『ロマンティック・バイオレンス』の続きから



先日、臨時店番をしていた時から、ゆっくり聴きたかった山本翔のアルバムを開店前にかけている。このアルバムからは「アレイ・キャット」と「デビル・ウーマン」という2曲のスマッシュ・ヒットが出ている。そして、このあと「ロシアン・ルーレット」というシングルヒットを持って、山本翔は銀閣寺のサーカスに登場した。ストーンズが「ミス・ユー」のヒットを出した頃だった。

当時のサークルの会報だったか、新しく始めたミニコミだったか忘れたが、この時のライブのレポートを書いた。今でも覚えているのは、いつもはむさ苦しいニイちゃん、ねえちゃんの溜まり場だったサーカスに、小綺麗なティーンエイジャーの娘たちが沢山入って来たこと。最初にバックバンドが出て来たが、コスチュームがDEVO+テッド・ニュージェントという感じで訳がわからなかったこと。ただ演奏はとても上手くてカッコ良かったこと。山本翔は、やたら態度がデカくて小娘の客に、お前らのれよなとこ毒づいたこと。アンコールは「ミス・ユー」で、確かにミックに良く似ていたことなどは今もはっきり覚えている。

ライブ見たあとは、結構気に入ってしまい、当時バイトしていた祇園のクラブで、客のいない時間に有線に山本翔の曲をリクエストしたりした。うーん、オレは若い頃から行動パターンが変わっていない。

さて、このアルバムだが、もちろん山本翔の歌がメイン。メインだが、個性的な3人のギタリストの聴き比べも楽しい。土方隆行、芳野藤丸、そして土屋昌巳。この、それぞれ個性的でユニークなギターソロが聴けるのも、このアルバムの楽しみ。

最後の土屋昌巳は、サーカスのライブの時にバックバンドで参加していた。ライブのラストに山本翔がバンドを紹介した。一風堂という少し変わった名前のそのバンドが「すみれセプテンバー・ラブ」というマイナー・ヒットを飛ばすのは、もう少し後になるが。









iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索