やけっぱちのルンバがやけに響くのさ by Panta

 ここのところ寝不足が続いているので、今日こそはネットもほどほどにして、ブログの更新も止めて12時前には寝ようと決めた。決めたのだが、夜の散歩もさぼり風呂から上がり、ちょっとだけのつもりでmixi見ていたら、なんと「新町別館からの手紙」というコミュがあり懐かしき別館(こちらは本家本元の今出川にあったほう)裏手の喫茶店デュークの写真や学生会館正面のアップ写真などがあり、大いに懐かしかった。ただコメント読むと演劇関係者がほとんどで、致命的だったのは楽しそうに書いてる人たちがみんな90年代に学生生活を送ったと書いているので70年代中期の我々(guevara129さん読んでる?)とは接点が無いと判断し、スルーしたのであった。ちなみに僕たちがいた学生会館のコミュは無いか検索したが見つからず、それはそれで安心した(このあたりの心理は複雑なんです。しいて言えば全冷中過激派のスローガン『孤立を求めて、連帯を恐れず』の心境である)。 

 それで終わって寝れば良いのに、YOU TUBEで次長課長のコントを見ているうちに(昨日ブログをさぼったのはYahoo!動画でU字工事の漫才と”ゲッツ”の自虐芸人ダンディ坂野を見て笑っていたからです)、ついふらふらと魔がさして我がお気に入りの人たちの最新作はと調べたら、Tasaki。さん!!あったよ、加川良。すぎのと一緒にやってるからもしかしたらBS2の映像かもしれないので急いで見てください。こんどは遅れないように。それでは消されるのは覚悟のうえで、ここにもアップします。

 コイズミ人でなし政権からアベあかんたれ政権に移り、北では核実験だのなんだのいろいろ物騒な世の中ですが、もう一度こういう歌を口ずさんでいたいですね。ただ故高田渡の「自衛隊に入ろう」は注意しないと、今の世の中ホントの本気にされてしまう危険性も大です。えーと書きたい事はまだまだあるのだが、今日こそは早寝(といってももう1時過ぎたが)したいので、続きはまた気が向いた日に送ります。おやすみなさい。

 とここまで書いて、一度アップしたがどうしても貼りたい動画があり、また起きてPCに向かっている。パンタの89年バナナホールでのライブで曲は「朝を呼ぶ男」である。バナナホールは僕が京都を去った後の81年からの営業なので行ったことは無いが、存続問題で大変なようだ。この曲は70年代の終わりのパンタ&ハルの頃のステージでは重要な位置を占める曲だった。パンタには未発表曲に良いものが多く、以前からアルバムにまとめて出すと言っていたが、Pkoもまだだし「狼中年」である事は、ファンなら先刻承知なので首を長くして待とう。いかん、2時になる。こんどこそ、本当におやすみなさい。

スポンサーサイト

コメント

 別館はどうも時間も空間も歪んだ異空間だったように思える。そこに迷い込むと、その後の人生までも狂わせるような。
 私自身も迷い込まなければ、こんな生き方してないし、今頃は教育委員会で指導主事かなんかしてたかも・・・。
 加川良やPANTAも異空間の人間かも・・・
 加川良も一時期は拓郎に負けない存在だったはずなのに、異空間に迷い、かたや何万人も集めるコンサート、一方は100人程度の小さな集まり。
 そして、また自分の周りに異空間を作っている。

仮定法過去というか、

「もしあの時こうしていたら、確実にその後の歴史は変わっていた」と思われる事はそうはないですよね。その中の1つが別館との関わりでしょうか。日の当たらない階段や通路に張られた夥しいビラや、ポスター。当たり構わず書き込まれていた落書き、人によっては鳥肌がたつ(これマイナスの意味で)という声も多かったと思いますが、何故か居心地がよかった。でも、もしあの時…、と考える事はありますが、仮に75年の春に戻ったとしてもやっぱり4階のあの黄色いドアを叩いてしまったと思います。懲りん奴やナ…。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索