ある週末の出来事、リアリズムを徹底して追求しました

 買ったばかりのiPhoneをトイレに落とした。それだけならまだいいが、そのまま流してしまった。顛末はこうだ。その日、車の無料整備点検でディーラーのお店に来ていた。所要時間は30分くらいと聞いたので、そのまま待つことにした。サービスのコーヒーを飲みながら日本経済新聞を読み、我が国の行く末を憂慮していたら、下半身に異常を感じた。『猪木ピンチだ、馬場が出る』症候群である。この落ちは関西系の人しかわからないかもしれないが、説明する気力はないのでこのままいく。要するに自然が呼んでいるというか、大を催したわけだ。清潔でシャレオツなトイレの個室に入り、しばし黙想していたら胸ポケットのiPhoneが鳴り出した。取り出してみると知らない番号だったので、拒否にしてそのまま、黙想を続けた。ふと、もしかしたらディーラーの人が、車の点検が終わったことを僕に伝えようとしたのではないか、僕の座っていた席に来たが見当たらないので電話したのではないかと思い、急いでトイレを出ようとした。そのままの格好で出たら、下半身丸出しでボケ老人と間違われること必定なので、当然、ウォシュレット機能を使い一昔前に「おしりだって洗ってほしい」と戸川純がCMしていたな、いや一昔なんて話じゃなくもっと昔だったか、などと考える間もなくトイレのレバーを大にして、さてパンツをはこうとしていたその時に、どうした拍子か手が胸ポケットに当たり、そこに収まっていたiPhoneが飛び出した。

 世の中にはニュートンが発見したおかげで引力なるものがある。つまり、空気より重いものは下に落ちるという法則だ。胸ポケットから飛び出たiPhoneは、あっという間に便器の中にジャンプイントゥザワーター(ちなみにパープルのヒット曲は「スモーク・オン・ザー・ワーター」と最初は聞こえた)である。しかし「あっという間」という表現は実に臨場感あふれると痛感した。実際、僕はiPhoneがポケットから飛び出た瞬間、確かに「あっ」と声を上げてしまい、その声が消える前にiPhoneは僕の視界から姿を消した。火事場の馬鹿力という言葉があるが、人間とっさのときは思いもよらぬ行動に出るものである。僕は一瞬の躊躇もなく便器(他人が排泄したばかりだと、躊躇するが自分の排泄である。何が汚いものか頭で考えたが、心はそうじゃなかったようで、その後ずっと右手のにおいが気になってたまらなかった。まあ、それは後の話だ)の中に手を突っ込んだ。そして奥の水が吸い込まれていく穴に手を突っ込み、確かに一瞬だがiPhoneの一部に触った。しかし、必死でつかもうとしたそのiPhoneは無情にも水音とともに吸い込まれていった。そして、数秒間、僕は茫然と立ち尽くし、今、いったい何が起こったのか理解しようとした。胸ポケットに、その重さを誇示していたiPhoneは今はすでにない。便器には透明な水が少したまっているだけで、当然のことだがiPhoneの姿はない。はっと、我に返り、またもや便器の中に手を突っ込んだが、何度やっても何もつかむことはできない。ストーンズの「無情の世界」のメロディを無意識に口ずさんでいた。というのは、たった今思いついたネタだ。要するにウソである。



 このまま立ち尽くしていても事態は解決しないので、すぐにお店の人を呼んだ。最初は事務の女の子が来たが、僕が状況説明している途中ですぐに男性スタッフを呼びに行った。飛んできてくれたスタッフは「あとはこちらに任せてください。メカニックの担当が、お車の状況を聞きたいといってるので、そちらにどうぞ」と言った。気にはなったが、僕がそこにいても状況が改善されるはずもないので、白いつなぎを着たメカニックの担当者としばらく車の状態について話を聞き、問題はないのでこれから洗車してお返ししますという説明を聞いた。それから、読みかけだった日経を手に取って松尾芭蕉の弟子は15歳から酒を呑んでいたとか、島流しになった絵描きがいたとか、オウム真理教のあの事件は五島勉の『ノストラダムスの大予言』の影響だとか、いろいろな記事を読んだが。何一つ頭に入らない。とにかく異次元に消えたiPhoneは無事戻ってくるのか、そのことだけが気がかりだった。

