベーヤンはメンバーではありません

 今日は花の日曜日だというのに、浮世の義理でちょっぴり仕事、おまけに朝から雨というややブルーなスタートだった。ここ何年かの日曜日の過ごし方はいろいろなパターンがあるものの、基本的にラーメンをお昼に食べてドンタクの一日をコトホグようにしている。したがって昼がラーメンでないとなんとなく落ち着かない。まあ蕎麦でもいいし、どうしても無理ならうどんでもいいが、いやあんかけ焼きそばでも苦しゅうない。と、書いてきてある共通項に気がついた。それは全て麺類ではないか、という真実の声だ。ご飯類はなんとなく日曜の昼食べると損したような気がする。このあたり分析すると、ご飯=日常、麺類=非日常となってハレとケの関係など面白そうだが、先ほどから頭痛が続いているのでこれ以上は考えない。

 ということで今日は午後3時近くにあんかけ焼きそばを食べた。このあんかけ焼きそばというのは九州以外の人にはやや伝わりにくいかも知れない。ソースで炒めた屋台風の焼きそばではなく、中華のあんをどろりとかけた焼きそばである。結構当たりはずれがあるが、今日のお店は地元でもちょっと有名なチェーン店(ほら、今時「愛の貧乏大脱出」とか言うテレビ番組の看板を掲げてるあの店です。ちなみに今日の新聞で叩かれた「あるある大辞典」とか言う番組はこちらではオンエアされておりません。いえ、驚くほどのことではなく、よくあることなんです。なんといっても民放が2局しかなくて、学生時代に親が送ってきた荷物に入っていたローカル新聞のテレビ欄を見た友人が『お前のところ凄いな、新聞の半分がテレビの今日の見どころ欄やないか』と半分あきれて半分真顔で言ったことを僕は忘れない。あれから30年以上たったが未だに民放は2局だ。僕はテレビ見ないし、基本的に嫌いなのでどうでもいいが、この状況が日本全国同じだと信じている娘2人の将来が心配だ)で食べたので、中に入っている筍や牡蠣や夏草冬虫まで最後までしっかり頂いた。

 空腹が収まったので、選挙の投票に行った。僕の住んでる町の投票所は近くの公民館で、小さな神社と同じ場所にある。車から降りると、雨の中、新聞の出口調査だろうかボードとペンを持った女性が立っていた。今日の選挙は宮崎の新しい知事を決める選挙ということで、結構注目を集めていたようだが、投票所に入ると僕以外に投票に来ていたのはお婆さんが一人。受付や選管の人など、スタッフは10名近くいるのに、主人公の投票者は2人である。午後の遅い時間だからかとも思ったが、そうでもなさそうだ。宮崎の悪しき県民性、口は出すが手は出さないというか、誰がなっても一緒やっちゃがというニヒリズムを気取ってるようだが単なる無知、無関心という一面が出たのでは、と考える。投票を済ませて、出口調査の記者に何か聞かれると嫌だなと思い、来ていたウィンドブレーカーのフードを立てて外に出たら、全く無視された。それはそれで、ちと寂しいと思いながらもこちらから声をかけるのも変なので、さっさと車に乗って家に帰った。

 家に帰ると、配偶者と下の子が台所のテーブル一面に何か広げて熱心にやっている。おそるおそる覗いてみるとテストのやり直しで、下の子が英語や数学でおよそ悪魔も涙を流すであろう点数を取っており、配偶者逆上、娘開き直り続いて泣き落としという1学期に最低2回は行われる我が家の年中行事である。触らぬ神にたたりなしとおまじないを呟きながら、自分のPCの前に座っていると、目の前に「方程式」だの「ともなって変わる二つの量」だの確かに義務教育時代、あれは確かマッカーサーがコーンパイプをくわえて飛行場に降りた頃だからっと、ウソ、ウソそんな大昔じゃない、万博の頃の話って十分昔じゃ!!と、錯乱してしまう。早い話が配偶者が子育ては夫婦の協力が必要などとどこで仕入れたか知らんが、やたら耳障りだけは良く、そのくせ自分はヒステリックに起こっても良くて、僕がやや感情的になるとそういうところがいかん、とか人間の器が小さいとかいちいち腹の立つことばかり…すいません、洒落にならなくなったのでやめます。

 まあ、とにかく数学のプリントの解き方を娘に教えたりしているうちに、こちとらの頭も痛くなってきて、風呂に入って夕飯を食べて、とりあえず今日一日ご苦労さんとさっさと寝てしまおうと思ったけど、気になる知事選の結果も見なくちゃと今アリバイ的に日記をアップしているところです。あと3時間後には結果は決まってるでしょうが、どうなるかな。この雨で投票率は下がっただろうけど、誰に味方したか。少なくとも「独自の戦い」をしている候補者の目はないだろうが。そのまんま知事という恐らく名前だけ見たら冗談としか思えない、ただ今回の選挙でもっともしっかりした公約と意見発表をしたことで地元の人間に見直された、彼の雄姿が見ることが出来るか。それとも無難に川村候補か、まさか親の七光りのあの男ってことはないだろうな。

 いかん、考えてるとマジで頭痛くなってきた。それでは3時間後を楽しみに。

スポンサーサイト

コメント

パパさん業

してらっしゃいますね。いいですねえ。うらやましい。うちは父は教師(元中学数学、今は教壇以外の教職)なのですが・・・全く教わったことはないです。もともと理系なんで数学は苦労しませんでしたが、それでもそういう「パパ」っぽいことしてもらいたかったです。人の子ばっかり教えてて自分の子には全く教育しなかった父です。情けない・・・

麺ですが、分かります!麺って土日の代表ですね!
こどものころ土曜日は「よしもと新喜劇」を見るために走って帰って・・・観ながらラーメンをすするのが常でした。そして至福でした。
ちなみに私は焼酎にはなじめても、あんかけ焼きそばの文化にはなじめない人種でした。

えっ、一緒や一緒や

と、喜んでしまった。実は僕の父も中学校の教師(美術)でしたが、勉強は全く見てくれませんでした。休みの日も美術部の生徒を連れて、スケッチに行くので一緒に行っても面白くもなんともなかったことを覚えています。でも、父親ってそんなもんですよ。わが子に対して愛情をどう表現していいかわからないので仕事に夢中なふりをしていることがあるのでは。グレートプリテンダーですよ、オヤジは。

ぐあっ!

うちの親父も、高校の教師、のちには大学で教えておりました。今は年金生活者…らしい。
アリス・クーパーも牧師の息子だっていうし、そーいうお堅い職業の父親を持つと、子供は曲がってしまうのでしょうかねえ(笑)。

それは誤解です。

「医者の家には医者が育ち、先生の家には先生が育つ」といいますが、お母さん、これは決して遺伝ということではありません。その環境が大きな影響を与えるということなんですね、というトークを教材の営業マン時代によく使っていました。また、僕の統計では教師の家の子の7割は親の敷いたレールの上を走るが、残りの3割はドロップアウトというか、トンデモ路線に行くという結果が残っています。少なくとも僕自身は3割のほうですが、狸さんとかDahliaさんとかお仲間がいっぱいだから怖いことはありません。こういうのを一蓮托生、死なばもろとも、毒皿といいます。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索