職場の忘年会で


何故か学校給食の話題で盛り上がった。必然的に、何が一番美味かったか究極の給食メニューは何だというテーマになり、僕は絶対な自信を持って「揚げパンとみつ豆、これで決まり」と宣言。すると回りに奇妙な空気が漂い、中の1人が意を決した感じで、こう聞いてきた。

「揚げパンは、給食に出たけどみつ豆って何ですか?」。僕は我が耳を疑った。みつ豆を知らない?戦争しか知らない子供たちは知ってるが、みつ豆を知らない子供たちって何や。大人をからかうものじゃ無いぞと諭すが、その場にいた全員がキラキラした目でみつ豆、知らなーい、と訴えている。仕方ないので説明するが、ピンと来ない様子。そうしているうちに、今度はこちらに質問があった。

「脱脂粉乳って飲んだことありますか?」。そんなもん、当たり前だのクラッカー。世の中にこんなに不味い飲み物があると、教えてくれたのは鬼畜米英、違う、米帝。本来、家畜に与えるものを大量に余ったからといって、植民地である我がポンニチに売りつけた。それを栄養があるなどと有難がって押しいただいたのは当時のポンニチ政権。ま、そんなことはどうでも良いが、脱脂粉乳飲んだ飲んだ、飲まれて飲んで、飲んで飲みつぶれて眠るまで飲んだよな、と同意を求めたら全員揃って首を横に振りやがった。

さらに、給食に米のメシは出たかという話題になり、そんなもん出てきたことねーよ。コッペパンか食パンだと答えたら、「カレーの時もパンですか?」と聞かれ、「カレーなんか給食で出たことねーよ。カレーシチューはでたけどな。あれがまた、サラサラした味なんだが、美味かった」と答えたら、またもや全員揃って首を横に振りやがった。カレーシチューなど知らないというのだ。

ま、世代の違いといえばそれまでだが、給食でクジラの肉を美味しく頂いた世代からすると、米の給食ナンセンス、みつ豆知らない世代ナンセンスと叫んでおく。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

給食の思い出

家内も揚げパンが楽しみだったと言ってます。私は、米飯はもちろん、食パンも無く、コッペパンのみでした。脱脂粉乳は 前の世代と違って 甘みがついてて 私は好きでしたね。小3まで 洋食嫌いの祖父母と同居していたから パンの朝食や昼食は無しでしたので、給食のパン、マーガリン、ジャム、チーズとかが ささやかな楽しみでした。おかずは 野菜の旨煮みたいのが多かったかな? アルミの食器に 箸じゃなくて 三つ割れスプーンでね。楽しみだったのは ソフト麺でしたね。袋を開けて器に入れて ミートソースもどきを混ぜ合わせるのだけど その具が麺の量より少ないもんだから 半分は麺のみを食べてる感じでした。大阪府は 給食導入時に 関係者がソフト麺を拒否したそうで、大人でもソフト麺を知りません。もったいない話です。クジラカツは 大学の学食までは ありましたよね。たまに 食べたくなります。みつ豆は 旨かったけど 他の桃、パイナップル、みかんの缶詰同様 チクロやサッカリンが いっぱい入ってたんだろうな。我々世代は、ケガしたら赤チン、理科のアルコールランプとビーカーの間には石綿、体に悪いものが たくさん体に入ってただろうに ここまで まあ生きて来れたよね。

たまに脱脂粉乳に

コーヒーもどきのやつがありました。名前だけはコーヒー牛乳といってたけど、脱脂粉乳にネスカフェの賞味期限切れのやつをぶち込んだんでしょう。かすかにコーヒー味がしたけど風味は脱脂粉乳のままでした。ソフト麺は僕も食べたことがありません。6つ違いの妹の給食には出ていたと以前聞いたことがあります。

鯨カツは美味しかったですね。初めて京都のおでん屋に入ったとき、鯨のベーコンや舌などがおでんに入っていて腰を抜かしたことがありました。

チクロ、サッカリン、赤チン、石綿金網それだけでなく、運動中は水を飲まない、うさぎ跳びで階段を上下、揚句は教師の体罰と、今考えると全くでたらめな時代でした。確かによくぞここまで生き延びたなという気がします。

みつ豆って

若者が知らないとは。
宮崎県には甘味処がないのですか。

鹿児島の影響で「白くま」しかないとか。
もしくは沖縄の影響で「ぜんざい(本土のぜんざいとは別)」しかないとか。
うーむ、沖縄語の「テーゲー」と同様に「てげてげ」が通用語だからありえるか。

ちなみに札幌出身でDrac-OBさんからワンディケイドアンダーな私は週に1回米飯メニュー、脱脂でない牛乳はビン入りの頃は廊下で凍り、月1回ソフト麺でなく袋入りラーメンが出ました。

そういえば、地元の甘味というと

確かに夏場は「白くま」がブイブイいうてますが、それ以上に人気があるのは別名「ナンタケット・スレイライド」とも呼ばれる百姓うどんのかき氷です。こちらをどうぞ。
https://matome.naver.jp/odai/2140836357037626001

その他には、「チーズ饅頭」なんてのも当地のオリジナルですね。
http://miyazaki.fool.jp/blog/?p=9

ロック・ファンには元ブルー・ハーツのヒロトの大好物といわれる「なんじゃこら大福」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/12/news054.html

あと、昭和のお子達が大好きだった「蜂楽饅頭」。ま、これは「大判焼き」という名前で呼ぶところもありますが、地元では必ず「蜂楽饅頭」。ちなみにワタクシはイデオロギー的には黒に近いと思いますが、何故か、この「蜂楽饅頭」は白が好きなのも困りものです(笑)。
http://www.houraku.co.jp/

沖縄との共通項で言うと、サトウキビを食べるというのもありますね。前の大戦の時に沖縄から宮崎に疎開してきた人たちが作っている集落でもよく食べられていました。サツマのものは黒砂糖をありがたがりますが、あれは南方諸島の産物を収奪したものなので、まあ好きですがのど飴程度にしています。って、なんのこっちゃ。

とまあ、いろいろ甘味はありますが、コラソン・デ・みつ豆の旅はまだまだ続きます。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索