陸の孤島だから出来る情報操作か

 8月も最後の日曜日になった、今日は、先月から今月にかけて見てきたライブの総まとめを書くつもりだったが、臨時ニュースが飛び込んできたので、そちらに変更。もっとも、このニュースを知ったのは昨日、ネットサーフィンをしていて偶然見つけた阿修羅の投稿記事からだった。阿修羅というサイトは「すべての虚構を暴き、真実に到達しようとしている」を売りにしているが、同時に「工作員もいる玉石混交な掲示板」をモットーにしている。まあ、僕も別段真実がどうのとか、社会正義がどうたらなどという記事より、ネタでも与太でも面白ければいい、もっとも情報をうのみにして踊らされるのはごめんだがという姿勢でこのサイトは見ていた。しかし、ここ1年近くは投稿者の文章の質の低さ、借り物知識をひけらかすような記事が多く、すっかりご無沙汰していた。そして、昨日、本当に久しぶりにサイトを開いたら、飛び込んできたのは『宮崎・都城市政の闇を告発した直後にダムに散ったカリスマ女性ブロガー「梟」さんを悼む!』という記事だった。

 まず最初に、「サンデー毎日が入手できない」という文字が目に入った。サンデー毎日という週刊誌が、それほど人気があると思えないし、またそんなに面白い週刊誌でもない。まあ、社会からリタイアしたダンカイ親父たちをおちょくる意味で「あの人はサンデー毎日だから」などと使うくらいで、僕自身も病院の待合室などで、よっぽど読むものがないときにパラパラめくる程度だった。え、なんで、どうしてサンデー毎日が売り切れなんだよと思いながら、そのエントリーを読んでいくと、こりゃ強烈なスキャンダル話。噂の真相が活躍していれば、どんな切り口で記事を書くか、想像しただけでワクワクするが、残念なが噂真はとっくに廃刊。その後継誌を自認するサイゾーや紙の爆弾は、おっとそんな話じゃなくて肝心のスキャンダル話だ。

 主人公は都城市の元市長。当選した時は史上最年少市長などともてはやされたので、ご存知の方もいるかもしれない。僕自身は彼に対して何の恨みつらみはなく、口蹄疫の時は『畜産王国のプライドをかけて封じ込める』と宣言し、リーダーシップを発揮したことは覚えている。いや、ちょっと待て、1つあった。南九州大学の移転話の時に、彼のことを軽くエントリーに書いたことがあった。まあ、それくらいの印象で、その後はそのまんまがやめた後の県知事選に出るといって、ドタキャンしたり、TPPは断固反対だといって国政に出て、見事当選したのはいいけど、最近とんと音沙汰がない、TPPも仕方ないじゃんみたいなことを言ったとか言わなかったとか、まあそんな話しか聞こえてこなかった。その元市長の話が延々と書いてあったのだが、結構面白くて一気に読んでしまった。以下、僕なりに簡単に問題点をまとめてみる。

※学歴詐称問題
 元市長は泉ヶ丘高校(都城市では有名な進学校だが、偏差値レベルはこれくらい)を卒業後、2浪して早稲田の政経に合格。雄弁会の幹事長を二期連続、そして100周年大会で優勝した。と、本人のHPや公式プロフィールに発表。しかし、卒業証書を無くしたとか、証明するものはないとか、雄弁会時代の写真は1枚しかないなど、疑惑を感じさせる対応をしていた。そして議会の追及を受ける中で(もっとも、追求したのは極一部で、ほかの議員は無関心というか、父親の権力もあり見ざる聞かざるを通した様子)、何度か卒業証明書を提出するという約束をほごにしたが、最終的にようやく提出。しかし、その証明書もどうもおかしな箇所が多々あった。

