FC2ブログ

attack on wild crow~駆逐してやる、この世から1羽残らず!!

 帰り道に烏に襲われた。自転車に乗っていつものように自宅に帰る途中だった。交通量が多いわりに点滅のみの信号があり、そこの手前をのんびり移動しているときだった。やたら烏の鳴き声がうるさいなと思っていたら、突然、後頭部に衝撃が走った。何かが、どんと当たった感触があった。そして、臭かった。思わず頭を触ったが、別にケガをして居るわけではなかった。一瞬、何が起こったか分からなかったが、自分の目の前の電線上に烏が止まってこちらを見ていた。烏が頭に当たったのか?意味が分からず、少し混乱した。その間、烏の鳴き声がやかましく足元を見ると数メートル先に烏がいる。地面の上をスキップしている様な感じだ。自転車だし近寄ったら逃げるだろうとペダルを踏んだが、近寄っても逃げない。ギャーギャー叫ぶだけだ。その時、殺気を感じた。電線にいた烏がまっすぐ僕のほうに向かってくる。思わず首をすくめ頭を低くした。烏は僕の真横を通って空中でUターンした。再度、ホバリング状態でこちらを攻撃する準備をして居る。地面にいた烏は、そのままふてぶてしく地面をホップしている。再度、烏の攻撃が来た。思いきり頭を下げたら、その上を掠めていく。横で並走している車の運転手が目を丸くしてこちらを見ている。何故、烏に狙われているか分からないが、明らかにこちらに攻撃の意思がある。傘でも手元にあれば、それを振り回すのだが自転車に身体一つなので武器が何もない。そこから自宅まではすぐなので、とりあえず自宅に向けて自転車を漕いだ。烏の鳴き声と追いかけてくるのは感じていたが、攻撃はしてこない。何とか家に帰りついた。

 バカ娘1号が休みで家にいたので、今、烏に襲撃されたと話をしたら、信用しない。普段から父親はウソつきだと刷り込まれているのだ。しかし、こちらの声の様子と、念のため後頭部を見てもらったらケガはしていないが、確かに何かがぶつかったような感じがあるという。その話をしている間も、窓の外には烏がやたら大きな声で鳴き喚いている。確かに烏の鳴き声が異常だというのは、バカ娘1号にも分かったようだ。部屋に戻って烏の襲撃というキーワードでググったようだ。すると今の時期、特に5月から6月は連中の繁殖期でつがいで巣作りに専念するらしい。その巣作りの最中に彼らのテリトリーを犯したり、巣のほうを見たりするとオスの烏が攻撃してくるらしい。しかも嘴などという強烈な武器をもちながらも畜生の浅ましさか、人間の後頭部に身体をぶつけるという行動を取るらしい。どうしたらいいかという対処方法も調べてくれた。一番いいのは、巣の周辺に近寄らないこと。それでもどうしても巣の付近を通るときはヘルメットや帽子をかぶって頭をガードして傘などをもっておくと安心らしい。

 決めた。明日からの通勤はヘルメット被って金属バットを持って行くぞ。K察に何か言われても烏の攻撃から身を守るためだと主張する。お前の場合は烏は烏でも青ガラスがあいてじゃないか、などという元ボーリョク学生がいるかもしれないが、そういう笑い話じゃなく、マジで今日は烏にビビった話。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

フリーエリア

ブログ内検索