FC2ブログ

ぶらサタ日記



年度末は忙しい。なんだかんだで仕事も忙しいし、雑用も忙しい。それでも今週は水曜日が祝日で休めたので、まだマシか。そして本日は土曜日。昼近くまで寝ていたかったが、定期的に受診している病院に行かねばのムスメで、眠い目をこすりながら車で行った。いつも混雑して待ち時間の長い病院ではあるのだが、本日は最悪の2時間待ち。処方箋をもらって調剤薬局に行ったのは午後1時。流石に腹が減って、近くのラーメン屋で大盛りを注文。創業昭和29年という、ワタクシもまだ生まれていない時から営業していた老舗の宮崎ラーメンを食べ、ようやく元気回復。

そのあとは、クリーニング屋に行ったり細々した雑用を片付けている途中に、しばらくご無沙汰していたフルモトが近くにあることを思い出しぶらりと寄って見た。病院の待ち時間に週刊誌の書評で、山本義隆の『近代日本150年ー科学技術総力戦体制の破綻』という興味深い本が岩波新書から出たという記事を読んだ。また『潜伏キリシタンは何を信じていたのか』という本もKADOKAWAから出たことを知り昨年映画で見た『沈黙』の絡みもあり是非とも読んでみたい。もしかしたらフルモトにあるかもとスケベ心を持ちつつ入店。

ラッキーなことに、そのフルモト、まあブコフなんだが、そこが本を一律20パーオフというキャンペーンをしている。よっしゃ、もしかしたら山田風太郎の室町モノがあるかもしれん。流石に『カクキョウドウ革共同政治局の敗北』は無いやろな、でも世の中には絶対なんてことないからもしかしたら、などと考えながら店内をウロついていたら本のカゴを持った前期高齢者の男と目があった。よく見たら高校時代からの友人であり、ミステリとロックを教えてくれたS原君だった。西都の桜を見た帰りだと言う。珍しく一人かと話しかけたら、もちろん奥方と同伴だと言う。えらいな、オレはそんなことはできんというか、うちの配偶者はフルモトに行っても5分で退屈するので、落ち着いてブツを探せない。ま、それはいいか。

ということで本日のブツは4冊。しかし早川義夫の本は間違いなくハードカバーで持っているが、前の引越しの時にダンボールに詰めて、その後は行方不明である。もちろん、押入れからダンボールを出して探すことも出来るが、ダンボールというやつは、一旦開くと何故か元に戻らない。それまでちゃんと入っていた本やCDが何故か入らなくなる。挙句は部屋中が散らかってしまう。家庭内で無用な争いを起こすのは基本的に平和主義者のワタクシの望むところではないので、ダブりを承知で文庫を買うのだ。

買った後に、ふと気がついた。こんなことをしているから、モノが減らないのだ。断捨離なぞとても無理。



iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

フリーエリア

ブログ内検索