キャンプ場到着



芦北町の遥か奥にあった。行けども行けども目的地は見えず、軽トラの固いシートに会話も無くなる頃に看板が見えた。車を停めて、キャンプ場まで歩く途中に海が現れた。海の向こうに見えるのは天草。サンダカン八番娼館を偲んて、思わず合掌する。
スポンサーサイト

コメント

サンダカンも遠いけど

日露戦争の頃に からゆきさんとして ザンジバルに渡って、現役引退後は、入港する船の乗組員から欲しい物資の注文を聞いて届ける仕事をしていた 天草出身の方がおられました。ザンジバルと言えば、フレディーマーキュリーの出生地。東京オリンピックの頃、ほんの一時期 独立国でしたが、すぐにタンザニアに吸収されました。今でも 遠い国なのに すごい勇気ですよね。日本から遠く離れた国で波乱万丈の人生を送り 日本に戻る事がかなわず、異国で亡くなったからゆきさんたちに合掌…

言葉はもちろん

風俗も習慣も気候も異なる国で、家族や自分の生活のためとはいえ、そのような環境で働いてきた人たちは凄いと思います。そういった人たちの存在を「無かったこと」にして、イケイケゴーゴーの喇叭を吹きまくる腹痛男が最高権力者の国ってのもいかがなものか(涙)。

今、↑のコメントを投稿したら

不正なコメントと判断されました。読み直したけど、どこが不正なのかさっぱりわからない。もしかして「腹痛男」は禁句なのか。
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索