意味は無いけど思い出した歌

 昨日のショートエントリーに冬が好きだと書いた。生まれた月が12月なので、それが一番の理由かもしれないが、四季の中では一番好きなのが冬だ。特に11月から12月に移る時期は、学生時代は学園祭で72時間自主管理という名のもとに、好き放題して、しかしながら祭りはいつか終わりを告げ、後片付けやその後の尻拭いなどであちこち駆け回っているうちに12月に入る。厚手のセーターとコートを着ていても比叡おろしが厳しい修学院からエイデンに乗りキャンパスに向かう。途中の喫茶店でコーヒーを飲み、体を温める。熱いコーヒーがのど元を過ぎて胃に落ちていく、その瞬間に自分が生きていると実感する。なんてことをカッコつけてやっていた僕は、やはり若いころはバカだったと思う。じゃあ、それから何十年も経った今は少しは賢くなったかというと、相変わらずバカである。バカはバカでしょうがないので、ちょっと冬の歌を集めて簡単なエントリーをアップしようと考え、頭に浮かんだのはスパークスだった。曲は”In the future”。何でだ、S&Gの「冬の散歩道」とかニルソンの「リメンバー」とか、ママパパの「カリフォルニア・ドリーミング」とかクリスマスソングを考えると腐るほどあるのに。さらに我がポンニチでも「冬が来る前に」とか「12月の雨の日」だとか、「冬のリヴィエラ」だとか、まあ枚挙にいとまがないくらいあるのに。何故にスパークス。あ、そうか、歌詞の最初に「冬じゃ」「雨じゃ」というフレーズが出てくるからか。そして、この曲が収録されているアルバムを修学院の4畳半の下宿で良く聴いたことが原因だろう。次の”Looks Looks Looks”と切れ目なくつながっていて、やたら景気が良かったのも気に入った理由なんだろうか。お金持ちの親戚から貰ったスコッチ(確かジョニ赤)をストレートで呑み、あいまあいまに電気ポットに入っている水をそのままチェイサーにして下宿の友人たちとバカな話をしていた時が、幸せだったのかもしれない。ということで、本日の忘れ去られたミュージシャンはスパークスを2曲。歌詞はこのサイトから拝借。



"In The Future"

It's winter, it's raining
You're tired, she's fainting
You're bitter, she's brooding
But don't be disenchanted
'Cause you can barely stand it

The sweep and the grandeur
The scope and the laughter
The future, the future
The future's got it covered
With what will be discovered

In the future fun is fun
In the future, lots of sun
I'll be there, it's up to you
You'll be there if you don't do nothing foolish

You'll love it, I know it
I know what you like and
You'll love it, I know it
We'll need some vintage vino
So wash your feet and stamp away

Coming soon and everywhere
Everyone will walk on air
Now it seems so far away
But each day it's getting closer and closer

Convenience and pleasure
All blended together
And culture, and madness
You think you've seen it all
You've seen it all except the future



"Looks, Looks, Looks"

Looks, looks, looks
You had sense, you had style, you had cash galore
Looks, looks, looks
You employed her and dressed her in formal fashion
Still you bore her because you ain't got a

Nose that's straight, a set of perfect teeth
You got a built-in seat, that makes you look effete
You know that looks, looks, looks, are why you rely on books

Looks, looks, looks
From the eye to the brain's just an inch or two
Looks, looks, looks
From the eye to the heart's only slightly farther
The smart grow smarter, but still can't compete
And they know deep down that they are scarred for life
And that a face can launch a thousand hips
It's gonna be all right
If it ain't, don't blame me, it's your looks

At night she masquerades her passion covered by a veil of calm
Say, put on your shoes
Say, put on your shoes
No use one look at her and anyone can tell that she's on fire

Spot her error
Spot her error
Spot her error
Well, now she's all over you

Looks, looks, looks
No, it's not very hard to make history
Looks, looks, looks
Just some cavalry and a good uniform that fits in places
where everyone tends to look and marvel
At the way you lead them on and
Look and marvel at the way you win because of
Looks, looks, looks
As long as you're long on looks

Spot her error, [etc.]

Looks, looks, looks
Far away, close at hand, it's the only thing
Looks, looks, looks
On the seas in the sand, any place is laced with those who have it
And those who can only look



スポンサーサイト

コメント

中退でも さすが英文科

冬の歌として 母&父の「夢のカリフォルニア」を挙げるとは、教養を感じます。冬の東海岸で ロサンゼルスに思いをはせてる歌ですもんね。ウンチクを申しますと、東芝盤のイメージが強いですけど、日本で最初に出た時は、日本ビクターからでした。ベージュがかったジャケットで。このグループは、1枚目がピークで 後は下降線だったのが 残念です。 私も 11月末は EVEの事を 思い出してました。馬鹿そのものでしたが、楽しかったですね。 この前の日曜日は、めでたい結末の「12月の雨の日」をかけてました。考えることが 一緒ですな(笑)。

中退ですが在学年数は

その辺の大学生には負けません(エヘン)。ママス&パパスはベスト盤を車に乗せていて、たまに長距離走って疲れたときに聴くとなごみます。ハーパーズピザールだと、力が抜けすぎて思わず居眠りしそうになるので、せいぜい数曲聴いたらストップです。はっぴいえんどもしょっちゅう聴いているわけではないのですが、ここ最近は『ゆでめん』、『CITY』、『シングルス』なんかをとっかえひっかえ聴いてます。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索