 数分後、トイレから出てきた男性スタッフが「スイマセン。今全部探したけど、もうどこにもありませんでした。明日、水道屋さんに来てもらって奥を見てもらいますが、もしかしたら下水管を通って外に出たかもしれませんね」と絶望的な結論を持ってきた。「普通の携帯ですか、スマホですか」と尋ねられたので、力なく「iPhone」と答えたら、「あー、iPhoneは防水が効かないから、たぶん出てきてもダメでしょうね。僕も洗面所で落としたことがありますが、水道水の中に一瞬入っただけでアウトでした」と、さらに絶望的なことを言う。どうしよう、確か買い替えの時にソフバンの修理保証をキャンセルしアップルのやつにしたけど、あれは修理の保証だけで紛失の時は保険は何もなかったんじゃないか、という不安が頭をよぎる。ここで心配していても何も始まらないので、とにかく大急ぎでiPhoneを購入したショップに向かった。

 結論から言うと、モノがないとどうしようもない。モノが出てくればアップルの代理店に持参すると、たぶん新品交換してくれるが、なければ再度購入しか方法はないらしい。そして、ちょっと驚いたのはその間の代替え機は購入したショップでは無理で、アップルの代理店(地元のショッピングモールに入ってるのだが)の関連先のソフバンに店で相談しないと無理らしい。頭に来たので、iPhoneを止めてガラケーに戻すと口走ったところ、できなくはないがお金が余計かかるとかなんとか、もうさっぽ分かりません。しかし、一つだけ驚いたのは、物は試しと配偶者の携帯を借りて、自分のiPhoneに電話してみたら呼び出し音が鳴った。つまり、まだ僕のiPhoneは生きているのだ。どこか排水管の途中で引っ掛かって、水のかかってないところにあるのかもしれない。しかし、いずれにしても明日、ディーラーの連絡待ちだ。モノが出てくるか出てこないか、A Woman or A tiger?の心境である。と、このあたり、元英文科の意地を見せる本日の、世の中何が起こるかわからないの話である。はぁ~、モノが出てこなければまた借金だぜ、べいび~。それでも、今度の土曜日は大学の同じ学科の2年先輩であることを、つい最近知った大野えりのライブに行くので、そこで発散させるぞ。ちくしょー。ということで、今、僕宛に電話したりメールしても一切返事ができません。ご了承ください。しょうがないからコステロの歌でも聴くか(涙)。



スポンサーサイト

コメント

ストラップが付けにくいから

むき出しで持ってることが多く そう言うリスクも高いですね。私は、ズボン左側ポケットに むき出しで入れてます。少し当たっただけで 誤作動が多く、頼みもしないのに 不必要な電話を よくかけて 先方に迷惑をかけてます。折り畳み式のガラ携の方がリスク回避しやすさでは 上ですね。買い直しとは 痛いです。携帯業界は、同一の会社の携帯を長く使っている利用者にメリットがほとんど無い と言う おかしな体質が有りますな。新規や乗り換えの機種代は 低料金、長く使っている利用者は 数万円とかね。進展有ったら 連絡下さい。

とりあえず明日です

ブツが出てくるかどうか。そうそう、それより大ニュースです。F田敏雄君が発見されました。PCからデューク先輩の携帯のメールしたけど、エラーになったので、N谷君のPCに送っておきます。詳細は彼から聴いてください。しかし、驚いた。さらに驚いたのは、このiPhone事件にF田君がかかわっていたということです。ついに、見つけた、DRAC最後の大物!!

