FC2ブログ

めちゃくちゃ寒い夜はキャプテン・ビヨンドを聴こう



週末の夜、ボーナスなどという労働者をこき使う為にぶら下げられた人参を食べられる連中は良いが我々ルンペン・プレカリアートは、ただひたすら働くのだ。働いて働いて働いて、休みたいとか遊びたいとか思ったら死ねというのは海綿体じゃなかった海援隊的エセ教訓主義であるから、この際関係ない。

えーと、何の話だったか。そうだ、週末の夜、めちゃくちゃ寒いこの夜も店番である。あまりの寒さとカネの無さに頭に来たので、今夜の一発目はキャプテン・ビヨンドである。元アイアン・バタフライ、元ジョニー・ウィンター・グループ、そして元ディープ・パープルのメンバーが集まって出来たハード・ロック・バンド。

ハード・ロックではあるが、当時のプログレなどの影響もあるのかノンストップで曲が続いて終わらない。初めてこのレコードを聴き終えた後は、しばらく呆然としていた記憶がある。高校生の頃だ。この1枚目は、当時のロック少年の間では大ヒットした、と思う。少なくとも僕の周りにいたロック少年はほとんど気に入って良く話題にした。で、2枚目も悪くないが1枚目ほどのインパクトがなくて、バンドもいつのまにか自然消滅。とんと話題を聞かなくなった。

僕は、ロッド・エバンスのボーカルが好きで、ということはパープルの第1期も好きでアルバム『ブック・オブ・タリエシン』こそ、初期パープルの名盤と確信している。イアン・ギランも良いけど、どうもあの肉食全開というのがちょっと。正直に言うとゼップも最初はロバート・プラントの脂ぎった声が苦手だった。

さて、そのうわさすら聞かなくなったキャプテン・ビヨンドが何と突然再結成した。確か77年か78年くらいだ。あまりに嬉しくてすぐに購入。しかし、実に悲しいことにボーカルがロッド・エバンスではなかった。ウィリー・ダーファンとかいうやつで、ま、そんなに悪くないけどロッド・エバンスの冷めた狂気のようなボーカルを期待していた僕には物足りなかった。あまりに悲しかったので、幻のミニコミ、マーマレードに記事を書いたのを覚えたいる。

しかし、何故、めちゃくちゃ寒い夜はキャプテン・ビヨンドか。これは彼らのファースト・アルバムの裏ジャケのせいである。何やら物凄く寒々しい場所にバンドのメンバーが集まって写真を撮られている。まるでバンドのお先は真っ暗みたいな(笑)。そんなジャケだからバンドがこけるんだと、何故か今頃八つ当たり。



iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

ファーストのみ 意味がある

この盤は 平成になってどころか サラリーマンになってから かけたことが無くて、昨晩 レコード引っ張り出し、ジャケット裏を見て、貴記事中の寒いイメージってのが わかりました。何枚か出したけど 2枚目以降は オリジナルメンバーじゃないから ファーストとは別バンドだと思います。以前 他の人のブログで 第1期の発掘ライブと映像があると 知りました。ライブやってたイメージ無かったので 意外に思ったものです。

やっぱ、そうですか?

ファーストのインパクトが強すぎて、その後、どれだけアルバム出してもパッとしないバンドって結構いましたが、そのダントツナンバーワンがこのキャプテン・ビヨンドでしょうね。YOU TUBEの動画は僕も見ましたが、やはりなんとなくしっくりこない。彼らはライブパフォーマンスのバンドというよりスタジオにこもってダビング重ねてるイメージが強すぎるせいだと思います。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

フリーエリア

ブログ内検索