意外とセクシーな女性を描くマンガ家だったっけ

 望月三起也が亡くなった。少年キングの有力作家てか、キングで読めるマンガはこの人のものしかなかった。一番最初に読んだのは「ケネディ騎士団(ナイト)」だったか、あるいは月刊キングの戦争もののマンガだったか、はっきり覚えていない。絵がダイナミックなことと登場する主人公が幼い顔をしているが、妙に主義主張が強くてユニークだったこと。「俺の旗」というタイトルだったかと思うが、熊本出身の主人公が腹に旗を巻いていて、何かあるとその旗を見て自分の行動が正しいかどうか振り返り、まあ少年マンガなのでたいていはドンパチというかチャンバラというか大喧嘩で大勝利、でもちょっと心に傷が残ったのよね的な作品が多かったと思う。サッカーファンでマンガの中に釜本が登場したり(釜本と言ってすぐピンとくるのはオヤジ世代だな、苦笑)、確かご本人もサッカーチームを持っていたのではなかったか。

 代表作は。いろいろあるがやはり「ワイルド7」が一番カッコよかった。何年か前に突然映画になったが、それは見ていない。今更なんだという感じで主人公もヒバちゃんぽく無かった。マンガが連載されているときテレビドラマになり、それは結構見ていた。OPテーマよりEDテーマが好きで♪ワイルド7、ワイルドライダー、やってきたきたつむじ風ってフレーズは今だに口に出ることがある。マンガの原作とややストーリーは違っていたが、それなりに楽しく見ていた。後年、とある事情で仕事が出来なくなり終日家にこもっている時期があり、その時にネットで「ワイルド7 another」というアニメを見て、元気づけられたこともあった。

 しかし、世の中は「ワイルド7」を必要としているが、現実は秘熊玄一郎みたいなアベシンゾーがこの国を変えようと着々と準備している。なんとも生臭い時代に、望月三起也は彼岸の国に行ってしまった。まだ77歳だったのには驚いた。合掌。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索