物は大事にしよう、買い物はメモして行こう。

 週末恒例のA内科に注射を打ちに行ったが待合室から人は溢れているわ、駐車場は待機中の車がいるわで、にっちもさっちもどうにもブルドッグWAOH!(フォーリーブスのヒット曲、知らない人はお父さん・お母さんに聞いてみよう、そういえば近田春夫&ハルヲフォンもやってましたねって、こっちの方も知らないか!)という状態だったので銀行に行ったり、スタンドで給油したりして時間調整後もう一度アタック。何とか車を置いて受付を済ましたが、今日も週刊現代、週刊新潮、サンデー毎日を濫読する羽目になった。

 元気になる注射(昨日の話題のシャブじゃないよ)を打ちに行ったのに逆に疲れて家に帰り、ふと気がついた。トイレの消臭剤が無かった。僕は何でもかんでも臭いを誤魔化す消臭剤は要らないと考えているのだが、我が家の女子供ども妻子がうるさい。この『臭いものには蓋』という考え方は実は大変危険なのである。例えば食べものが一定期間を経過すると異臭を放つのは、これを食べると病気になるという暗黙のメッセージを送っているのだ。

 体臭にしてもそれこそがその本人を認識する、あるいはその人となりを表わす物ではないのか。何でもかんでも消臭したり、勝手な匂いをつけて無菌状態の純粋培養ではへなへなの人間になってしまうではないか。またやれ匂いだ、手洗い消毒だなどといってみんなが「清潔」でキレイな世の中というのは非常に怪しいし、危険だ。そんな事に気を取られてるうちに狂牛肉を輸入されたり、耐震偽装されたり、家電品はPSEされたり、あげくは共謀罪から消費税10%以上、最終的には憲法まであの連中の思い通りにコントロールされてしまうのが解らないのか!!!などと過去何度も熱弁を振るったが、「パパのトイレの後は臭い」という一方的な女子供ども妻子の主張が強くて、何かと立場の弱い父親は泣く泣くトイレの消臭剤を買いに行くのだ。

 ま、そんなこんなで結構トイレの消臭剤はいろいろ使ってみたが、最近はもっぱら100均に売ってるスプレー式の物を買っている。そこで疲れた体に鞭打ってDエーに買いに行った。え、何でDエーと思う人は激動の流通業界を解ってない人だ。今Dエーの3階にはちゃんと100均テナントで入ってるのよ。ちなみにRマンにも100均あるし、鹿児島が本社のスーパーTヨーにも100均あるよね。

 これでは定価で物を買うのが馬鹿らしくなるが、もっと怖いのはどうせ100均のものだからという考え方に犯されて、物を大事にしない・何かあればまた買えば良いという安易な人間になってしまうことだ。どんなに安い100均の商品でもそこにはお店の利益が乗っている。商品だから当然原価もあるし、それを作っている人達もいる。ちょっと考えてみて欲しいのだが、利益を確保する・更に利益を伸ばすという一本道の先にあるものは、より安くで材料を仕入れる・より安い人件費を求める・より短い時間でより多くの物を作らせるという”より、より”の世界が待っているのだ。

 また一つ見方を変えると、これだけの商品をここだけで売っては利益が少ない・より多くの人に、地方に、国に売ろう。その国の流通形態を破壊する?いいじゃないか安くてその国の人も助かるのだから。人体に危険な物がある?解らなかったことにしとけばいいじゃないか…と言った恐怖の連鎖が始まる可能性が高いのだ。実は卒業のプレゼンで一番言いたかったのがこの事なのだ!

 今回は妙に力が入った割には支離滅裂で中身が無いが、実は本当に怒っているのは折角100均に行ったのに、大好きなワンタンスープを買い忘れたからなのだ。普通のお店には売ってなく、100均にだけ売ってる塩味、卵味のやつがあるのだ。それを買い忘れて自分自身に怒っているのだ!!思い出したらまた頭に来た!もう寝る。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索