昨夜はどうやって帰ったのか



全く記憶が無い。18時に居酒屋で、一緒にライブに行くY尾君とI切さんと呑んだ。19時には切り上げ、ライブハウスに向かった。ドリンクは白霧のロックを2杯呑んだ。22時過ぎにライブが終わり、帰ろうとしたらH高社長に、「打ち上げに参加しろ」と言われ、妹尾教授と今回のライブに参加した地元ミュージシャンと呑んだ。お開きになったのは、明確ではないが午前2時過ぎていたと思う。

それから、どうやって帰ったのか。気がつけば、自宅の布団で寝ていた。人様のお宅で無くて良かった。ましてや、ヒトヅマの布団の中で無くて良かった。いや、後者はちょっと考えたい。何を言ってるのだ、オレは。

布団から死ぬ気で起きて。仕事に行った。午前中は、明らかにまだ酔っぱらっていたと思う。昼に熊本ラーメンを食べて、ようやく生き返った気がした。何とか仕事も終わり、自宅で仮眠したら夜勤の時間だ。自転車に乗って店に来て、本日はブルースで行こうとロバート・ジョンソンのレコードをかけた。

そして、今、思い出した。オレは昨日、自転車で居酒屋に行った。ということは、あのへべれけ状態で、自転車に乗って家に帰って来たのだ。良く無事だったものだ。ホンマにこういうことでは、いつかヒトヅマの布団に入っているかもしれん。てか、心配はそっちかというお話でした。ああ、まだ頭が少し痛い。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

このレコードを買った時のこと

よく覚えています。京都に来て、初めてレコード屋回りをした日の1軒目、四条烏丸の十字屋に有りました。中村とうよう著「ブルースの世界」で 名前しか知らなかったレコードが あっけなく見つかって、さすが ブルースブームの京都だなあと思ったものです。確か2100円で買いました。クリームのクロスロードのリフが オリジナルには出てこないのに驚いたとか、カバーで知ってる曲のオリジナルが 結構入ってて、ワクワクしながら聴いたものです。中で一番 心にしみたのは、カモン イン マイ キッチンかな。 話は飛んで、私は 通勤時、スーパー外の駐輪場を抜けて ショートカットしております。この駐輪場は 終日開いてるし、1日停めても バイクが150円ですから 駅に隣接してるし、 客より 通勤者が 駐輪場として使うことが多いと思います。今朝も通り抜けてたら 20代前半と思われるおねえちゃんが、カブバイクで出て来る所でして、すれ違う迄の5秒間位、パンティのVゾーンが丸見えで、とても得した気分になりました。お姉さん、次の時もよろしくお願いしますね(笑)。

そいつはバックマウンテン・アフタービーですね

ボボ先輩もご存じの通り、ワタクシ元英文科でして、それもアメリカやイギリスのスラングを専門に学んでおりました。そのためにロックやジャズなどという下賤の音楽も聴いていたのですが、今回の5セカンド・ラッキー、ワタクシもあやかりたいものです。ちなみに今回の"back mountain after B"の解釈ですが、back mountain =「裏山」、after B=C。
要するに羨ましいということでした。肝心のブルースの話はどこへ行ったんだ(笑)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索