幻のライブ映像(Photos of Ghosts)

青島のカネナ醤油

 忘れないうちに書いておこう。昨日の、正確には今朝の3時過ぎのことだ。自分のブログをアップした後、『そうだここ2,3日YOU TUBEを見てない』とアクセスしたら、なんと飛び込んできたのが加川良の名前。しかも木村充揮、泉谷しげると一緒にどこかのホールでやってる感じで、曲名は「出稼ぎブルース」と出ていた。画像からするとごく最近の演奏のようだが、Viewsが2ということは、この映像をみたのは僕でようやく3人目ということだ。あっという間に曲が終わり、そのまま横の動画リストを見ると、木村と我が地元宮崎が生んだブルースギタリスト三宅伸治にLeyonaの3人で「おそうじオバチャン」をやってる。当然見てしまう。♪こんな、あたいも夢はある~の所をLeyonaが歌って良い感じ。見終わって我に返り、これは早速あちこちに連絡せねばと思い、その前にお気に入りに入れてしまおうと思いバックするが動画が見当たらない。あれ、と慌てて調べると、ユーザーによって削除の文字が躍っている。「おそうじオバチャン」もだ。※すいません。「オバチャン」ありました。リンクしておきますが、すぐ削除される可能性があるので、お好きな方はお早めにどうぞ。(10.11追記)

 寝惚けて夢でも見たのかと思ったが、あまりに現実感がありすぎる。しかしたった3人しか見ていない動画を削除する理由も無いから、やっぱり夢だったのかと半信半疑で先程ググッたら(この活用形も使用禁止になりそうかな?)ありました。今年の2月に木村充揮三十周年ということでライブがありBSで放送したとのこと。ゲストミュージシャンがすごいので、こちらで確認して下さい。また9月28日に再放送があったらしいので、そのビデオをゲリラ的にアップしたのだろう。ちなみに犯人はEさん(一応匿名で)。僕のお気に入りの投稿者であるが、削除される件数も多い。少し前このブログにリンクさせた動画もほとんど消されている。やはり動画のリンクは難しいというか、考えてやらないと記事が死んでしまう事を確認。ところで話は変わるが、単語の変換は文節ごとにしましょう。『ブルースギタリスト』を一括変換したら『ブルー過ぎたリスト』になり、どんなリストや!!と一人で突っ込んでしまった。

 さて今日は天気も良いし、絶好の観光日和であったが、我が家の次女が『タンプレを買いに連れて行け』と配偶者にねだっている。タンプレというとタウンみやざき(注:地元のタウン誌、関西のプガジャみたいなものってプガジャもシティロードも今は無い。アア万物は流転する)とは全く関係ない。誕生日プレゼントのことである。実は昨日次女がタンプレで欲しい物があると言って来たので、聞いてみるとブーツが欲しいなどとぬかした。「ブーツ、そんなもんゴム長で上等じゃ!アキレス月星か、月星のカラーゴム長は時代の革命児だったぞ…」と実利主義に美的センスを導入した月星の業界における貢献度と、しかしながらその後の衰退の歴史を説明し、いかに贅沢が敵であるかを教えたが母親似のため理解できないというか、はなから理解する気が無い。母子で何やら打ち合わせをしており、いつの間にか僕がアッシー役で近くのショッピングセンターに連れて行く羽目になった。やたら駐車場が広くて、オープンまでに問題の多かった、あー、面倒くさい、イオンだ。この前下地勇の新譜を入れてなかったタワーレコードがテナントで入っているイオンだ。ジャスコに就職した先輩と学生時代久し振りに卓を囲んだとき、あまりに品なく食い散らかすので「Y田さん、なんやその麻雀、ジャスコはそんな麻雀ばっかするの?まったくジャスマンやね」と言ったら「お前良くウチの衣料品のブランド名知ってるな、ジャスコの紳士服はジャスマンいうねん」と驚きの事実を知った、あのジャスコが親分のイオンである。いい加減しつこいので止める。