 ええと、まとめていてイライラしてきたというか、とても簡単にまとめられる話ではないので、まとめサイトのリンクを張っておきます。興味のある方はお読みください。今回、楽しいライブの話からどうしてこんなおどろおどろしい話を書こうとしたかというと、実は今日2時間かけて地元の書店、コンビニを回ってきたが、どこにもサンデー毎日は置いてなかった。老舗の田中書店。チェーン店の明林堂数店舗、カゴンマ資本ではあるが在庫のそろっている金海堂、コンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミマ、エブリワンなど見かけたら飛び込んだが、8月10日号のサンデー毎日を置いてるコンビニが1件あったきり。こりゃ、明らかに異常でしょう。宮崎市にサリンみたいなものが撒かれて、それを吸った人間はサンデー毎日を読む、いや購入しないといけないという症状が出て、全ての書店・コンビニで買占めを行ったのか。もしくは革命的サンデー毎日毛沢東主義者というようなガイキチの思想集団が突如結成されて、流通するサンデー毎日(ただし9月7日号限定)を強奪してしまったとか、そういうニュースは聞かないからたぶん違うんだろう。

 結局、おちゃらけを入れてしまったが、要するに僕の考えはこうだ。この元市長のスキャンダルが事実かどうかはどうでもいい(本音はどうでもいいことあるかい、と怒っているが)。要するに、気に入らない記事がある出版物を特定のグループまたは個人が買い占めたり、あるいは何らかの形で正当な流通を妨げる世の中というのはどうなっているんだということ。さらに、もっと頭に来るのは今どき、紙媒体を買い占めてもネットでオンラインで今すぐ読める。ビューンでもマガストアでも雑誌オンラインでもどこでも読めるのだ。しかも書店で買うより安くで。ただ、僕の想像では彼らは紙媒体を地元に流通させなければ大丈夫だと宮崎の人間の知的レベルを舐め腐っているのだ。悔しいかな、それは当たってる気はする。いくら週刊誌が疑惑を書きたてようが、それを地元の父ちゃん・母ちゃんが、おじちゃんおばちゃんが、ラーメン屋で食堂で病院の待合室で美容・理容室の待合室で手に取って読んで、「はら、あん若え元市長は、こげん腐りきった、おなごの腐ったような人間やったとかいね。親の地盤看板背負って政治家にならんといかんという宿命があったにしても、もうちっとは世のため、人のためちゅう気持ちはなかとね。同じみやこんじょうで頭の禿げた元芸人知事もおったけんど、まだあん人のほうが郷土愛があったが」みたいな会話があたり一面で飛び交って、初めてこの問題を闇に葬られないように出来るのではないか。今、一時的にネットでこの話題が飛び交っているが、ネットの熱なんてあっという間に覚めてしまう。ダメなのだ、地元の普通の人たちが問題点を共有し、怒りを共有し、そして自分たちが本来選択できる権利、サンデー毎日を読もうが読むまいが、その記事を信用しようが嘘っぱちと断定しようが、それはそれでいい。ただ判断基準を取り上げてなかったことにしようとする、その意志に共鳴する不愉快なぬえみたいな存在を僕はここで大きく問題提起したい。リンク先はいろいろ書いてあるけど、動画もあるけど、とりあえず興味を持ってくれた人は最後まで見て頂けることを希望します。あ、僕はこの亡くなったブロガーさんとは縁もゆかりもないし、正直、書いてある文章はちょっとサブイボが立つ、要するに僕の思想性(そんなもんあるんか、オッちゃん、笑)とは交わることはない人だと思います。が、まとめの動画はとりあえず貼っておきます。



