天花粉、シッカロール或いはベビーパウダー


連日の猛暑で右肘の表側にあせもが出来た。其れ程、痒くはないが見た目が良くない。あせもというより悪質な皮膚病みたいで体裁が悪い。昔からあせもに効くのは天花粉。バカ娘がドラッグストアに買い物に行くついでに購入を頼んだ。しかしながら、、天花粉という言葉が通じない。シッカロールと言ってもダメ。そうだ、ベビーパウダーなら知ってるだろうと言ったが、それもまた怪しい。案の定、後から携帯に電話があり軟骨みたいなものはたくさんあるが、粉末のものは見当たらないという。そうか、もう天花粉は売ってないのかと諦め、軟骨でいいから買って来てくれと頼んだ。

数分後に、得意そうな顔をしたバカ娘がくれたのが写真のベビーパウダーである。ピジョンというのは、確か赤ちゃん用のグッズやドラッグを作ってるメーカーだ。なんだあるじゃないかと、少し嬉しかった。

子供の頃、床屋に行って髪を切るときに、首筋にパタパタはたかれる天花粉が好きだった。少し汗ばんだ肌にふわふわ、サラサラの天花粉が塗るというより拭く、いややはり、はたく感じが気持ち良かった。

後年、この天花粉は大抵の皮膚の病に効くと知った。シーモネーターではないが、毛ジラミをうつされたら、まず速やかにインモーを剃り、剃髪状態の股間に天花粉をつけるとすぐ治ると、これは罹患したヤツから聞いた。幸か不幸か、いや幸に決まっているが毛ジラミをうつされたことは無いので、本当かどうかは分からない。このエントリーを読んでる人の中で、社会主義的リアリズムを追求したいというキトクな人がいたら是非お試しあれ。その間のレポートはメールで送って欲しい。

ま、しかし、この天花粉は皮膚病以外にも役に立つ。久しぶりに下宿に友人が集まり、今日は徹マンすっかと話がまとまり、コタツの天板を裏返し練り牌を箱から出したが、しばらく使ってないため、牌が湿気でベタつくことがある。そのまま使っていけば、時間の経過とともに手に馴染んでくるが、しばらくは気持ちが良くない。

そんなときには、牌の上に天花粉をはたくと、あーら不思議。あっという間にサラサラ、ふわふわになり、洗牌するのも軽やかになるのだ。しかしながら、天花粉の乾燥よりもさらに乾燥するのは自然の風。あれは、大学の一回生の時。秋口に野外で麻雀している連中を見た。いつもは雀荘や薄汚い下宿でやってる麻雀も、秋空の下でやると清々しく見える。

よし、これはいっちょ、オレ達もアウトサイダー違う、アウトドア麻雀やろうやないかとサークルの友人、先輩と話がまとまり、修学院から宝ヶ池まで自転車で移動して屋外麻雀を楽しんだ。コタツも麻雀牌も当然、自転車で運んだのだが良くぞ片手運転で修学院から宝ヶ池まで行けたもんだ。

清々しい秋空の下でやる麻雀は快適、ではなかった。あまりに牌ご乾燥しすぎて山が積めない。いや、積めるには積めるのだが、すぐに崩れてゲームにならない。しかも、点棒も乾いて良く飛ぶので、リーチ・ドラ3などに振り込むと、当然ムカついて点棒を相手に投げる。すると、1番大事な万点棒がどこかに飛んで無くなるなどという不測の事態が続いたため、アウトドア麻雀はその後は2度と行われなかった。

さて、後少ししたら風呂が空くので、ぬるめの湯にゆっくり浸かり、風呂上がりに天花粉をふろう。もちろん鼻歌は「風呂上がりの夜空に」である。オーケー、チャボ!!




iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

天花粉で思い出すこと

剃刀を 使用前後に 革のベルトみたいなものでケアするのや 後半に頭や肩をポコポコ叩くのと同じく 天花粉は 昔の散髪屋のルーティンのひとつでした。禁煙の散髪屋が多くなった今、昔の テーブルの大箱徳用マッチとかも 懐かしいです。
天花粉で思い出すのが・・
昔、仕事の関連先に 15歳位上の若ハゲで 昭和の終わり頃から カツラをかぶり始めた方がおられました。 地毛かと思うような上等のカツラでしたが ある部下と「〇〇さんのカツラは上等だけど、夏は暑いから 天花粉を振らないと やってられんだろうなあ」などと揶揄してたものです。部下が その会社に電話する時は「今日も かぶってまっか~?」とかけて 電話を取ったその人の部下が 小声で「かぶってまっせ~」と答えるのが慣例でした。
ある日 部下がかけて いつも通り開口一番「今日も かぶってまっか~?」と言ったら 電話を取ったのが そのカツラさん本人で「相手が誰か確かめてから言え!」と怒り 後で その人の部下も怒られたそうです(笑)。
私の部下は その後 某超有名大企業に転職して 偉いさんとなり 海外出張はファーストクラス、五つ星ホテル宿泊です。
あんなふざけたことをやってたアイツが大出世とは うれしいやら おかしいやらです。
夏になると そのカツラの方を思い出し「〇〇さんは まだカツラをかぶってるだろうか? 時々 天花粉を振らないと暑いだろうな。」などと思いを巡らせます(笑)。 

ゲーハーに天花粉(笑)

確かに、ヅラの下は蒸れるから乾燥を求めますね。なるほど、そこに天花粉。まさに正論。しかし、その仕事先の人も洒落の分からない人ですね。もしかしたら苗字は「小倉」ですか?社長が元気な時は巨人ファンで、社長がセミリタイアすると西部ファンを公言するあのクソみたいな男を思いだしました(笑)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索