誰かが何処かでほくそ笑んでる



先日のエントリーをアップしてから、連日コンビニや近くの書店を覗いたが、サンデー毎日は入荷していなかった。今日も、あまり期待せずに書店の雑誌コーナーを見たら、サンデー毎日の文字が見えた。キターとばかりに、手にとると表紙が違う。小栗旬ではない。日付を見ると9月14日とある。やられた、9月7日号は、ものの見事に無かった事にされたのだ。

別段、記事が読みたい訳ではない。実は例の記事はとっくに、WEBで読んだ。それまでにネットに書かれていた以上の目新しいものは無かった。記事が読める、読めないの問題ではない事は、前回も書いた。問題なのは、ある特定の意思を持った個人、または団体が特定の地域の情報を恣意的に操作出来て、そして、その事を不特定多数の人達に、知られずに、あるいは大した問題では無かったと黙殺されてしまう、嫌な言葉だが時代の空気が怖いのだ。

何処かで、誰かがほら見てみろよ、これであの地域には、この話は存在しないことになった。他の地域、特に、県外の連中には多少ばれても大丈夫。次の選挙でも地元からは大量の票が入るから、安いもんだ。と、笑っているのは、誰だ。

これじゃ、軍靴の響きなど聞こえやしない、嫌な時代になりつつある。もっとも、この出来事は意外なアフターマスを引き起こしている。ローカルマスコミの権力者が全く予想しなかった展開があるかもしれない。その時は、もっとはっきり話を書けるだろう。





iPhoneから送信
スポンサーサイト

コメント

別人の長峯の くだらない思い出話

貴前記事を拝見した時が、体調絶不調だったので、サンデー毎日探しをする気力が有りませんでした。数日前から ましになり あちこち覗いてみましたが、時すでに遅しでした。 脱線コメントで すみません。高1の同級生に 長峯と言う 毛もじゃの男がいました。長峯ファミリーとは無関係です。普段は 普通なのですけど、体育の応援になると 口調も手の叩きかたもオネエになる男でした。我々は 「長峯応援団」と揶揄してました。クラスマッチの勝負所で「キャー ××君 頑張って~」などと オカマ口調で言われると 調子狂って ミスを連発して 敗北するものでした。「応援有難う。気持ちは うれしいが、黙っていてくれると もっと有難い。」って 敗退後 言ってたものです(笑)。けったいな男でしたが、貴記事の長峯と比べたら 可愛いものです。ひょっとしたら 裏社会のコネクションを使って そのブロガーさんを 葬ったんじゃないか?と勘ぐりたくなります。 今日も 昼飯に オムレツを食べながら エコについて思索する私です(笑)。

あははは、大笑いの長峯(元都城市長とは別人)君

その後の長峯さんはどうなったのでしょうか。現国の先生になったかもしれません(さんまのからくりTVをさっきまで見ていたので、カマの下地先生がイメージされました)。先輩の新しいハンドルネームの由来を考えました。OMソーラーハウスでエコを考える、OM-ECOってどうでしょう?F田君に言ったら、「先輩とて、容赦はせんぞ」と言われるでしょうか?
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索