本日は用事があって



午後から、仕事を休んだ。昨日は、自分のチョンボで弁当を頼み損ね、やむなくファミレスで日替わりランチを食べた。本当は、ライス大盛り無料なのにウェイトレスが確認しなかったので普通盛りを食べた。もちろん、オーダーを持って来た時に、クレームをいえば大盛りにしてくれたかもしれんが、大の男が、そげん細かこつで腹かいとったら(腹をたてるという意味のネイティヴ・ランゲージ。方言ともいう)、西郷さんのごたる偉か人にはなれもはんぞ、という薩人の声が何処かから聞こえたので、黙っていた。

それでも、元は取らんと損だと思いスープを3杯お代わりした。ま、この辺りがオレの限界である。そして、今日の昼飯は大阪王将にした。本当は、京都王将の方が好きなのだが、地元の王将はカゴンマ王将の傘下にあり、味が薩人好みになっている。要するに、何でも黒砂糖を入れて甘ったるい味にしている(いや、多分そんなことはないと思うが、分からんぞ。地産地消だとかいって琉球人民から搾取した黒砂糖をふりかけているかもしれん)。さらに王将ランゲージである、イーガー・リャンガーなどの数名詞の使い方も本場と微妙に違う(コーテー、リャンリャンとか言ってるのだ。アリランじゃねーだろと突っ込みたくなる)。

したがって、ここはやや値段は高いが、中華料理の味がしっかりしている大阪王将をチョイス。店に入るとランチタイムなので客がごった返している。やっと、空いてるテーブルに案内され回鍋肉定食を頼む。すかさず、おねいさんが大盛り無料の説明。異議なし、異議なし、ついでに回鍋肉も大盛り無料にせよ、と言いたいが、そこはぐっとこらえてライスのみ大盛りを注文。

そして、今、食べた。満足である。強いていえば、回鍋肉に入っているタケノコが、ラーメンに入れるメンマだったのが、ちょっと。いや、いかん、そげん細かな事を言うたらあかん、言うたらあかんけど、つい手が出てしもてって、オレは一体何処の人間や(笑)。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

どちらも長く行ってません

両王将共に 何ヶ所か行ったのですが、リピートしたくなるような店舗が無くて。今の大チェーン店は、当時の出町の王将とは別物ですね。そうそう 昨晩のNHKで 出町の三角州をやってましたが 店に出られてて ご覧になってないかな? 当時を思い出して 懐かしく感じる反面 切なくなりました。阪神大震災で家族を亡くされた61歳の男性が ふと来たくなる。酒飲んで寝てたら 警備員の人に 学生さん、授業行かんでいいの?と起こされてた学生時代を思い出すって場面がありましたが、この人が百万遍大なら講義出てるだろう、R大の可能性もあるけど、おそらくD大かな、自分と同時期に 同じ場所の空気を吸ってたんだなぁと思いながら 感慨深く見てました。

周りに沢山あると

そうなるかもしれませんね。周囲にないから天一のラーメンが食べたいとか、出町の王将のホイコーロが食べたいとか、室町のデュークのインディアン・スパゲッティが食べたいと思うんでしょう。あ、デュークはもう無くなったか。

その番組は「鳥肌音楽」の管理人、まI橋ですが、彼がFBにアップしていました。もちろん店番があって見てませんが、「デルタ」という言い方に違和感ありますね。あそこは、僕は出町の三角州と呼んでました。

出町の下宿時代に部屋に戻ったら、同郷の友人のメモがあって、三角州で飲んでるから暇だったら来いと。ま、毎日暇なので行ってみたら、R大の高田渡大好きな奴がいてギター弾いて歌ってる。誰だ、こんな辛気臭い歌を歌ってるのはと、よく見たら同郷の友人のクラスメート。衣笠に移転した大学の男なので、まあ、ダサいけど舞鶴の出身なのでナオンをこますのは早い。そいつに貸したライ・クーダーのレコードは戻ってきませんでした。

そうそう、M原君の思い出も一つ。出町の三角州の手前の道路に屋台のラーメン屋が2軒あって、その間がかなりなスペースでした。僕の出町の下宿で、マーマレードの編集会議をやって、夜中腹が減ったのでラーメン食べに行きました。黙って屋台に行けばいいものを、デモ隊列で行こうということになり編集長のM川君がコール、僕たちデモ隊がレスポンス、おおこれぞ子r-アンドレスポンスなどと騒いでいたら、それを見ていた「あのねのね」が出た大学のに~ちゃんが絡んできました。一触即発の雰囲気で、周囲にいた野次馬も絡んできてこりゃやばいなんてこともありました。

今は昔の物語。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索