スポンサーサイト

コメント

陸の孤島だから

件のブログ・ブロガー及び都城市については良く知らないのでなんとも言えませんが、陸の孤島村社会ゆえにそういった怪情報が流れやすいのではないでしょうか。
民放2局県仲間の福井県には未だに「ローカルゴロ雑誌」が健在で、一昨年久しぶりに行った際まだあって驚きました。ローカルゴロ雑誌では北海道の「クリエイト」や「財界さっぽろ」なんかも健在ですが、福井のはそれらに比べても内容が超ローカル&お下劣。とても読んでいることを他人に見られたくない内容ですが、その辺の蕎麦屋やラーメン屋、床屋には必ず置いてあり、そこで得たネタが床屋や飲み屋の話しの種になっていることは多々ありました。普通のローカルゴロ雑誌の叩き対照はせいぜい地元財界・政界なのだが、福井のは「その辺の少年野球の指導者」とか「市役所の職員」までさまざま。ちょっとしたミニ地域ボス、地域特権階級と看做されたら叩き対象になるというすごさでしたので、福井ではあまり調子に乗ったら私も「某○○社の駐在員が…」と投稿されてしまうなあと思ったものでした。実際他社(名前を言えば誰でも知ってる)の社員で酒癖の悪い社員の話が投稿されていて、しかも実際よりも脚色され、とんでもない露出魔・暴行魔のようになっていたことがありました(狭い福井だからその人のことを知っていたのです。よそ者同志だし、単に飲むと気が大きくなり裸になるクセがある人でした)。
http://www.hokurikuseikai.jp/backnumber26.htm

福井は陸の孤島のようで、関西や中京とはつながってるのでヤクザ屋さんは人口の割には多かったのです(北陸代理戦争という映画が有名)。確か私がいた頃はもう一冊同じようなのがあった記憶が。

いやー、ナイスな雑誌ですね(笑)

雑誌のタイトルといい、表紙のレイアウトに写真まで、絵にかいたようなゴシップ雑誌というかタブロイド雑誌という感じですね。怪しげな総会屋や企業ゴロの紳士諸君が広告費や定期購読を、堅気の会社回りしてゲットする姿が目に浮かびます。こういう、ナウでヤングな雑誌に乗りかけたとは、Walker-brosさんもやりますね。

さて、サンデー毎日ですが、いまだ入荷しておりません。下手すると次の号しか入らないかも…。

図書館にないですかね?

地元の図書館で雑誌も置いてるならお探しになってみてはいかがでしょうか。
なお、新聞販売店で頼めばバックナンバーも手に入ります。

もう我慢ができなかったんです…。

誰かに聞いてほしくてこうして書いています。
中学の子供に服すら買ってあげることができていませんでした。
でも、衝撃的なものを知りました。
ただであんなにお金をもらうことができるなんて、今でも信じられません。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に知りたい人だけに教えます。
banana_ayako@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
連絡してくれた人だけに、すごい秘密を教えます。

かくたさん、ありがとうございます

今日のエントリーにも書きましたが、記事はすでに読んでいるので大丈夫です。ただ、まさか問題の9/7分のサンデー毎日が1冊も市場に流通しなかった、あ、図書館とか公的なところは別として、一般の人たちの目に触れることが遂になかったことが悔しくてたまりません。さらに、驚くべきことにこの話題(週刊誌が圧力で手に入らなくなっている)が、ほとんど全く地元メディアには出てきていません。ただ、今の県知事がこの記事の関連の業者から数年前献金を受けていたことが新聞に出ていました。今更、誰が得をする話なのか。これからのローカルマスコミの動きとこの黒い集団の動きを注目したいと思います。

優美さんは人間のクズですか?それとも人間もどき

もうここ最近、いやになるくらいクソスパムコメントが送り付けられてます。気が付いたら削除してるのですが、今回はあえて、そのままにします。そうですか、優美さん良かったですね。あなたの中学の子供は服を着ていなかったのですね。まあ、こちらは南国ですから5月から10月くらいまでは裸でも大丈夫でしょう。ビンボーのどん底にいたけど「衝撃的なもの」を知って「不労所得」が入ったのですか。もしかして生活保護ですか?障害者になりすまして年金取得ですか?

世の中楽して儲かる話はないんだよ。いや、もしかしたらあるかもしれんが、そんなおいしい話を誰がタダでしかもWebで公開するんだ?いやそれよりも、こんな乏しい文章力で誰が「ラッキー」と言ってメールすると思っているのかな。まあ、文体はあの泉大八先生のものに似てるといえなくもないが(大笑)。とにかく、オレのところで「不労所得」の話なんか書くなよ。ルンペンプロレタリアートは額に汗してナンボなんだよ。アホ。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索