 そのイオンに着き、家族でメシを食ったが2階の大規模学食みたいなセルフサービスのところで、まあ水が不味いこと。女二人は父親の性格を良く知っており、買い物に同行させてもろくなことはないと考え1時間後に待ち合わせることにして、僕は懲りずにタワレコへ。ここのところ通販で買いすぎているので今日はダメだぞと心に固く誓いながらCDを眺めていると、こういうときに限って欲しい物が目に入る。あっ、越美晴のベストや♪そうよ、そうよ恋なんて、回る回る回転木馬、一時だけ楽しければそれで良いの~などと刹那的な歌詞が頭を回る。たかがCD、その時だけ楽しければそれで良いの、というわけにも行かないので気晴らしにインディーズ系のコーナーに行くとここにも欲しい物が目に付く。こういうときには煩悩を断つあのバンド名を、と探したらあった。「水中、それは苦しい」。先日、下地のニューアルバムを探しに来た時に見つけたバンド名だが、はっきり言ってイカス。ナイスですね。真実とはこんなに身近にあったのだということを分からせてくれる。今日は更に憎いバンド名を見つけた。「凛として時雨」凄すぎる。まるで自由律の俳句だ、尾崎放哉だ、種田山頭火だ。   

 こういうひとり遊びは結構好きで、いろんなことを考えていたらあっという間に一時間が過ぎ、合流の時間になった。次女は気に入ったブーツを買ってもらい得意げである。このまま帰るのも勿体無いので、青島に行こうと提案した。何しにと二人が聞くので「醤油を買いに」と断言した。ここで大多数の人が「はぁ、青島で醤油、はぁ」とまちゃまちゃ風なリアクションをしたことだろう。しかし、知ってる人は膝を叩いて「そうか、青島と言えばカネナ醤油か」と得心したであろう。そう、カネナ醤油は青島しか売っていない。僕がこの衝撃の醤油に出会ったのは、今から3年前。当時勤めていた会社で女子社員が4,5名集まってランチしていた時に「む、これは、強い大豆の香り」とおからの匂いに反応する花山大吉のように(deriさん出たよ!)呟いてからだ。早い話女の子が持ってきていた醤油を取り上げ、これはどこで売っているのか、隠すと身のためにならんぞなどと悪代官のようなことを言って聞き出したのだ。ちょっと大袈裟だが、お刺身にかけても冷奴にかけても、何にかけても素材の味を生かし美味しく頂けるのだ。以来、我が家の醤油は青島で買うことになった。

 さっきも書いたが、快晴で行楽日和の秋の一日。もう3時を回ったがこれから青島までドライブがてら買い物もいいじゃないか。カモン買い物とキー坊の歌を口ずさみながらCDをセレクトした。ここから青島まで往復小一時間。丁度アルバム1枚分の時間だ。下地の新作だと宮古島と青島ではまり過ぎというか、ちょっと青島の分が悪そうだったので止めて、CDケースを見るとドゥービィーとかブレッドとかイーグルスなんかがあり、うーんいかにもたこにも(しょーもない洒落や)ウェストコーストは当てはまり過ぎだと思い、別のCDをセレクトした。

 結論。高田渡を快適なドライブのBGMにするのは止めよう。いや最近のものはまだいいが「ごあいさつ」とか初期の物はやめておいたほうが良い。まず配偶者と喧嘩になる。敵「このあゆ、とかこいとか言う歌は何?」「まぐろにいわしのことか?魚編に若いがあゆ、里がこい。これは魚編に有と弱いだろ。だからまぐろにいわし」という会話も弾まなかった。「値上げ」を聞きながら敵が「何でなんでもかんでも値上げするのかねー」と言ったので、ケインズの経済学が如何に誤っており需要と供給のバランスの中コストリーダー的な動きをするのは、圧倒的な資本力を持った独占資本であるということを話したりすると、会話が死ぬことはもう何十回も経験しているので黙っていた。「銭がなけりゃ」になった。お互いずっと黙り込んだ。僕は早く「生活の柄」にならないかと思っていたが、それも間違いだった。♪秋は、秋からは浮浪者のままでは眠れない…。身につまされるな。

スポンサーサイト

コメント

「アイスクリーム」が好き

「ごあいさつ」でのドライブのくだり・・思わず吹き出してしまいました。ごめんなさいっ(笑)

追伸

宮日に牧師さん、出てらっしゃいましたね。聖書もあんな感じだと読んでみたくなります。

ま、こんなもんです。

近田春夫がハルヲフォンの頃だったか、ビーフの頃だったか忘れたけど、「恋のTPO」という歌を歌ってました。今更「恋」ではないが、やはりTPOに応じて音楽も選ばないといけないという教訓Ⅰでした。
Tasaki。さんの日記も面白いですよ。http://www.geocities.jp/chapel_nobeoka/
非公開コメント

プロフィール

drac ob

Author:drac ob
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

鳩時計

フリーエリア

ブログ内検索