不幸なコーウンの話(シーモネータです)

 突然ですが、大腸内視鏡検査の時に下剤を4リットル、ミネラルウオーターを1リットル、合計5リットルの水分を短時間で吸収したのはワタクシです。どや、その辺の中途半端な若年パンクスにはできんやろ~が、と威張ってみても虚しい。そもそも若年パンクスは大腸内視鏡の検査は受けないか。実は先日の検査の後、えらい目にあったので、今日はその話と昨日見たライブの話を簡潔に書いていく。京都の話はちょっと待っとって下さい、先輩各位。先週の水曜日に仕事の休みを取って、大腸内視鏡の検査の予約を入れて、通常では2リットルで済む下剤を、追加でまた2リットル出されて、オレも男だ、九州男児だと一気飲み(ウソです。あんなもん一気に飲めるわけがない)。そこまでの話はiPhoneからアップしたとおりだ。

 では、どうして下剤を通常の倍飲まされたかというと、ええと、お食事中の方や、これから食事をする方は以下は飛ばしていただきたいのだが、風が吹けば桶屋が儲かるというたとえがある。あれと同じで、下剤を飲むと当然便秘と正反対の状態、つまりコーウンがリーゲーになる。要するにゲリピーになる。そういえば、古いニュースだが「のりピー」も「らりピー」とか言われて可哀想だったが、今は元気でやってるのだろうか。ま、それはどうでもいいか。あ、ちょっとわかりにくくなってるな。もう一度書き直そう。

 もといっ、大腸内視鏡の検査を受けた方は当然ご存知であるが、内視鏡の検査をするためには大腸内がきれいな空っぽの状態でないといけない。そのため、前日の食事はおかゆやうどんなどの消化の良いものを食べ、下剤も固形の薬を午後4時と夜の7時に飲む。そして当日は食事抜きで病院に行き、そこで苦行の下剤飲みが始まるのだ。目安は2時間かけて2リットルの下剤を飲むわけだが、その間、当然便意も来る。来るものは拒まずで、速攻トイレに行く。そして自らが排泄したものをじっくり眺めて、下痢の5段階評価とでも言いましょうか、最初はもう見るからにコーウン、下痢下痢ウンチの色をしているものが、だんだん、だんだん色が薄くなり、さらに異物も無くなり最後は限りなく透明に近いイエローになる。こうなったら、検査が始まる。そのOKラインに来るまで、トイレに行った回数とその時の状態を、見本の写真があるので、そこに記入するのだ。そして、自己判断でこれは問題ないと思ったらナースを読んで最終確認という段取り。

 実は前回は7年前にこの検査を受けていて、要領は分かっていたものの何の因果か、ナースの最終OKが出ない。色はまずまず透明度が高いのだが、どうもちょっとした食べ物のカスが混じっているのだ。今度は大丈夫だろうと自信を持ってナースコールするのだが、「うーん、まだちょっとカスがありますね」と言われ下剤を飲むことと周辺の散歩(要するに歩いて腸を活性化させるのだ)を指示される。最初は気分転換にもなって病院内を散歩して、外の天気も良かったので本当はダメなんだろうけど、病院の周囲も歩いた。お、この小道はこんなところにつながっているのかとか、珍しくブランコの置いてある公園があるな(今は、児童『過保護』の観点から、ブランコやシーソーなどを置いていない公園が多い。どうやって子供たちは遊ぶんだよ、路上を取り戻すなんて夢の夢だ)とか、まあ思索にふけっているといえなくもない時間が過ぎて、それでも病院の個室に戻って下剤を飲まねばならない。そして、今度こそは大丈夫と思ってナースを呼ぶと、「まだまだカスが多いですね」と一言。あんまりオレの顔見てカス、カス言うな。そりゃ、カスみたいな人間ではあるが、そこまで露骨に言われると一寸のカスにも五分の魂、泣いて、泣いてたまるかよ、ゆ~めがあ~る~。などと渥美清の歌など口ずさんでいるうちは良かった。

