諸行無常な景色



急逝した叔母の葬儀が、午後からで時間を持て余したので近くの愛宕山に登った。外界に見下ろす町並み。横に何やら沢山の鍵がある。そういえばここは出会いの聖地とやらで、カップルがありもしない永遠の愛を誓って、その記念に鍵を残すらしい。

人間所詮は、サヨナラだけの人生なんだよと毒づく孤独なワタクシ。
スポンサーサイト

コメント

西南の役の激戦地の一つ

昨日24日が、城山陥落の日でした。この時期には、西南の役を考えるものです。延岡からも千人位参戦していたと言われてますね。延岡近郊の戦いに負けて、西郷軍が解隊したのですから ターニングポイントです。これ以降、内戦は無いのですから 官軍、薩軍の死者に合掌。前も書きましたっけ? 祖先の家に西郷隆盛が立ち寄った時に使ったと言う手水鉢が昔は有ったらしいのですが、私が物心ついた頃には、もう有りませんでした。有ったところで 何の価値も有りませんが(笑)。葬儀お疲れ様です。気をつけてお帰り下さいませ。

いやいや今も残っていたら

開運なんでも鑑定団あたりに出して、ウン百万なんて評価が出たりしたかもです(笑)。西南の役の激震地の標識が美々津の川のほとりに立ってますね。この間、電車で通過した時に確認しました。しかし、子供の頃しょっちゅう登っていた愛宕山が今やカップルの聖地になっているというのも時代ですね。僕が子供の頃に吉永小百合が映画のロケか何かで展望台のブランコに乗ったことがありました。その時の写真が飾ってあって、どのブランコか確認して、もちろんすぐ乗りました。子供心に興奮したのを覚えています(笑)。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索