本日は講義初日



18時30分から始まる講義に30分以上も前からスタンバイ。学生時代には、絶対ありえなかった行動を、パンク中高年になってやってしまう。会場は、比較的大きな講堂だが、すでに10数名の参加者が待機していた。本日は黒人文化としてのジャズというテーマでの講義。

大学に入ったばかりの時に、オリエンテーションがあった。教室を間違えた僕は遅刻した。シーンとした教室のドアを開けて入ると、みんなが一斉に振り返った。アメリカ人の先生が手招きして、空いてる席を指示し、そこに座った。ぼんやり話を聞いていたら何やら数人の学生が教室に入ってきて、進行係りの講師に話をしている。大学に入ったばかりの彼らに、少し話をしたいとアピールしている。最初は断っていた講師も折れて許可した。

一番前の講師の席に陣取った学生がアピールを始めた。ヨヨギ系の学生グループだった。その話の途中に、赤いヘルメットと赤いタオルで顔を隠した学生が数名乱入してきた。最初の学生グループは、脱兎の如く逃げ出した。今度は、赤ヘルの学生がアジり始めた。何を言ってるかわからないが、とにかく怒っている。この怒りを共有しないのはヒトデナシだと言ってるかのようだ。

僕はヒトデナシになりたくないので、その赤ヘルの学生たちの言う事を真面目に聞いた。しかし、よく分からなかった。全学闘争委員会と名乗った学生グループは、風の様に去って行った。もちろん、手にしたゲバ棒やバットで教室の机や床を叩いてからだ。

などと言うことが、この教室でも起こるのか、大変楽しみである。起こらなければ、問題提起を一発やるか(笑)。

※追記:非常に充実した90分の講義だった。レジュメも丁寧に作られていて、それに沿ってPPTを使っての授業は楽しく学べた。本国から追い出されたピューリタンが理想の国造りで始めたものを、享楽的なヨーロッパ人、ユダヤ人の移民がめちゃくちゃにしてそこからジャズが生まれたと、これは大雑把なまとめだが、納得できた。結局、ユダヤ系のTIN PAN ALLEYと黒人のブルースが融合されてジャズが誕生し、アメリカの白人学生たちに支持される中、世界中に広まっていったという結論はうむ納得という感じだった。結構、ロックの歴史にも絡んでくる話もあったな。こんなことなら、学生時代にもっとまじめに米文学を勉強しておくのだったと後悔先に立たず、立つ鳥跡を濁さずなのであった。なんのこっちゃ(笑)。







iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

見たような光景

大学入って最初の授業が似たような感じでしたねえ。
あ、授業じゃなくてオリエンテーションか。
最初に来たのは生協委員。女性2人。
その後来たのは自治会再建実。30過ぎの男性1人。ヘルメットはかぶってませんでした。後にパルタイネーム「ケ○沢」と判明。

まあ私が入学したときにすでに卒業してたデーモン小暮も4年間生協委員を務めたとかで、その時来た2人も代々木かどうかは知りません。
ケ○沢はマル学同メンバーだったようです。その2年後、私含め学外放逐になりうるピンチがありましたが長くなりますので省略。

なるほど、ということは日本全国の大学で

ヨヨギ系と反ヨヨギ系の学生グループがドンパチやっていた時代だったんでしょうね、って、そんなわけあるか(笑)。僕が大学に入った75年ですら、全国的にはすでにそのような状況ではなかったはずですが、京都のガラパゴス的状況が、上記のような小競り合いの原因なんでしょう。そうやって考えてみると、かくたさんの体験もなかなかレアなものであったと(笑)。

ま、生協の人たちとはあんまり仲良くなれなかったな~。学食はさんざん利用したけど。

生協

以前、参加していたSNSのコアメンバー(牢名主?)の同志社OGの女性は生協関連企業勤務でした(笑)。まあ「京都嫌いの」井上さんに紹介して差し上げたいほど、滑稽なまでの「いけずな京女」。1962年生まれなのに?というぐらい、「東京へ行くことを頑なに『東下り』と言う」「東京を『江戸』としか言わない」「共産党支持者」でした。そのオバハンに一度、立て看の話を振ったら「赤ちゃんの落書き」と表現なさいました。

そのSNSは某新聞社の関連だったんですが、件の京女さん、1954年生まれなのに「あしたのジョー」など少年漫画を一切読んだこともない四角四面な大手企業部長、とか、神社の嫁から始めたのが運の尽き(?)の5×ぐらいの豪放磊落過ぎて絡まれるとキツイおばさん、とか、某新聞社OBらしいが、精神を病んで、ユーザーへの嫌がらせが生きがいの元記者(30代?、こういう人他にもいました。この木何の木の系列の人)、ユーザー集めて週に3回ぐらい飲み会やって威張るのが生きがいの記者(数名いました)、とか変な人いっぱいでした。

そりゃ濃すぎるSNSでしたね(笑)

まあ、京都人、あ、正確には洛中の人間の中には強烈な方が多いような気がします。多分、偏見とか予断といわれるかもしれませんが、あえて断言します。そんな奴が多い。しかもお仕事がワンフォーオール・オールフォーワンやけど、あんまりラグビーには関係なくて、そやけど人の世話するのが好きで、ほら世の中にはファシストとかトロツキストていう悪い連中おるでしょ、そんなんに騙されんためにもあんた赤新聞違うか、レッドフラッグ新聞読まなあかんよ的オババは最悪でしょう。

その昔、僕たちの生息している学生会館の前を生協のデモ隊が「ボーリョク反対、ボーリョク学生は学園から出て行け」とシュプレヒコールしながらポリに守られ整然とデモしてました。「あほんだら、お前ら月夜の晩ばかりとちゃうぞ」とか「ゲバ民出してみいや、ほら京大から呼んで来いちゅうてんのや」などという野次を大声で怒鳴っていたら、近くにいた学友会の幹部から「俺らの品が下がるので、それくらいにしといてくれ」と身内から注意されたのは多分、後輩のマス坊だったと思います。あ、オレも一緒に叫んでいたから同罪か(笑)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索