アメニモマケズ、カゼニモマケズ



迫り来るファシズムの嵐にも負けず、本日もジャズ講座受講である。先週は、早めのディナー、ま、世間ではラーメンと呼ぶらしいが、チャイニーズ・パスタを食していたら、同級生の訃報が届いた。そのせいで、サヒカブイのメンデラも美味くなかった。果たして、味覚は心理的動揺で左右されるかという実存主義的実験を本日実行。要は、もう一度メンデラを食べてみた。マズくは無いけど、やはり学生時代と味が変わっている。ここの経営者が居抜きで今の経営者に暖簾を譲り、本人は別の名前でラーメン屋をやっている。

当たり前といえば当たり前だが、そちらの店の方が、学生時代に食べたメンデラに近い。それでも6時前に行っても、客が居るから、今の栄養軒の方が好きという人も多いのだろう。ま、所詮は食いモンの事だ。大の男が細かな事を言うたらあかん。まして、九州男児のオレが、そんなつまらん事でうろたえてどうする。などと、見得を切ったが、いやいや、食いモンの味は大事だ。今後もハート・オブ・ゴールドのラーメンを捜し求めて旅を続けたい。

おっと、本日の講座はたぶん、演奏無しの、ザ・座学。「アメリカ文学とブルース」というテーマだ。津田塾の椿教授、2度目の登場である。あ、しまった。予習を忘れた。ぶっつけ本番の講義で、大丈夫か。なに、いざとなれば大衆団交に切り替えて、授業を潰せば良い。というようなトロ的、ボーリョク学生的言動は慎みましょう、ワタクシ(笑)。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索