 8時半から始まった大腸内視鏡の準備であるが、今は正午を過ぎてテレビはバイキングをやっている。お笑い芸人がバカをやっている前で、こちらは下剤との妥協なき闘い。しかし、前日も軽い食事しかしていないし当日は朝も昼も食べていないので、力も出ない。今度こそはと思ってナースコールしたが、今度は男の看護士がやってきて、「うーん、僕はいいと思うんですが、大腸の専門のナースを呼んできます」と期待できる返事。よっしゃ、ついに下剤から解放されるかとワクテカしていたら、あとから来たナースに「まだカスが多いでしょ。君はどこに目を付けているの」と若い男性看護士が注意されてしまった。「ちょ、待ったれや、おばはん、そんな言い方ないやろ、兄ちゃんも良かれと思て、それでも自分だけの判断はアカンと考えて、あんた呼んだわけや。カスが多いのは、全部ワイの責任や、兄ちゃんは悪いこと無いで」と言ってやりたかったが、またこれから下剤を飲むのに無駄な体力を使いたくなく、兄ちゃん看護士を見はなしてしまった。スマン、人としてはいけないことだな。

 それが原因かどうかわからないが、その兄ちゃん看護士の態度が急に変わって、「下剤飲むばかりじゃ変わりません。どんどん歩いてください」などという。こっちは既に2リットルの下剤を飲んで、その後ミネラルウオーターも500ccが2本だから1リットル飲んでる、さらにあちこち歩き回って体力も限界だと話すと、「え、もう2リットル飲んで、さらに追加、あ、そうすか、じゃ立ったり座ったりでいいから、とにかく体を動かしてください」とやや態度が軟化した。そして、そのあとようやくOKが出ていよいよ検査が始まった。検査は点滴に眠くなる薬を混ぜて行われる。麻酔とか熟睡するようなものではなく、医者が話しかけたら返事が出来る程度、まあうたた寝という状態か。例によって血管が細いため、点滴がなかなかうまく入らなかったが、右手がダメで次は左手ということにならず、右手の手元に針を刺された。

 「さー、始めますか~」と、やたら元気よく医者が入ってきたが、こちらは薬のせいで目を開ける気力がなかった。後ろに穴の開いた紙のデカパンを履かされているのだが、その穴広げてからコーモンに内視鏡を入れる。えーと、世の中にモーホーとかゲイとかいうコーモンにモノを差し込まれることを好む人種がいることは百も承知で、さらにいえば、人種差別は絶対いかんと確信しているものの、ワタクシは声を大にして言いたい。コーモンはモノを出すところであって、入れるところではない。違和感は半端ない。それでも薬のおかげで、大して痛みも感じず、うとうとしていた。すると突然腹部に鈍痛が走った。また「あれ、おかしい、うまく入らない、え、なんでだ」という医者の声がした。どうも内視鏡が上手く入って行かないようである。しかし、腹痛はどんどん増してくる。「先生、痛い」と思わず声を上げると「痛いですか、どこが痛いですか」と聞く医者。アホンダラ、痛いってのは腹に決まっとろうが、このやぶ医者と喚きたかったが、全く元気もなく「はら、はらがいたい」とまるでテスト前の小学生のようなことしか言えない。

 「ここですか」とこちらの腹部を触ってくるが、とにかく痛みが止まらない。「そこです。痛い、痛い」と悲鳴に近い状態になって、「ちょっとY田先生に連絡を取って」と医者が言いだした。Y田先生というのは内視鏡のベテランで前回の検査をしてくれた人だ。実に人間が良く、ニコニコして良く話しかけてくるのだが、悲しいかな、滑舌が良くないため何と言っているか良く分からない。まあ滑舌が悪かろうが、何だろうがとにかく、この痛みを何とかしてくれればいい。数分してY田先生が登場し、ようやく内視鏡検査が終了した。

 「何も悪いものはありませんでした。ただ憩室が多いので、そうですね、せめて3年に1回は内視鏡の検査を受けてください。まだ薬が効いているから、自動車の運転はしないで、タクシーかバスで帰って下さい」と、これは診察してくれた先生の話。検査の後は点滴が終わるまで、いやそのあとも30分くらい休ませてもらい、担当医の説明を受けて本日無事終了ということになった。しかし、1時間以上も内視鏡の検査を受けていたため気分が良くない。おなかは減っていたので、家に帰ったらすぐにうどんを作って食べた。前日は薬味のネギすら入れられなかったので、今回は揚げ玉やとろろ昆布や丸天などを入れ、さらにネギは昔の天下一品くらいにテンコ盛りにして食べた。ただ、さすがにその日は疲れもあって夜の9時には熟睡してしまった。

