何でも方言にすれば良いというものでは無い、と思うのだ




秋晴れの休日、運動不足解消のためにチャリで港の近くのフルモトまで遠征。ここはルネサンスの輸入盤がまとめて手に入ったり、春一番の4枚組じゃない、4枚シリーズのアルバムを発見したり、まあ、レア物がゲット出来た優良店。そうそう、Tレックスのトリビュートアルバムも、ここで入手した。最近、再発になったアレだよ。そのお店目指してチャリこいでる時に見つけた看板。

うーむ。これで良いのか?この看板を眺めているうちに、以前、Charがコンサートで話してくれたエピソードを思い出した。「宮崎に車で来た時にさぁ、高速降りたらいきなり『てげてげ運転は止めましょう』って書いてあって驚いたよ。みんなでてげてげ運転って何だよと大騒ぎになったけど、あれ県外の人から見たら訳分かんないよ」。そりゃあそうだ。ごもっとも、とその時は納得して聞いた。もちろん、その後に石やんと2人でやったアコギでベンチャーズとか、掛け合いの演奏が凄くて、しばらく忘れていた話だ。

方言というのは、もちろんその土地の言葉であり、愛着を持って使ってる人も多いし、県外に出た時に自分の使っていた方言を話す人間に会うと無条件で相手を良い奴だと思ったりする事がある。ふるさとの訛り懐かし停車場の、というやつである。

僕が初めて入った会社は、営業会社で、それも訪問販売の会社だったので方言を上手く使えるかどうかは、仕事に大きく影響した。田舎の町をネクタイ締めたセールスマンが飛び込みで営業するのだ。警戒心バリバリのお客様の懐に飛び込む1番の武器は方言だった。しかし、大変残念なことに僕は中二まで県北の街で育ち、その後、ザキミヤシティに引っ越したので、高校の3年間と合計4年間しかザキミヤの方言を使った事がない。さらに大学は関西だったので、ネイティブのザキミヤ方言が使えない。生まれも育ちもザキミヤの同僚や先輩と交流して方言を勉強したが、言語学的にマスター出来ても喋りは真似出来ない。いや、誰かが飲み会の時に言ったが、お前の宮崎弁は文章にしたら、確かに宮崎弁だが耳から聞くと、いかにも胡散臭い県外人の宮崎弁だ。こう指摘されても反論出来なかった。あれから苦節うん10年。今ではペラペラの宮崎弁を駆使出来るようになった。これも、大学時代についに単位をくれなかった言語学の岡田妙先生のおかげである。

ま、そんな話はさておき、方言ってのは武器にもなるが反感買うこともある。昨日、ロックバーで一緒に店番したケイちゃんから、彼女も参加したえつぷんのアルバムから「ニシタチHEYブルース」という曲を聴かせてもらった。曲名は左とん平の「ヘイ・ユー・ブルース」にインスパイアされたとしか思えないが、実に良い演奏と歌だった。ただ、何故宮崎弁なんだろうという疑問が残った。標準語にすればメジャーでも通用すると思うと感想を言ったが、笑って相手にしてくれなかった。ま、これが人徳というものだ。

しかし、下地イサムのように全て外国の言葉かと思わせるような方言なら強烈だけど、うーむ、どうなんだ。ま、ライブで聴いたらまた感想は変わるかもしれないが、再度、写真の看板の話に戻ると、これあかんやろ。まず地元の人にしか通用しない表現であることと、工事業者の卑屈さが見える。工事で迷惑かけるけど、ええ道出来まっせ、しばらくシンボーしとけば、悪いようにはせんから、ま、ま、談合とかそういう話は横に置いて、うっとこに工事任せとけば間違いありまへんで、てな意識が見え見え。こういう方言の使い方はオレは嫌いだ。なんかようわからん結論。

とりあえず、日本のジェームス・ブラウンこと左とん平のヘイ・ユー・ブルース


えつぷんの弾き語りによる「ニシタチHEYブルース」。バンドバージョンがなかった。


追記:その歴史的名盤の数々を発見したフルモトは解体工事の真っ最中だった。結局、ザキミヤのフルモト市場はブコフが独占することになったようだ。てか、ブコフも一時の勢いはないな。



iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索