ビーテレ見てたら



何やら芸能人が、ひな壇に座っていて、その周りに色々な世代、キーワードで分類されたグループが、物事の好き嫌いをディスカッションする番組をやってた。マジなプログラムではなく、あくまでエンタメなので、殊更噛み付くようなものでは無いかもしれないが、登場人物のある発言が気になった。

発言者は、アラフォーの独身美人という設定で、スナックを経営している。結婚なんか人生の無駄だと。ま、そりゃごもっとも、その意見には異議なしと言っても良い。問題は、その後のセリフ。今の若い、ゆとり世代はトライ&エラーが足りないと断言。一瞬、あ、トライアル&エラーの言い間違いかと思ったが、その後も何度も繰り返しトライ&エラーが大事だ、傷つくことを怖れずトライ&エラーしろという。

その昔、英文法で動詞の原形に&をつけると命令文でも特別な意味になると習った。命令形プラス&は、『何々せよ、そうすれば何々になる』という意味になるし、命令形プラスorだと、『何々せよ、そうしないと何々出来ない』という意味になるとも習った。その中で、一種の慣用句として、試行錯誤のことをトライアル&エラーと表現するとも教わった。倒叙物のミステリーの最高傑作の一つにも『トライアル&エラー』という作品があり、なるほど、あの小説は薩人、違う、殺人を何度も試みるが上手く行かないところが面白かったっけ。あの作家は、誰だった、フランシス・アイルズに限りなく近いアンソニー・バークリー・コックスだ。などと話は横に逸れたが、要するに独身熟女のスナックママ、自らをキャリア・エリートと自称する、あのオバハンは、ゆとりの若者に『挑戦しろ、そうすれば(必ず)失敗する』と力説しているのだ。

そりゃ、ゆとりでは無い、中高年パンクのオレだって、挑戦してコケるのは嫌だ(笑)。まあ、無理を言うたらあかんで、と笑っていて、それでも気になったので調べたら、『トライ&エラー』は和製英語で使われているとweblioに書いてあった。ご丁寧に英訳すると"traial & error"と書いてあった。やれやれ。

しかし、反動アベ一派が来る7.10で大勝利しようと、あの手この手でメディアを攻略しているのに、こんなしょうもない番組で一般大衆のガス抜きしようとはビーテレは、やはりもうダメだな。巨泉が元気だったら週刊誌に書いたかもしれんが。

写真は、エントリーと無関係だけど宮崎に野生している、何とか言う果物。えーと、ピーマンじゃない、コーマンでもない、そうだ、マンゴーだ。OH MAN GO??って、下品やわ(笑)。






iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

No title

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
懸賞のブログサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/8Fzxre
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

きみきさん、ありがとうございます

いやー、拙blogを読んで楽しむむは「ココロがカタワ」の人ばかりだと思います。懸賞サイトにはそぐわないと思います。ご丁寧な申し入れですが、堪忍したってください。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索