ご愁傷様です。
私のiPhpneは、去年買って3か月経ったころ、持ち主もろとも川に落ちましたが、時折謎の茶色い微粒子を排出しながらも未だ存命です。ただの水ではなく、あんな増水して茶色くなった水に落ちてよく無事だったと思います。なので、発見された場合、生きている可能性はあるかもしれません。ただねえ、やっぱ落ちた場所がねえ…。
私は物をすぐにどこかに置き忘れたり落としたりするので、財布と携帯電話と定期券は、チェーンなどでバッグに括りつけてます(バッグごと盗られたら一網打尽ですが)。iPhoneを単独で使う時は、オヤジむさいけど、首にかけています。
iPhone本体にストラップはつけれませんが、カバーにはつけられますよね。次回からは、落とさない工夫をしてください。高価な上、情報が詰まった代物です。フェイルプルーフ対策は必須です。
こんなものもありますよ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/waiper/ksg071013102.html

へー

防水じゃないんですね。

テレビでタレント?の星野源という人が「風呂場で自分の写真を撮るのが趣味」と得意げに写真を撮っていたのですが、使用していたスマートホンには「SONY」。知人が使ってるので「あれ防水?」と聞いたら「当然」とのこと。「カメラも(電話のカメラにしては)むちゃくちゃいい」と。星野某青年は防水で画質も良いことを知って使ってるわけか…なるほど…(アイホンのカメラもソニー製ですが、レンズが自前製品はミノルタからカメラ部門買収したときのカメラレンズブランドのものを使ってるらしい)
まあさすがにポケットに入れっぱなしで洗濯しちゃったり、トイレに落としたらアウトかもしれません(前者経験アリ)

燐さん、亀レスになりました

ご心配おかけしましたが、翌日、腕のいい設備屋さんのおかげで無事に発見されました。そして、驚くべきことに動いていました。まあ、発見された場所が場所なのでビニール袋の中にあったので、まさか動くとは思わなかったのですが、アップルの代理店に持って行ったら、動きました。結局、ゲンが悪いのでタイ米、違った、大枚7800円払って新品交換しました。その後ですが、僕の学習能力は素晴らしくて、今回の問題は水中に落としたこと、とりわけ落とさなければ問題はないと判断し、100均で防水カバーを買って、その中にiPhoneを入れて首から下げて見ました。その姿を見て、配偶者が頼むから首からお守り下げている徘徊老人のような恰好はしないでくれと言われ、却下。

しかし、背に腹は代えられないのでカバーを付けて、それを首から下げています。いやはや何とも。

そーなんですよ、川崎さん

最初に、iPhoneとアンドロイドの違いをショップで尋ねたときに、「防水」がないことと、「テレビが見られない」ことが一番の違いだといわれました。その後、話を聞いてメールアドレスが変わらないことと家族が使っているので充電器などが共有できることなどを考慮して、iPhoneに決めました。が、しかし、トイレに落とすなどという不慮の事故に対してアップルは何もしてくれないというか、ゼニ払って新品買わんかい、ボケ的な保証しかなく泣きました。カメラのレンズについてはコメントできませんが、青島製作所のものではないかと、って日曜劇場の見過ぎだっちゅうの!!

ほうほう、やっぱり生きていましたか。
けっこう強いじゃん、iPhone。
何事も転ばぬ先の杖、恰好より紛失(&落下)対策ですわ。

意外にタフ

確かに、新しいエントリーにも書きましたが、水没してしばらくは電波がつながり、翌日水中から救出された後も、ばっちり呼び出しをしたようです。もっとも、恐ろしくてビニールから出すことはできませんでしたが。今回のことで懲りて、100均でソフトカバーを買って、それに長いストラップを付けて首から下げています。ぶらぶらさせていると、お守りをぶら下げた山下清みたいなので、なるべく胸ポケットにしまうようにしています。これだとウルトラマンの科学特捜隊の無線みたいでカッコいい、はずがありません。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索