 夜、目が覚めた。尿意である。上意であれば殿様のところに行かなければならないが、尿意の場合はトイレである。トイレで出すものを出したらすっきりして、また布団の中でまどろんでいたら、またもや尿意である。攘夷だと伴天連を探して横浜あたりに行かなければならないが、尿意の場合はトイレである。しかし、さっき行ったばかりなのにと思いながら、またトイレに直行する。出した。布団に戻った。また尿意である。ということを何度かしているうちに、ヤバい、これが夜間頻尿というやつではないかと身構えたが、よくよく考えたら、昼間に5リットルもの水分を吸収している。トイレ(小)に行きたくなるのは当然だと思い、自分なりに納得した。

 そして、翌日の木曜日、今日は食事の制限もなし。好きなものを好きな時間に好きなだけ食べればいい。至って快調、問題は無かった。翌日の金曜日もお昼ご飯までは全く問題なし。そして、夜、普段は週末しかお酒を呑まないようにしているので、今日は花の金曜日。地鶏のいいやつが手に入ったので新鮮なキュウリを添えて、おっと柚子胡椒をわすれちゃいかんと準備。ハイボールを作って、地鶏を一切れ口に放り込んで、しっかり噛んで飲み込んだ。その数秒後に「いててて、いたたたた」と突然大声が出た。普段から父親とは素っ頓狂なことをするものだと刷り込まれているバカ娘二人が「は、どしたん?」と聞く。腹が痛いのだ。それもかなり強烈に。猪木の大ピンチである。トイレ(大)に駆け込むが出ない。おかしいな、気のせいか(どんな気のせいだよ、と自分に突っ込みたくなる)と思って食卓に戻り、今度は塩を振ったキュウリをかじる。飲み込む。数秒後にまた強烈な腹痛である。結局それを繰り返し、地鶏はほとんど手付かず。結局食べられたのはカップ麺だけ。カップ麺を食べるときは、そして食べた後も痛みは無かった。

 PCを立ち上げて「大腸内視鏡検査 腹痛」で検索した。すると、検査後数日は膨満感や軽い腹痛が起こったりするとあちこちのページに書いてある。ああ、結構よくあることなんだと安心して、ハイボールを呑んで寝た。ハイボールは水分なので飲んでも、ほとんど腹痛が起こらなかった。というか、あとのほうでは酔いが回っていたので痛みを感じなかったのかもしれない。

 翌日、起きてみるとやはりまだ腹痛が続く。パンを食べても痛い。気になったので検査を受けた病院に電話したら、診察を受けろと言われた。貴重な休日を病院で過ごすのは気が進まないが、背に腹は代えられない。おっと、このたとえ洒落が効いてるね。病院で先日の先生に状況を説明したら、「おなかにガスがたまっている可能性がありますね、内視鏡検査の時に空気も入ってしまうので、ガスのせいで腹痛が起こることがあります。レントゲン撮りましょう」とてきぱきと進められる。レントゲンを撮って再度診察を受けると、「うーん、ガスは問題なさそうですね。ちょっとした腸炎を起しかけているかもしれないのでお薬を出しておきます。しばらくそれで様子を見て、おかしいなと思ったらすぐまた診察を受けてください」とにこやかに説明された。病院の支払いを済ませ薬局で薬をもらう。ビオフェルミンとガスオールである。なんだよ、結局ビオフェルミンの世話になるのかと考えて、あることに気が付いた。「ちょっとした腸炎?なんで腸炎なんて起こるんだ。何か悪いものでも食ったか、いやそんなはずはない。あ、もしかしたら最初の検査の時『入らない、入らない』と無理に内視鏡を入れようとしていたが、あのときに腸壁に傷つけたのと違うか、いや違わない」と怒り心頭。しかし、腹が痛いときは気力が出ない、怒る気にもなれず、悄然と家に帰った。

 そして、その状態でオールスタンディングのロックのライブに参戦。食べることが出来ないので、ライブハウスで焼酎のウーロン割をがぶ飲み。そのあと、ロックバーで反省会をやり、そこでも鯨飲。よって、本日はえらいな二日酔い。ああ、学習しないワタクシであった。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索